オリジナルの散布ブラシを作成してみよう

pse_icon_40

オリジナルの散布ブラシの作成手順を紹介します。ここでは型抜きツールからブラシの形を選択します。
お手持ちの写真の被写体をブラシの形として設定することもできます。
詳細は「 【動画で見る】お気に入りの写真でスタンプを作成する方法」をご覧ください。

見本

手順1

フォトショップエレメンツを起動して、[写真の編集] をクリックします。
フォトショップエレメンツスタート画面

手順2

白紙の新規ファイルではブラシを作成できないため、背景色を黒に設定します。

背景色が白のままの場合は、カラーの双方向の矢印マークをクリックして
描画色と背景色を入れ替えます。
※ 初期設定では背景色が白で描画色が黒になっています。
描画色と背景色入れ替え

手順3

[ファイル] メニューをクリックし [新規] にカーソルを合わせ、[白紙ファイル] を選択します。
新規ファイルの詳細画面が表示されたら、カンバスカラーが [背景色] になっていることを確認し [OK] をクリックします。
黒の背景色の新規ファイルが作成されます。
新規のファイル作成

手順4

画面左のツールボックスから [切り抜きツール] をクリックします。
切り抜きツール選択
ツールオプションで [型抜きツール] を選択し、
アイコンの隣の▼をクリックすると型の種類が表示されます。
プルダウンメニューをクリックすると、カテゴリごとにさまざまな型が用意されているので、ブラシにしたい型を選択しましょう。
ここでは例として [草木] カテゴリから [葉2] を選択します。
型抜きツールで型選択

手順5

新規のファイル上で任意の大きさでドラッグします。
※ 「Shift」キーを押しながらドラッグすると縦横比を保ったまま型抜きできます。
問題なければ、緑のチェックボタンをクリックして範囲を確定します。
ドラッグして型を描く

手順6

[編集] メニューをクリックし一覧から [ブラシを定義] をクリックしてブラシを保存します。ブラシ名ウィンドウが表示されたら、ブラシの名前を入力し [OK] ボタンをクリックします。
※ ここでは「紅葉」と入力します。
ブラシを定義/ブラシ名

手順7

ツールボックスから [ブラシツール] をクリックします。
ブラシツール選択
ツールオプションの [ブラシプリセットピッカー] をクリックし
一番下へスクロールすると、保存したブラシが追加されています。
ブラシプリセットピッカー

手順8

ツールオプションのモードにある [ブラシ設定] をクリックしてブラシ設定画面を開きます。
[散布] のスライダーを調整します。
値が大きくなるほど散布領域が広がり、値が小さいほど散布領域は狭く、密度が濃くなります。新規の白紙ファイルをもう一度作成し、実際に描いて散布具合を確認しながら調整しましょう。
ブラシ設定(散布)
その他の項目も任意で調整してください。
ここでは散布の他にカラーのジッターと間隔を調整しています。

  • フェード:フェードしてなくなるまでの数値を指定できます。
    たとえば 「10」と設定したら10個目のブラシでフェードアウトします。
    ※ 「0」はフェードが設定されていない状態です。
  • カラーのジッター:ブラシの色が変化します。
    設定されている描画色と背景色の間で色がランダムに変化します。
  • 間隔:ブラシの間隔を指定します。
  • 真円率:ブラシの形状を変化させます。

ブラシ設定(他項目)

手順9

ブラシの設定が完了したら、完成です!
任意の描画色を設定しブラシサイズを調整して描いてみましょう。
完成(サイズごと)

以上で、散布ブラシの作成手順は完了です。

散布ブラシは作成できましたか?
散布ブラシを使用してテクスチャの素材を作成できそうですね!
素材ができたらぜひシームレステクスチャを作成してみてはいかがですか?詳しいやり方については「【動画で見る】シームレステクスチャを作成してみよう」を確認してください。