Illustrator 2020がリリースされました! #Illustrator #AdobeMAX

Creative Cloud Design

2019年11月4日(US時間)、Illustrator 2020がリリースされました。新機能の追加をはじめ、パフォーマンスや使い勝手の向上が図られています。今回は、筆者の目線でIllustrator 2020のレポートをしたいと思います。

Illustrator 2020の新機能

まずは、新機能について見ていきましょう。正直、今回のバージョンアップでは、新機能と言えるものはあまりありません。自動スペルチェックやバックグラウンド保存/バックグラウンド書き出しといった機能の他には、アプリケーションの安定性やパフォーマンス、ファイルのハンドリングの向上といった強化がなされています。

自動スペルチェック

Illustrator 2020では、スペルチェックの機能が搭載されました。[編集]メニューの[スペルチェック]で[自動スペルチェック]がオンになっていると(デフォルトではオン)、入力時にスペルが間違っている単語すべてが強調表示されます。また、[編集]メニューの[スペルチェック]から[スペルチェック]を実行することで、間違ったスペルを修正したり、単語を辞書に追加したりすることが可能です。なお、チェックできるのは欧文テキストのみで、和文テキストには対応していません。

テキスト入力時にスペルミスがあると、その単語が強調表示される。
Illustrator 2020の[スペルチェック]ダイアログ。スペルエラーをチェックし、修正が可能。

スペルチェックに関する詳細は、こちらも参照してください。
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/spelling-language-dictionaries.html#check_spellings

バックグラウンド保存/バックグラウンド書き出しが可能に

Illustratorでは、大きなファイルサイズのドキュメントを保存すると、保存が完了するまで他の作業ができませんでした。Illustrator 2020では、保存処理をバックグラウンドで実行できるようになり、保存が進行中でもタスクを実行することが可能になりました。なお、バックグラウンド保存中は、ウィンドウ右上に青い進行状況アイコンが表示され、クリックすることで、現在の状況が確認できます。

現在の保存状況は、青い進行状況アイコンをクリックすることで確認できる。

Illustrator 2020では、バックグラウンドでの書き出しも可能になっています。[ファイル]メニューの[書き出し]から[スクリーン用に書き出し]を実行すると、書き出し処理の多くがバックグラウンドで実行され、書き出し中でもタスクを実行できます。ただし、書き出すフォーマットとしてPDFやSVGが含まれている場合には、バックグラウンドでの処理はされません。
※バックグラウンド保存とバックグラウンド書き出しは、ai、png、jpg形式のファイルのみに対応しています。

[環境設定]ダイアログの[ファイル管理・クリップボード]に[バックグラウンドで保存]と[バックグラウンドで書き出し]が追加され、デフォルトではどちらもオンになっている。

バックグラウンド保存/バックグラウンド書き出しに関する詳細は、こちらも参照してください。
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/saving-artwork.html#background_save
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/exporting-artwork.html#background_export

パスの単純化機能の向上

パスの単純化は、CC 2019(23.1.1)で大きく機能が向上しましたが、Illustrator 2020でより精度がアップしているそうです。なお、パスの単純化は[オブジェクト]メニューから[パス]→[単純化]を選択して実行します。

パスの単純化を実行することで、アンカーポイントの数を劇的に減らすことができる。

パスの単純化に関する詳細は、こちらも参照してください。
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/simplify_paths.html

フリーグラデーションのサポート

CC 2019でフリーグラデーションの機能を使用したオブジェクトでは、[オブジェクトを再配色]を実行してもカラーを変更したりといった操作ができませんでした。Illustrator 2020の[オブジェクトを再配色]では、フリーグラデーションもサポートされるようになりました。

フリーグラデーションも[オブジェクトを再配色]ダイアログで編集可能。

その他の機能強化

その他にも、動作スピードの改善や使い勝手の向上が図られています。ファイルを開いたり保存したりする際のメカニズムが強化されたことで、ファイルのハンドリングが向上していたり、効果適用時のパフォーマンスがアップしていたり、安定性も向上しています。

[ホーム]画面も新しくなり、[学習]タブをクリックすると、多くの学習コンテンツを表示できる。

その他の機能強化に関する詳細は、こちらも参照してください。
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/whats-new/2020.html#improved_file_handling

今回のAdobe MAX(US)では、iPad版のPhotoshopがリリースされましたが、同時にiPad版のIllustratorを開発していることも発表されました。実際にリリースされるまでには、まだ時間がかかると思いますが、どのようなアプリケーションとして登場するのか楽しみですね。

POSTED ON 2019.11.5