アドビ、Adobe Analyticsの新しい音声分析機能を発表

Experience Cloud 分析

音楽、ポッドキャスト、電子ブックなど、人々はインターネットでさまざまなオーディオコンテンツを利用しています。さらに、他の多くのサービスとは異なり、消費パターンが非常にダイナミックです。SpotifyやPandoraなどの音楽ストリーミングサービスを例に考えてみましょう。典型的なユーザーは、まず自宅でスマートスピーカーを使用し、通勤の車内で音楽を聴き、仕事場ではスマートフォンとデスクトップの両方で音楽を聴くといった具合です。ユーザー数の増加に伴い、ブランド企業はユーザーがさまざまなデバイスでこれらのサービスをどのように利用しているのかを正確に把握しようと苦戦しています。同時に、マーケターは投資をより正確に認識する必要がありますが、ソーシャルメディアや電子メールマーケティングなどのタッチポイントを個人のプレイリストにどう当てはめたらよいのかというインサイトがありません。

この度、Adobe Analyticsで新しい音声分析機能が利用できるようになりました。これによってブランド企業は、収益化戦略からパーソナライゼーションに至るまでに関わるデータを活用できるようになります。すでに、モバイルおよびデスクトップwebの業界などでは、CBS Interactive、Pandora、Spotify、Time Warner、Viacomといった大手メディア企業10社がアドビのデータパートナーとなっており、アドビはそれらの業界におけるビジネスの微妙な変化を理解しています。音声分析により、これらのブランド企業は成長著しいチャネルに関するインサイトを得られるだけでなく、特定の顧客プロファイルに関連付けることもできるようになります。

この新機能は、オンラインとオフラインの両方の追跡に利用でき、コネクテッドカーなどの主要なデバイスプラットフォームのすべてに対応しています。その特長は以下のとおりです。

  • 70を超える指標が利用可能:Adobe Analyticsによりユーザーは、顧客体験に関する現実的で実用的なインサイトをもたらさないバニティメトリクス(虚栄の指標)や、基本的なKPIから解放されます。下降指標から広告効果まで、音声分析によりブランド企業は包括的な消費、エンゲージメント、サービス提供を直感的に理解できるようになります。
  • 高度な分析とAI:Adobe Analyticsの機能が強化され、音声データをよりうまく活用できるようになりました。これにはAttribution IQが含まれており、ブランド企業は購入やコンバージョンなど推進中のイベントにおける音声チャネルの影響をキャプチャすることができます。また、機械学習を使用して適切な例外と不適切な例外の両方を引き起こした要因を特定するコントリビューション分析などのAdobe Senseiを搭載した機能も含まれています。
  • 分析の連携:ブランド企業はさまざまなチャネルにまたがってインサイトを得られるようになります。ユーザーがブランド企業の資産とどう関わっているかを、このデータと結び付けることで、ブランド企業はより全体的な視点で消費を捉え、プログラミング戦略から有料メディアまでさまざまな物事を推進させることができます。
  • Adobe Marketing CloudおよびAdobe Advertising Cloudとの統合:Adobe Experience Cloud内の包括的なソリューション群は、Adobe Advertising Cloudで音声インサイトを活用して収益化および有料メディアをさらに促進できるようになることでさらに大きな価値をもたらします。この度、アドビはAdobe Marketing Cloudとの統合も発表しました。これにより、Adobe Targetを使用してチャネル全体でより直感的なパーソナライゼーションを推進し、Adobe Campaignを通じて電子メールマーケティング戦略に有効な情報を提供できるようになります。

音声ストリーミングの急速な成長は、ブランド企業にとっては大きな可能性であると同時に課題でもあります。過去のモバイルなどのトレンドよりもずっと速いスピードで普及しており、マーケターからデータアナリストまで、誰もが最適な対応方法を模索しています。Adobe Analyticsの音声分析は、顧客に対する深いインサイトによって、ブランド企業が必要としている基盤を提供し、ユーザーとつながるさまざま手段を推進します。


本記事は、2018925日にアドビ Adobe Analytics for Videoのシニアプロダクトマーケティングマネージャであるダニエラ ドーリン(Danielle Doolin)が公開したブログの抄訳版です。

POSTED ON 2018.10.15