Adobe Media Encoder CC 2015 (9.0.1)アップデート提供開始

Creative Cloud

※この記事は、英語版ブログ記事の抄訳です。

Adobe Media Encoder CC 2015 (9.0.1)アップデート提供開始

Adobe Media Encoder CC 2015のアップデート(バグフィックス)が提供開始となりました。

アップデートはCreative Cloudデスクトップ、もしくはPremiere Pro CCのヘルプメニュー→アップデートを選択でインストールできます。

バグ対応および変更点

  • 出力されたファイルでオーディオノイズが発生するいくつかの問題を改善
  • 開始タイムコードの設定で、フレームレートが反映されなかった問題を改善
  • Lumetri Look / LUT適用時に適切な出力結果となるよう改善
  • 24PプルダウンのDVCPRO素材を、QuickTime形式で「ソースの一致 (リラップ)」プリセットで出力する場合に適切な出力結果となるよう改善
  • Windows版でAdobe Media Encoderのインストール先がカスタマイズされている場合、After Effectsからのレンダーキューが処理されなかった問題を改善
  • 特定のAVIファイルを出力する際にハングアップしていた問題を改善
  • 監視フォルダー内の新しいソースファイルを再スキャンする際にクラッシュしていた問題を改善
  • 名前およびタイムコードオーバーレイが有効な状態で、ソースをスクラブする際のパフォーマンスを改善
  • エクスポート完了後、キューから即座にレンダー項目が削除されていたが、削除されない挙動に変更
  • H.264形式での出力の際に、可変フレームレートのフラグが誤って立てられるケースがあった問題を改善
  • XDCAMコーデック、およびIMXコーデックをQuickTimeラッピングでエクスポートする際にハングアップまたはクラッシュするケースがあった問題を改善
  • ユーザーインターフェース関連の問題点を複数改善
  • SurCodeエンコーダー機能を削除。このエンコーダーで提供されていたほとんどの機能は内蔵のDolbyエクスポーターで利用可能。以前のバージョンでSurCodeプラグイン有償版を導入していた場合は、Adobe Media Encoder 9.0.1アップデート適用後、要再インストール

関連情報

POSTED ON 2015.07.29