3 つのレタッチツールの使い分け

3 つのレタッチツール

Photoshop Elements には写真の不要な部分を削除するツールが様々用意されています。

今回は中でも代表的な 3 つのツールをご紹介いたします。

ツールを使い分けることにより、作業を効率的に進めることができます。

スポット修復ブラシツール

spot_1

小さな汚れや不要な物などを簡単に消せるのがこのツール。ブラシをなぞるだけなので、操作が簡単です。

【解説】
ブラシでなぞった部分の周りにある画像を自動で解析し、その周辺にある最適な部分の画像をコピーして塗りつぶしを行います。自動で写真を合成するので、中には意図しないなじみ方をする場合があります。特に修正箇所が大きい場合に不自然ななじみ方をする場合が多いです。

【適した利用】

  • 対象物が比較的小さいもの消去
  • 顔にあるほくろ、シワの消去
  • 水面の映り込みの消去
  • ゴミや不要物の消去

【操作方法】

 

修復ブラシツール

brush_1

スポット修復ブラシツールと似ていますが、こちらブラシでなぞるのではなく削除対象を指定する必要があります。
使い方は修復ブラシツールを選択し、Altキー(Mac OS ではoptionキー)を押しながら削除する部分を指定します。「○」の部分が「+」でなじむように修正されます。

【解説】
スポット修復ブラシツールと違い、自分でコピー元を選択するので、自分のイメージ通りに仕上げることができます。

【適した利用】

  • 対象物が比較的大きい場合の消去

【操作方法】

 

コピースタンプツール

copy_1

修復ブラシツールと同じようなツールですが、周囲となじみません。
消したいものの背景が複雑でない場合や色が均一な場合の修正に適しています。

【解説】
色を塗るのではなく画像を貼り付けます。最初にコピー元を指定してから、他の場所でドラッグするとドラッグした軌跡に合わせてコピー元の画像で塗りつぶしができます。

【適した利用】

  • 対象物の背景が単純なものを消去

【操作方法】


参考:
Photoshop Elements ヘルプ / レタッチと補正
Photoshop Elements / [基本操作] 写真のシミや傷を取り除くには (スポット修正ブラシツール)