鏡面反射の効果をつけてみよう

pse_icon_40

ガイドモードは、手順に従うだけで簡単に加工や編集を行うことができます。
今回は [反射] の機能を紹介します。床やガラス、水面などに映る鏡面反射効果をつけた写真をだれでも簡単に作成することができます。

完成図


手順1

フォトショップエレメンツを起動して、[写真の編集] をクリックします。
フォトショップエレメンツスタート画面

手順2

編集画面が表示されたら、編集する画像を開きます。
ファイルを開く

手順3

画面上部にある [ガイド] をクリックして、ガイド編集画面にします。
ガイド編集画面

手順4

ガイド編集画面の右側にメニューが表示されたら、[楽しい編集] カテゴリー内の [反射] をクリックします。
楽しい編集の反射選択

手順5

画面右側に [反射] の操作手順パネルが表示されます。
反射のパネルが開く

手順6

[反射を追加] をクリックします。反転した写真が複製されます。
反射を追加クリック

手順7

[スポイトツール] をクリックし、反射の背景色を任意の場所をクリックして選択します。
※ 後の操作で反射領域にグラデーションをかける操作がありますが、
グラデーションの色はここで選択した背景色が適用されます。
スポイトツールで背景色選択

手順8

[背景の塗りつぶし] をクリックします。
[手順7] で選択した背景色で反射領域が薄く塗りつぶされます。
背景を塗りつぶし

手順9

反射領域に、床・ガラス・水の3種類のいずれかの効果を設定します。
写真に合った効果を選択してください。
ここでは水面が写っているので [水] を選択します。
それぞれ表示された画面に従い、適用量などの調整を行います。
効果を適用

手順10

反射の適用度をスライダーを動かして調整します。
照度を上げるにつれて背景色の塗りつぶしが薄くなります。
反射の適用度

手順11

[反射面の変形] をクリックして反射領域を縮めることで、
より自然な反射効果を作ることができます。
クリックするごとに領域が縮まります。
縮めた領域は [手順7] で設定した背景色で塗りつぶされます。
反射面の変形

手順12

[切り抜きツール] をクリックします。
不要な領域(背景色)を削除するようにドラッグします。
縮めた位置で切り抜く
範囲を指定できたら、緑の確定ボタンをクリックします。
緑の確定ボタン

手順13

[グラデーションツール] をクリックしてよりリアルな反射効果を作ります。
反射領域の下から元の写真の下までドラッグします。
上手くできない場合は、ドラッグの幅や位置を変えて何度も試してみてください。
グラデーションツール

手順14

反射パネルの下部 [完了] ボタンをクリックします。
完了ボタン

手順15

水面に反射した写真を作成できました。
必ず保存をしておきましょう。
完成

以上で、鏡面反射の効果をつける手順は完了です。

鏡面反射の効果をつけることができましたか?
反射させるだけでも一枚の写真がまた違った表情を見せてくれますね。
手順を省いたりランダムな手順で操作を行うと、順序通りに行ったときと比べて仕上がりに差が出る場合があります。操作は手順どおりに行うことをおすすめします。