AI搭載のAdobe Advertising Cloud Searchの活用によりVistaprint Indiaの売上増に寄与

Experience Cloud 広告

現状、ビジネスにとってペイドサーチの重要性は否定できないものであり、より広範囲な顧客体験の形成において重要な最初のタッチポイントを提供します。 企業がペイドサーチにより多く投資するにつれて、マーケティング部門は広告予算の収益を最大化する、より高速でスマートな戦略を探し続けています。

1つの大きな課題は、クリックに多額の費用をかけないようにターゲットオーディエンスにリーチするためのベストな方法を見つけることです。幸い、 AI(人工知能)はマーケター達の業務に変革をもたらすところまで進化してきています。AI(人工知能)を活用する高度なデジタルツールを使用している企業は、より広範囲な顧客体験マネジメント(CXM)の一環としてペイドサーチを位置づけることができます。これは、競争環境の激化と消費者からの期待値の高まりが加速している中、重要なムーブメントです。

Vistaprint Indiaは、より多くの顧客に対するサービスレベルの向上のために、AI(人工知能)を活用しています。ムンバイを本拠地とする同社がAdobe Advertising Cloud Searchを使ってキャンペーンの最適化を開始した際、売上高は10%増加し、買収単価(CPA)は20%減少しました。

これらの影響のキーとなっているのは、Adobeの機械学習および人工知能テクノロジーであるAdobe Senseiです。 Vistaprint Indiaがどのようにこのツールを使っているのか、見ていきましょう。

手動キーワード管理からの脱却

Vistaprintインドは、キーワードの入札単価を手動でモニタリング・入札調整する代わりに、Adobe Senseiが提供するパフォーマンス最適化機能でキャンペーンを自動的に最適化しています。マーケティング担当者はビジネス目標と予算を設定し、アルゴリズムがキーワードのパフォーマンスをモニタリングし、コスト効率を追求しながら、最適なパフォーマンスを実現するように作業を行っていきます。

様々なデータの組み合わせにより、顧客を正確に捕捉

広範囲な顧客体験というコンテキストで広告のパフォーマンスをマネジメントしていくために、Vistaprint Indiaは、Adobe Analyticsが持つ、2,000を超えるリアルタイムのWebサイトエンゲージメントとコンバージョン指標をAdobe Advertising Cloud Searchに連携させています。これらのデータは、企業と関わる消費者行動のより豊富なインサイトを提供し、デバイス、場所、時間、オーディエンスセグメント全体でキーワードを最適化するのに役立ちます。

プランニングチームにエキスパートによるアドバイスを提供します

Vistaprint Indiaは、Adobe Advertising Cloud Search内のAdobe Sensei搭載の機能を使用し、予算ポートフォリオやキャンペーンのプランニングプロセスから多くの当てずっぽうな作業をやめました。このツールを使用すると、マーケティング担当者はシミュレーションを行い、指定した予算のコンバージョンを事前に予測できるため、最も良い結果が得られる可能性が高いアプローチに賭けることができます。また、Spend Recommendations機能がパフォーマンス予測に基づいたインサイトを提供することにより、Vistaprint Indiaは予算を低パフォーマンスのキャンペーンから高パフォーマンスのキャンペーンに再アロケーションし直すことにより、CPAを低くすることができます。

マーケティングチームのエンパワーメント

自動化により、手作業にかかる時間が短縮されます。つまり、Vistaprint Indiaのマーケティング担当者は戦略をプランニングしたり、より良い品質スコアのために広告コピーを最適化したりする時間を増やすことができます。また、AI(人工知能)と機械学習によりペイドサーチの成果をあげることができるので、チームが変わってしまったり、担当者が退職したりした際の混乱のリスクが少なくなります。

このテクノロジーは、Vistaprint Indiaのペイドサーチマーケティングに新風を吹き込み、顧客ベースの拡大に合わせてより高みを目指した取り組みを行っています。

Vistaprint Indiaは、Adobe Advertising CloudAdobe SenseiAI搭載機能を使用して、ペイドサーチのインパクトを高め、ビジネス結果を促進しています。Vistaprintの新しい顧客獲得戦略の詳細についてはこちらをご覧ください。

POSTED ON 2020.03.5