Dropbox上で電子サインが可能に!場所やデバイスを問わないテレワークをさらに支援する新機能をご紹介 #AdobeSign

Document Cloud 製品情報

アドビは2018年11月7日に、Dropbox上で直接、電子サインの署名スペースを挿入できる新機能を発表しました。これまでもDropbox上に保存されているPDFの編集・共有が可能でしたが、今回の機能強化により、Dropboxユーザーは電子サインソリューション「Adobe Sign」を通じて、Dropbox内のMicrosoft WordファイルやPDFドキュメントを、簡単に電子サイン用のフォーマットにし、素早く署名を依頼することができるようになります。本機能は、Dropboxの拡張機能「Dropbox Extentions」の一機能として2018年の年末に提供開始予定です。

本機能のご利用方法は、以下の通りです。

Dropboxフォルダ内で、電子サインを依頼したいMicrosoft WordまたはPDFファイルを選択します。①[Open With(開く)]をクリックし、 ②[Adobe Sign]を選択します。

①に署名を依頼したい人の電子メールアドレスを入力します。②では、パスワード保護やリマインダー通知機能などの設定をカスタマイズすることもできます。

左上のアイコンをワンクリックするだけで、アドビの人工知能(AI)とマシンラーニングのフレームワークであるAdobe Senseiにより、署名フォーム(黄色ハイライト)が自動的に作成されます。これで署名フォームの完成です。最後に[Send(送信)]をクリックして、署名依頼を送信します。

署名依頼が届いたユーザーは、PC・スマートフォンなどのデバイスから署名できます。黄色ハイライトされた署名フォームをタップすると(左写真)、手書きで署名することができます(右写真)。

署名された全ての文書は、依頼者のDropboxフォルダに自動的に保存されます。また、依頼者は文書が開封されたか、署名されたかなどの状況をリアルタイムに追跡できます。

電子サインサビス「Adobe Sign」で、署名作業より快適

アドビは25年以上前にPDFを発明して以降、デジタル文書の絶え間ない革新を通じて、人々の作業フローを改革し、ドキュメントに係る作業を簡素化してきました。 2015年にDropboxとの提携を開始して以来、場所やデバイスの種類に囚われない、クラウド上でのコラボレーションを実現しています。

今回の新機能により、個人からエンタープライズまで、PDF上で、いつでもどこでもデバイスを問わない署名が可能となり、全てのDropboxユーザーがAdobe Signのメリットを享受できるようになります。本機能は、Dropboxの拡張機能として2018年の年末に提供開始予定ですので、Dropboxユーザーの方は、是非お試しください。


Acrobat DC、次世代の最高品質PDFソリューション

Acrobat DCは様々な文書業務を支援する強力なツールを備えているだけでなく、Acrobatモバイル版アプリ、Document Cloudとの連携によって、時間や場所にとらわれずにスムーズにやり取りできる環境を提供します。

Acrobat DCで業務改善しませんか


POSTED ON 2018.11.14