Dropbox上で直接、電子サインの署名スペースを挿入できる新機能が利用可能に #AdobeSign

Document Cloud 製品情報

本日、Adobe Document Cloudの機能強化の一環として、Dropboxの拡張機能(Dropbox Extensions)のひとつである電子サインサービス「Send for Signature with Adobe Sign(署名用に送信)」が利用可能になりました。Dropboxユーザーは電子サインソリューション「Adobe Sign」を通じて、Dropbox内のMicrosoft WordファイルやPDFドキュメントを、簡単に電子サイン用のフォーマットにし、素早く署名を依頼することができるようになります。

アドビとDropboxは2015年に連携を開始して以来、Dropboxに保存されている10億以上のPDFドキュメントにおいて、Adobe Acrobat DCやAcrobat Readerの機能を連携し、PDFを活用したドキュメントワークフローの効率化を実現してきました。 今回のAdobe Sign機能のアップデートにより、Dropboxユーザは、電子サインの機能をより活用しやすくなります。

今回のAdobe Signを活用した署名送信機能は、Dropboxの拡張機能(Dropbox Extensions)におけるアドビ初の連携機能です。今後も、Dropboxの拡張機能を活用し、Adobe Acrobat DCのPDF編集機能を実現するために、アドビはDropboxと協力していきます。

Dropbox上でAdobe Signを利用して電子サインを送信する方法は、こちらをご覧ください。


アドビの電子サインサービス Adobe Sign

契約や承認の手続きに、多くの時間とコストをかけていませんか?
Adobe Signなら、これまで数日かかっていた署名プロセスをわずか数分で終わらせることができます。

Adobe Signを
導入する理由はこちら


POSTED ON 2018.12.13