金融業界や人事部門向けにAdobe Signの機能を強化 #AdobeSign

Document Cloud 製品情報

Adobe Signに金融業界のデジタルオンボーディングに向けた業界初の「Government ID認証」機能を追加

電子サインソリューションを導入することで、企業のデジタル変革、オンラインでの新規ビジネスの獲得、登録/オンボーディングプロセスの時間短縮が実現できます。しかし、銀行などの金融業界を中心とした一部業界においては、デジタルオンボーディングサービスの前に顧客のIDを確実に検証する必要があります。

こうした課題を解決するため、Adobe Signの最新リリースでは業界で初めて署名者向けのID認証オプション「Government ID認証」に対応しています。これは、デジタルID認証形式として、運転免許証やパスポートなどのIDを使用するものです。署名者は携帯電話でIDカードの写真を撮影すると、Adobe Signは、パターンやフォント、レイアウトなど、IDカードのセキュリティ機能を自動的かつ包括的に評価し、署名者のID認証を行って、署名プロセスを完了します。この方法により、遠隔地にいる署名者の認証作業もわずか数秒ですみ、署名者にとっては素晴らしいエクスペリエンスが得られると同時に、企業としても身分詐称のリスクが軽減されます。

この、より高水準な署名者のID認証により、企業は今後より多様な新たなビジネスプロセスで電子サインを実装することできます。Adobe Signによる顧客のデジタル登録は世界の大規模な金融サービスプロバイダーに採用されています。(本機能の国内での対応時期は未定です)

本機能の利用イメージは下記動画をご覧ください。

業界初となるMicrosoft Dynamics 365 for TalentおよびServiceNowの人事サービスデリバリ ソフトウェアとの連携機能を発表。人事部門ソリューションに対する包括的なサポートを拡大。

Adobe Signは、広く普及している各種HRソリューションとの連携機能によって、完全デジタル型の従業員エクスペリエンスの実現をサポートしています。今回、これまで以上に多くの人事部門をサポートできるよう、Microsoft Dynamics 365 for TalentとServiceNowの人事サービスデリバリソフトウェアという、2つの強力な人事部門向けソリューションと業界で初めて連携しました。(本機能の国内での対応時期は未定です)

Adobe Signは、こうした人事部門プラットフォームとの連携を実現する、業界初そして唯一の電子サインソリューションであり、アドビユーザーにとっては、従業員中心のプロセスに電子サインを導入する際の選択肢がこれまで以上に広がります。今回のMicrosoft Dynamics 365 for TalentおよびServiceNowの人事サービスデリバリ ソフトウェアとの連携機能以外にも、Adobe Signはこれまで、WorkdayやSAP SuccessFactorsなど、広く普及した人事部門ソリューションとの連携を実現しており、電子サインを企業全体の文書プロセスの一部としています。

働き方の未来に関するベストセラー著者のジェイコブ モーガン(Jacob Morgan)氏によると、従業員のエクスペリエンスに投資する企業は、投資を行わない企業と比べて、平均利益が4.2倍、平均売上は2.1倍になるとされています。HRテクノロジー業界が、従業員のエクスペリエンスを非常に重視しているにも関わらず、紙依存型の人事部門のプロセスは未だ山積しており、従業員のエクスペリエンスの質の低下や、限られたHRリソースの無駄を招いています。内定通知や入社手続きの文書の承認など、紙ベースのプロセスを排除した、包括的なデジタルエクスペリエンスを従業員に提供する上で、人事部門ソリューションベースのプロセスに電子サインを導入することは不可欠です。

Adobe Acrobatが、マイクロソフトのMicrosoft Information Protectionの推奨PDFソリューションに

アドビとマイクロソフトは、デジタル文書ソリューションのリーダーとして、最先端の企業のデジタル変革をサポートすべく、協業を続けています。Adobe SignとMicrosoft Dynamics 365 for Talentとの新たな連携機能に加えて、今回、Microsoft Information ProtectionがWindows環境のAcrobat DC/Acrobat Readerをサポートしたことで、PDF文書のセキュリティをよりいっそう向上できるようになりました。Microsoft Information Protectionの実現する機密情報の包括的な保護を必要とする企業は、今後はAcrobat DCを使用し、Microsoft Information Protectionによってセキュリティの保護された状態でPDFファイルを開き、閲覧できます。この新機能により、Acrobat DCは、Microsoft Information Protectionソリューション向けの優先PDFビューアとなります。アドビとマイクロソフトが現在も推し進める戦略的パートナーシップは、両社共通のお客様を対象に、摩擦のないセキュアな業務の実現をサポートしており、今回の発表もこうした取り組みを裏付ける絶好の事例です。

本日発表した、Adobe Document Cloudの新機能はいずれも、お客様やパートナー、そして彼らの顧客に対し、より高い柔軟性、より充実したセキュリティ、より多くの選択肢をお届けし、あらゆる規模で最高のデジタルエクスペリエンスを実現するものです。


アドビの電子サインサービス Adobe Sign

契約や承認の手続きに、多くの時間とコストをかけていませんか?
Adobe Signなら、これまで数日かかっていた署名プロセスをわずか数分で終わらせることができます。

Adobe Signを
導入する理由はこちら


POSTED ON 2018.12.13