あなたのデザインが理解されない理由 / デザイン批評の始めかた | アドビUX道場 #UXDojo

BY 公開

デザインはセンスだけでは伝わらない

「なんとなく違う」
「〇〇みたいな雰囲気にして」
「もうちょっと目立たせたほうが良くない?」

相手はフィードバックを提供しているつもりでも、聞き手である私たちからすれば自己否定されているかのように聞こえるフレーズ。しかも、何をすれば良くなるのか分かりません。これでは、やる気を奮い立たせることもままなりません。

相手が、なんとなく『違う』と感じたこと事態が間違っているわけではありません。問題は、その違和感を感じた理由です。違和感がどこから来ているのか言語化ないし視覚化されていない会話は、ただ感情を訴えているだけのように見えます。これではTwitterなどのソーシャルメディアから声を集めているのと大して変わりません。

そもそも、デザインと接点がなかった人たちに、デザイナーの試行錯誤や意図がダイレクトに伝わるのはごくマレなことです。ですから、単純に「これはどうですか?」と質問しただけでは、デザイナーに意味をなすフィードバックは期待できません。

良いデザインなら「センスがあれば伝わる」という言葉を耳にすることがありますが、センスはむしろ誤解を招くこともあります。

例えば Behance で「Cute(かわいい)」と検索してみると、様々な表現を見つけることができます。

中には「これはかわいくない」「こわい」と感じるものもあるかもしれません。

いずれも、ある特定のコンセプトに沿った『かわいい』を表現していると思います。しかしコンセプトが共有されて人には理解できないかもしれません。理解できないから「センスがない」と突き放してしまうと、ますますデザインが遠い存在になってしまいます。これでは、「なんとなく違う」という曖昧で感覚的なフィードバックが返ってきても仕方ないことでしょう。

批評の始めかた

デザインには感覚的にしか伝えられない部分があります。しかし、感覚だけでなんとなく発せられた言葉や非難めいた表現が行き交う生産性のない会話では、デザインを改善する役には立ちません。デザインの専門家ではない人たちと望ましいデザインについて語るには、誰もが納得して共有できるガイドラインが必要です。

デザインの「批評」は、改善のための話し合いをする機会をもつことです。欠点を挙げるだけの「批判」とは異なり、何がうまくいっているのか、改善できるところはどこか、その理由は何かを述べて、良い方向に向かうヒントを探し出す時間を指します。

批評する側が気をつけることは以下の5点です。

  • すぐリアクションしない
    作り手の意図を探り出した上で、自分はどう感じたのか話すようにしましょう
  • 決めつけない
    何かしらの制約によるものかもしれないので、理由を聞き出しましょう
  • 質問から始める
    自分が感じる違和感の理由を探り出す質問をすることで、作り手との行き違いを見つけやすくなります
  • うまくいっているところを指摘する
    デザインがすべてダメということはマレです。改善すべきところだけでなく良い部分も指摘しましょう。そうすることで、何を変えなければならないのか明確にもなります
  • 常にゴールを意識する
    自分にとっての満足ではなく、ゴールに沿った提案を意識します

批評される側、つまりデザイナーが気をつけることは以下の4点です。

  • デザインとデザイナーはイコールではない
    意識しても、ついついそう思ってしまうので難しいでが、自分自身が『攻撃』されていると思わないようにしましょう
  • まず耳を傾ける
    反論したい場合もあるかもしれませんが、まずフィードバックを集め、その上で考えをまとめるようにします
  • 批評は理解のため
    批評は良し悪しの判定を下す時間ではなく、改善のためにあります。次のアクションができるアドバイスを求めましょう
  • 常にゴールを意識する
    デザインのゴールを周りと共有した上で、そのために何ができるかを話し合うようにします

デザインの批評は、ディレクターのようなプロジェクトの進行役任せではうまくいきません。デザイナーからの歩み寄りが欠かせませんし、デザイナーはデザインの伝え方を身につけている必要があります。デザインの専門知識やディテールの理解を促すのではなく、プロジェクトのゴールとデザインの関わりについて語れるようになれば、デザイン批評により、どこを直せばよいのか、その理由は何かを議論できるようになるでしょう。

  AUTHOR

長谷川 恭久

Web/アプリに特化したデザイナー・コンサルタントとして活動中。組織の一員となるスタイルで一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためにできることを模索している。 アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。 自身のブログとポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで全国各地で講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。 著書に『Experience Points』など。 http://www.yasuhisa.com/