Blog Post:
※以下の文章は、米国時間 2017年9月7日に米国で公開されたブログ「REDEFINING THE FUTURE OF WORK」の抄訳版です。
すべての業界において、驚異的なペースでデジタルトランスフォーメーションの推進が続いています。今日最も成功を収めている企業は、デジタルの変革を進めつつ、差別化されたカスタマーエクスペリエンスの提供に注力し、この2つの取り組みを密接に連携しています。私たちは、この「差別化されたエクスペリエンス」こそが、未来のデジタルビジネスの主戦場となり、こうした道のりを踏み出す企業の最終的な成功を決定づけるものだと確信しています。時間や場所、利用端末を幅広くシームレスに網羅し、コンテクストに即したパーソナライズされたエクスペリエンスの提供を実現することで、アドビはお客様の成功の支援に取り組んでいます。 こうした取り組みの一環として本日、マイクロソフトとの戦略的パートナーシップの拡大を発表しました。これにより、従業員の生産性を向上し、数億人ものユーザーのビジネスプロセスの効率化を図ることを目指しています。   今回の発表には、2つの大きなテーマがあります。1つ目は、1億人を超えるビジネスユーザーを擁するMicrosoft Office 365をはじめ、マイクロソフトの製品ポートフォリオを対象に、Adobe Signが優先的な電子サインソリューションとなることです。Adobe Document Cloudの重要な構成要素であるAdobe Signは、世界中で最も急速に成長している電子サイン/ワークフロー自動化ソリューションの1つであり、Deloitte、Diners Club、MasterCard、The Royal Bank of Scotland、Verizonといったお客様が、年間60億件以上のデジタル/電子サイン取引をAdobe Document Cloudを通じて行っています。また今後、Microsoft Azureは、Adobe Signの優先的なクラウドプラットフォームとなります。 2つ目は、Adobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、Adobe Experience Cloudにおいて、Microsoft Office 365の新たなチャットベースのワークスペースであるMicrosoft Teamsが、優先的なコラボレーションサービスとなることです。Microsoft Teamsとの連携機能により、アドビのクリエイティブユーザーは今後、世界トップクラスのコラボレーションワークスペースを活用することで、クリエイティブ作業のフィードバック、反復作業、意思決定を様々なデバイスからより迅速に行えるようになります。 [caption id="attachment_1645" align="aligncenter" width="1369"] 今回のマイクロソフトとの戦略的パートナーシップの紹介ビデオ[/caption]   今回のパートナーシップは、ドキュメントおよび生産性向上に関わるソフトウェアのリーダーである両社が協力し、業務遂行に関する最新鋭のエンタープライズエクスペリエンスのあり方を再定義します。そして優れた生産性向上ツールの活用を通じて、従業員たちがどこにいてもシームレスなワークエクスペリエンスを享受できるような環境を構築していきます。   「差別化されたエクスペリエンス」というビジョンを実現するために、今後は上記以外の分野においても、マイクロソフトと協力していきます。 デジタル化には、顧客対応のプロセスを強力に変革する力があります。アドビはこれまで長期にわたり、PDFとAcrobat DCを通じて、紙ベースのドキュメントをデジタルの世界へと導いてきました。最新のビジネス実現に向けてドキュメントエクスペリエンスを進化し、洗練された技術を提供するというというミッションを掲げ、Adobe Document Cloudは技術革新を継続的に行っています。今回のマイクロソフトとの連携により、先進企業で利用される生産性向上/コラボレーションソリューションであるOffice 365に、Adobe Document Cloudの強力かつ充実した機能を直接導入することで、他のエコシステムでは類を見ない、最新のデジタルエクスペリエンスを実現していきます。   アドビは昨年、お客様のビジネスのあり方や、お客様が提供するカスタマーエクスペリエンスを変革する上で必要なインサイトとインテリジェンスを提供するAI(人工知能)/機械学習のフレームワーク「Adobe Sensei」を発表しました。マイクロソフトとの連携により、SharePointやMicrosoft OneDriveに保存された数億ものPDFに、アドビの大規模なインテリジェンス レポジトリが応用されることで、新たなエクスペリエンスが生まれるのではないかと期待しています。両社のテクノロジーのパワーがひとつになることで、かつてない方法でデータを活用し、重要なビジネス インサイトと実用性に優れたインテリジェンスを引き出すことができます。 アドビは、常に先を見据えて、お客様の抱える問題の解決を目指しています。マイクロソフトとアドビは、イノベーションと顧客重視という点において、共通のDNAを分かち合っています。今回のパートナーシップは、両社共通のお客様に対し、シンプルでシームレスなソリューションをお届けすることが可能になります。今後、私たちがどのようなことを成し遂げていけるのか、とても楽しみにしています。
Author: Date Created: Headline:「Future of Work」を再定義 ― アベイ パラスニス エグゼクティブバイスプレジデント兼CTO(最高技術責任者) Publisher: Image: Date Modified:October 3, 2017

Adobe Document Cloud – Japan

電子文書管理とワークフロー効率化の向上におけるインサイト、トレンドおよびニュース

October 3, 2017 /

「Future of Work」を再定義 ― アベイ パラスニス エグゼクティブバイスプレジデント兼CTO(最高技術責任者)

※以下の文章は、米国時間 2017年9月7日に米国で公開されたブログ「REDEFINING THE FUTURE OF WORK」の抄訳版です。

すべての業界において、驚異的なペースでデジタルトランスフォーメーションの推進が続いています。今日最も成功を収めている企業は、デジタルの変革を進めつつ、差別化されたカスタマーエクスペリエンスの提供に注力し、この2つの取り組みを密接に連携しています。私たちは、この「差別化されたエクスペリエンス」こそが、未来のデジタルビジネスの主戦場となり、こうした道のりを踏み出す企業の最終的な成功を決定づけるものだと確信しています。時間や場所、利用端末を幅広くシームレスに網羅し、コンテクストに即したパーソナライズされたエクスペリエンスの提供を実現することで、アドビはお客様の成功の支援に取り組んでいます。

こうした取り組みの一環として本日、マイクロソフトとの戦略的パートナーシップの拡大を発表しました。これにより、従業員の生産性を向上し、数億人ものユーザーのビジネスプロセスの効率化を図ることを目指しています。

 

今回の発表には、2つの大きなテーマがあります。1つ目は、1億人を超えるビジネスユーザーを擁するMicrosoft Office 365をはじめ、マイクロソフトの製品ポートフォリオを対象に、Adobe Signが優先的な電子サインソリューションとなることです。Adobe Document Cloudの重要な構成要素であるAdobe Signは、世界中で最も急速に成長している電子サイン/ワークフロー自動化ソリューションの1つであり、Deloitte、Diners Club、MasterCard、The Royal Bank of Scotland、Verizonといったお客様が、年間60億件以上のデジタル/電子サイン取引をAdobe Document Cloudを通じて行っています。また今後、Microsoft Azureは、Adobe Signの優先的なクラウドプラットフォームとなります。

2つ目は、Adobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、Adobe Experience Cloudにおいて、Microsoft Office 365の新たなチャットベースのワークスペースであるMicrosoft Teamsが、優先的なコラボレーションサービスとなることです。Microsoft Teamsとの連携機能により、アドビのクリエイティブユーザーは今後、世界トップクラスのコラボレーションワークスペースを活用することで、クリエイティブ作業のフィードバック、反復作業、意思決定を様々なデバイスからより迅速に行えるようになります。

今回のマイクロソフトとの戦略的パートナーシップの紹介ビデオ

 

今回のパートナーシップは、ドキュメントおよび生産性向上に関わるソフトウェアのリーダーである両社が協力し、業務遂行に関する最新鋭のエンタープライズエクスペリエンスのあり方を再定義します。そして優れた生産性向上ツールの活用を通じて、従業員たちがどこにいてもシームレスなワークエクスペリエンスを享受できるような環境を構築していきます。

 

「差別化されたエクスペリエンス」というビジョンを実現するために、今後は上記以外の分野においても、マイクロソフトと協力していきます。

デジタル化には、顧客対応のプロセスを強力に変革する力があります。アドビはこれまで長期にわたり、PDFとAcrobat DCを通じて、紙ベースのドキュメントをデジタルの世界へと導いてきました。最新のビジネス実現に向けてドキュメントエクスペリエンスを進化し、洗練された技術を提供するというというミッションを掲げ、Adobe Document Cloudは技術革新を継続的に行っています。今回のマイクロソフトとの連携により、先進企業で利用される生産性向上/コラボレーションソリューションであるOffice 365に、Adobe Document Cloudの強力かつ充実した機能を直接導入することで、他のエコシステムでは類を見ない、最新のデジタルエクスペリエンスを実現していきます。

 

アドビは昨年、お客様のビジネスのあり方や、お客様が提供するカスタマーエクスペリエンスを変革する上で必要なインサイトとインテリジェンスを提供するAI(人工知能)/機械学習のフレームワーク「Adobe Sensei」を発表しました。マイクロソフトとの連携により、SharePointやMicrosoft OneDriveに保存された数億ものPDFに、アドビの大規模なインテリジェンス レポジトリが応用されることで、新たなエクスペリエンスが生まれるのではないかと期待しています。両社のテクノロジーのパワーがひとつになることで、かつてない方法でデータを活用し、重要なビジネス インサイトと実用性に優れたインテリジェンスを引き出すことができます。

アドビは、常に先を見据えて、お客様の抱える問題の解決を目指しています。マイクロソフトとアドビは、イノベーションと顧客重視という点において、共通のDNAを分かち合っています。今回のパートナーシップは、両社共通のお客様に対し、シンプルでシームレスなソリューションをお届けすることが可能になります。今後、私たちがどのようなことを成し遂げていけるのか、とても楽しみにしています。

Adobe Acrobat DC, Adobe Sign