選択範囲を保存してみよう

pse_icon_40

写真を部分的に加工したり編集したりする場合には範囲選択が必要になりますよね。選択を解除したり、何かの拍子に一度選択が解除されてしまったら、また一から選択をしなければなりません。そのような事態を防ぐためにも、選択する被写体が複数ある場合には、選択範囲を保存しておきましょう。
また保存しておくことで、一度選択した範囲を修正したり追加・削除したりなどの編集を行うこともできます。
ここでは選択範囲を保存したり編集したりする方法を紹介します。

選択範囲を保存・読み込んでみよう

手順1

フォトショップエレメンツを起動して、[写真の編集] をクリックします。
フォトショップエレメンツスタート画面

手順2

編集画面が表示されたら、編集する画像を開きます。
ファイルを開く

手順3

写真の任意の領域をクイック選択ツールで範囲選択します。
範囲選択

手順4

上部の [選択範囲] メニューをクリックし、[選択範囲を保存] をクリックします。
選択範囲を保存

手順5

選択範囲を保存ウィンドウが表示されたら、
名前ボックスに選択範囲の名前を入力します。
ここでは「桜1」と入力します。
処理方法で [新しい選択範囲] が選択されていることを確認し、
[OK] ボタンをクリックします。これで保存は完了です。
選択範囲を保存ウィンドウ

手順6

保存した選択範囲を読み込みます。
上部の [選択範囲] メニューをクリックし、[選択範囲を読み込む] をクリックします。
選択範囲を読み込む

手順7

選択範囲を読み込むウィンドウが表示されたら、
選択範囲のプルダウンメニューが保存した名前になっていることを確認し、
[OK] ボタンをクリックします。
選択範囲を読み込むウィンドウ

手順8

保存した選択範囲を読み込むことができました。
選択範囲を読み込めた

※補足※
選択範囲を保存した写真を一旦閉じてしまうと、
選択範囲の情報が削除されてしまうため読み込むことができません。
写真を閉じて再度開き直した時に選択範囲を読み込めるようにするには、
psd形式またはtiff形式で写真を保存してください。

選択範囲を編集してみよう

手順1

[手順3] の処理方法を参考に、
編集目的に合わせて領域を範囲選択します。
違う部分を範囲選択

手順2

上部の [選択範囲] メニューをクリックし、[選択範囲を保存] をクリックします。
選択範囲を保存

手順3

選択範囲を保存ウィンドウが表示されたら、
選択範囲のプルダウンメニューから先ほど保存した名前を選択します。
(※ ここでは「桜1」)

処理方法を下記の説明を参考に目的に合わせて選択します。
ここでは例として [選択範囲に追加] を選択します。

  • 選択範囲の置き換え:保存した選択範囲が現在選択している範囲と置き換えられます。
  • 選択範囲に追加:現在選択している範囲が保存した選択範囲に追加されます。
  • 現在の選択範囲から一部削除:保存した選択範囲から現在選択している範囲が削除されます。
  • 現在の選択範囲との共通範囲:保存した選択範囲が、現在選択している範囲と保存した選択範囲との重なる領域に置き換えられます。

選択範囲を保存ウィンドウ2(編集)

手順4

保存していた「桜1」の選択範囲に、選択した領域が追加されました。
選択範囲の追加完了

以上で、選択範囲を保存する手順は完了です。

選択範囲を保存したり編集したりすることはできましたか?
複数の選択範囲にそれぞれ別の編集を行うときには、予め選択範囲を保存してから編集作業を行ったほうが効率的ですね。