「凸版文久体」全書体がAdobe Fontsで利用可能に #フォントの日

Adobe Fonts Creative Cloud Design

Adobe Fontsに本日より凸版印刷株式会社が、新たなフォントパートナーとして加わりました。あの人気フォント、凸版文久体の全ラインナップ(7フォント)が利用可能です。

印刷物をはじめWebやデジタルサイネージ、映像のテロップなど、明るく平明で読みやすい、日本語の美しさと言葉が生み出す意味が伝わりやすい書体、それが凸版文久体です。

目にやさしく心にひびく書体「凸版文久体」ファミリー  |  (C) Toppan Printing Co.,Ltd.

凸版文久体の開発意図や詳細については、以下、凸版文久体のページからぜひご覧ください。
https://www.toppan.co.jp/bunkyutai/

凸版印刷からは下記コメントをいただきました。

これまでの凸版文久体の利用環境は、macOSやモリサワ製品などに限定されており、例えばWindows利用のクリエーターにとっては使いにくい課題がありました。Adobe Fontsから提供することで、Windows利用のCreative Cloudユーザーも凸版文久体を使用することが可能になります。様々なシーンで是非活用ください。

Adobe Fontsにまた素晴らしい名作フォントが仲間入りされたこと、大変嬉しく思います。

明日放送のフォントの日(4/10)では、凸版印刷の担当者による、凸版文久体のお話しを詳しく聞くことができます。文字っ子必見の番組ですので、こちらも要チェックです。

POSTED ON 2019.04.9