Adobe Document Cloud Japan Adobe Document Cloud Japan

Acrobat DC / Adobe Signのニュースやトレンド、電子文書管理・ワークフロー効率化を紹介します。

Adobe

home製品情報デスクトップ版のAcrobatおよびAcrobat ReaderからBoxとMicrosoft OneDriveへのアクセスが可能に

デスクトップ版のAcrobatおよびAcrobat ReaderからBoxとMicrosoft OneDriveへのアクセスが可能に

先月、アドビはAdobe Document Cloudビジネスにおける節目となる発表を行いましたAdobe SignAcrobat DCの進化は、企業がデジタルトランスフォーメーションを実現し、顧客に最高の体験を提供できるよう支援することを目的としています。

先日の発表で私たちが最も注力したことは、どこにいてもユーザーが好むやり方で仕事ができるフレキシビリティを提供することです。特にどこに保管してあったとしても、より簡単にPDFにアクセスできるようにすることを重視しています。この意味において、企業ユーザーの利用が多いストレージであるBoxMicrosoft OneDriveとの連携は大変嬉しい発表でした。

本日より、デスクトップ版のAcrobatAcrobat ReaderからBoxやMicrosoft OneDriveのアカウントにアクセスをすることができます。

BoxとMicrosoft OneDriveのアカウント追加は、非常に簡単ですぐに実行できます。AcrobatまたはAcrobat Readerのホーム画面から、左側に表示された[アカウントを追加]を選択してください。BoxとMicrosoft OneDriveのアイコンが、既に連携しているDropboxとMicrosoft SharePointとともに一覧表示されますので、BoxもしくはMicrosoft OneDriveのアイコンの下にある[追加]をクリックしてください。選択したクラウドサービスのログイン情報を入力して、[ログイン]を選択してください。

03_Add_Box_Account_In_Acrobat_Lifestyle_Image-1024x683

連携が完了すると、BoxまたはMicrosoft OneDriveに保存したすべてのPDFに、AcrobatまたはAcrobat Readerから直接アクセスできるようになります。普段アプリで行っているようにPDFを閲覧、編集でき、変更はクラウドサービス側で自動的に保存されます。このため、複数のユーザーが常に同期された同じバージョンのPDFを使って作業を続けることができます。

今後Boxとの追加の連携や Adobe Signとの統合なども計画されています。新しい情報は随時お知らせいたします。本日利用可能となったサービスを是非お試しください。

Adobe Document Cloud Japan
公式Facebookページで最新情報を。

Pick up

最新記事 5件

課題や業務から探す

label_outline 課題別で探す
label_outline 業務別で探す
label_outline 製品別で探す
label_outline キーワード別で探す