Adobe Document Cloud Japan Adobe Document Cloud Japan

Acrobat DC / Adobe Signのニュースやトレンド、電子文書管理・ワークフロー効率化を紹介します。

Adobe

home活用術「Acrobat Create PDF」がFirefox向け拡張機能をアップグレードする理由 #AcrobatDC

「Acrobat Create PDF」がFirefox向け拡張機能をアップグレードする理由 #AcrobatDC

アドビは、Webページを高品質なPDFに簡単に変換するFirefox向けのアドオン機能(下図のスクリーンショットを参照)を提供しています。しかし、Firefoxバージョン57以降は、従来のAdd-on SDKやXULベースなどの開発技術は段階的に廃止され、WebExtensions APIベースのアドオンのみがサポート対象となる予定です。そこでアドビでは、FirefoxからPDFを作成する際に使いやすいシームレスな体験をお客様にお届けできるよう、Firefoxのリリースに先行して、新たなWeb拡張機能を公開しました。

あたらしいFirefox拡張機能

今回のFirefox向けの新たな拡張機能には、以前のアドオンではサポートされていなかった、以下の要素が追加されます。

  • 「Acrobatで開く」のオプションが追加され、FirefoxブラウザからAcrobat DCをたちあげてPDFを開くことができます。
  • Windows64 ビット版 Firefoxのサポートを追加しました。

拡張機能インストール時の「アクセス許可」設定について

アクセス許可ダイアログボックス(下図のスクリーンショットを参照)は、Firefoxの標準的なポップアップであり、Web拡張機能がインストールされると、必ず表示されるようになっています。このダイアログボックスは、拡張機能を適切に動作させるためユーザーの許可が必要であることを通知するものです。

Acrobat Create PDFの拡張機能は、Acrobat DC内でPDFを変換するため、Webページへのアクセスが必要です。ユーザー情報やプロファイル情報など、個人を特定できる情報(PII)へのアクセスや収集を行うことはありません。

Acrobatのアップデートによる、拡張機能の自動アップデートについて

Acrobat DCを最新版にアップデートすると、拡張機能も自動的にアップデートされます。しかしそれには、以下のステップを実行する必要があります。また、任意に拡張機能を無効化することも可能です。

  1. 右上隅のメニューボタン(3本の横線のあるボタン)をクリックします。
  2. 「アドオン」を選択すると、「アドオンマネージャー」タブが開きます。
  3. 「アドオンマネージャー」タブで、「拡張機能」パネルを選択します。
  4. 有効化したいAdobe Acrobatのアドオンを選択します。
  5. 「有効化」ボタンをクリックします。
  6. 再起動について聞かれた場合、「再起動する」をクリックしてください。
※この文章は、米国時間 2017年11月14日に米国で公開された「Why is the Acrobat Create PDF extension for Firefox being upgraded?」の抄訳版です。

Adobe Document Cloud Japan
公式Facebookページで最新情報を。

Pick up

最新記事 5件

課題や業務から探す

label_outline 課題別で探す
label_outline 業務別で探す
label_outline 製品別で探す
label_outline キーワード別で探す