完全に生まれ変わる次世代 Dreamweaver ベータ版を先行公開 ー コードエディター刷新、ダークUI、Sass/LESS対応

BY 公開

この記事は、2016/6/21 にポストされた See How Dreamweaver is Transforming for the Futureを抄訳したものです。

これまで19年の間、Dreamweaverは世界中のユーザーと数百万にも上るさまざまなタイプのWebサイトを築き上げてきました。まだWebの黎明期の頃からです。この長い旅路を未来に向けてさらに続けていくために、Dreamweaverはもっと速くて効率がよいモダンなツールにとてつもなく大きく変わろうとしています。

本日より、新たに生まれ変わる Dreamweaver の最初の一歩をベータ版として公開します。(Adobe IDでどなたでもログインできます。)

主なポイントは以下の通りです。

  • モダン化されたUI
    他のアドビ製品のようにダークUIが採用されます。UIの明るさは調整可能です。また、UI全体が直感的で分かりやすくなり、作業性が向上するでしょう。
  • まったく新しいコードエディター
    軽量コードエディターとして人気のBracketsのコードエンジンを移植し、速さと柔軟性が大幅にアップします。Bracketsに搭載されているさまざまなショートカットキー(Command + Eでクイック編集、など)ももちろん利用できます。
  • CSSプリプロセッサー
    Sass/LESSのコンパイルをDreamweaver上で簡単にできるようになります。たとえば、.scssファイルを変更したら保存するだけ。コンパイラがCSSファイルに変換してくれます。
  • 多用途・多目的
    50種類以上のファイルタイプに対応します。既存のファイルやプロジェクトをDreamweaverで編集することも簡単にできます。ベータ版は英語以外にも18言語に対応します。

みなさんからのフィードバックでDreamweaverをさらに使えるWeb制作ツールに進化させていくことができます。使ってみた感想や機能リクエストなど、どんなことでも構いません。ぜひとも、次世代のDreamweaverベータ版をお試しください!

  AUTHOR

Keisuke Todoroki

アドビ システムズ 株式会社 / デベロッパーマーケティングスペシャリスト。 1999年、早稲田大学理工学部を卒業後、大手印刷会社に勤務。主にEC分野で J2EE開発に携わるが、Flexとの衝撃的な出会いを機にRIAの世界へ。 2008年4月、アドビシステムズ入社。 アドビのWebツール全般のマーケティングを担当。