有名イラストレーターの制作方法を覗いてみよう – Karol Banach #AdobeStock

Adobe Stock Creative Cloud Design UI/UX & Web

ポーランド人イラストレーター兼グラフィックデザイナーのKarol Banachは、学校を卒業してからわずか数年ですが、そのスタイルは既に飛躍的に進化しており、人気も上昇中です。このブログでは、Banachが彼の代表的なキャラクターを描き、Adobe Stockから選んだ素材を加え、仕上げていく様子をスクリーンショットとともに詳しく紹介してくれます。

Banachが鉛筆画からイラストをどのように仕上げていくのかをご覧ください。

背景と基本的な輪郭

Banachは、イラスト制作のプロセスにAdobe Photoshop CCを使用しています。まずは鉛筆画を新規ファイルにコピペし、レイヤーのブレンドモードを「乗算」に設定します。それから新しいレイヤー上に、「楕円形ツール」を使って完璧な円を描き、イラストのベースとなる色でその円を塗ります。

©KAROL BANACH

Banachの作品によく登場するのは、動物と人が融合した愉快でシュールなキャラクターです。彼が「ペインター」と名付け、最初に取り掛かるキャラクターは、犬と人間のハイブリッド。これを描くために、Photoshopの「なげなわツール」に切り替え、形の輪郭を描き始めます。輪郭を取り終えたら、ブラシを選択し、形に色を塗ります。

今度はPhotoshopの「ペンツール」に切り替え、もっと精密に仕上げたいシャツの部分の輪郭を描きます。次に「自動選択ツール」を選び、腕の部分でクリックし、腕の背面にある白いシャツのレイヤーへ行きます。「消しゴムツール」でシャツの白色を消すだけで、腕の色が見えるようになります。

この動画からおわかりいただけるように、Banachはさまざまなツールを使いこなすのが好きです。既にご紹介したツール以外に、ディテールを付け足す際に「ブラシツール」も使ってみたり、時々描画に「鉛筆ツール」を選んだりすることもあります。

ペインターの続き

この動画は、Banachが適切なレイヤーを選び、オブジェクトの上をクリックし、「塗りつぶしツール」でペインターの肌の色をオレンジに変えるところから始まります。また、ペインターのネクタイやシャツの襟などに、さらにディテールを付け足していく様子もご覧いただけます。陰影をつけるには、不透明な部分に「ブラシツール」を使います。

©KAROL BANACH

ここでBanachからアドバイスです。「たくさんのレイヤーを使った作業に怖気づかなくても大丈夫。後で何か変更を加える際にその方が簡単です」。

ペインターの仕上げ

動画の冒頭、深みを出すためのBanachのテクニックの1つにご注目ください。ペンツールでペインターの舌を描き、レイヤーのブレンドモードを「乗算」に変更し、レイヤーをコピーします。背面の舌のレイヤーを白に、そのブレンドモードを「標準」に設定し、面白いエフェクトを出すために背面のレイヤーをずらします。ペインターの耳も同様の処理をします。

©KAROL BANACH

動画の残りの部分で、Banachはペインターを洗練させていきます。

この後、イラストの他のキャラクターについても、同様の輪郭取り、色、陰影のテクニックを使います。作業は数時間に及ぶため、ここでは割愛し、次の動画で彼の制作プロセスのさまざまな部分をご紹介します。

パターンの適用

Banachはスクリーンキャプチャーを始める前に、Adobe Stockでパターンとして使用するアセットのライセンスを購入し、ダウンロードしています。この動画は、彼がAdobe Stockのアセットファイルの1つをイラストにコピペするところからスタートします。

©KAROL BANACH

パターンを入れたいレイヤー上で、彼は「自動選択ツール」を使って範囲を選択します。そして、レイヤーパネルの中のパターンファイルのレイヤーをクリックしてから、右クリックで選択領域の「反転」を選び、キーボードのDeleteキーを押します。最後にレイヤーのブレンドモードを「乗算」に変えます。

その後、別のAdobe Stockのアセット・ファイルを使ってペインターのズボンにチェック模様を加えます。

使い込んだイーゼル

このスクリーンキャプチャー動画では、ペインターのイーゼルに使い込んだ雰囲気を出すため別のパターンを使用します。

Adobe Stockのアセット・ファイルをイラストにコピペした後、パターンを変形させるため、Photoshopの「変形」機能を使います。少しやりにくい作業のため、彼は満足できる仕上がりになるまで、「ブレンドモード」と「消しゴムツール」で繰り返し行っています。

©KAROL BANACH

キノコに面白みをプラス

Banachは、他のパターンと同様のプロセスで、イラスト右側の大きなマッシュルームに最後のAdobe Stockのパターンを適用しました。「変形ツール」を使ってパターンを伸縮させながら、遠近感を持たせるため調整をします。パターンの色も変更しました。

©KAROL BANACH

Karol Banachの心躍るポートフォリオを、彼のウェブサイトBehance のページでぜひお楽しみください。

Adobe Stockでは、イラストやベクターファイル、写真を中心とした「通常アセット」を毎月10枚利用いただける年間サブスクリプションが、1ヵ月無料となるキャンペーンを引き続き継続中です。PhotoshopIllustratorなどいつものアプリから直接検索でき、高解像度画像への差し替えも編集作業を無駄なく行えるため、高い作業効率を実現できます。まだの方はこの機会にぜひお試しください。Adobe Stockについてさらに詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

この記事は2018年7月16日にADOBE CREATE MAGAZINEのTerri Stoneにより作成&公開されたOVER HIS SHOULDER: WATCH KAROL BANACH WORK の抄訳です。

POSTED ON 2018.09.4