鷹野 雅弘

1996年にDTP制作プロダクション「株式会社スイッチ」をスタート。 その後、Web制作、 コンサルティング業務にシフト。トレーニングやテクニカルライティング、書籍の企画や編集なども行っている。CSS Niteなどのセミナーイベントを企画運営のほか、DTP情報サイトDTP Transitを2005年から継続している。 テクニカルライターとして20冊以上の著書を持つ。主な著書に『10倍ラクするIllustrator仕事術(増強改訂版)』(共著、技術評論社)ほか。

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(12)カラーフォントという新しい道具、そして絵文字

カラーフォント(別名「OpenType SVG)は、PhotoshopではCC 2017から、Illustra...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(11)機能としては搭載されない表組み。飄々と実装するテクニック

Illustrator CC 2018は、バージョンにして22になりますが、「表組み」作成機能はありません。し...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識(10)Photoshopマジックの奥義「コンじる」の進化

「コンテンツに応じて拡大・縮小」「コンテンツに応じて塗りつぶし」などの機能をはじめ、スポット修復ブラシツールの...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(10)CSVサポートで身近になったデータ駆動グラフィックでアートワークのバリエーションを作成

「変数」機能を使った「データ駆動グラフィック」は、Illustrator 10(2001年にリリース)から搭載...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(9)3つの「スタイル」を使い分けて効率アップ。修正時の更新もラクラク

文章量が多い制作物では、見出しや本文ごとに特定の書式(フォント、フォントサイズ、カラー)などを使い回します。 ...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識(9)なげなわツールから被写体選択まで、こんなにあったPhotoshopでの選択の自由

初心者からベテランまで、制作する内容に関わらずPhotoshopを使う上で避けて通れないのが「選択」。[なげな...

鷹野 雅弘

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(8)Illustratorでの「座布団」の実装方法アレコレ

テキストの背面に敷く四角形や丸などの図形を「座布団」と呼ぶことがあります。 テキストとは別に図形として描画する...

鷹野 雅弘

知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ(5)え?こんなことできたの? PDFをディープに編集する印刷向けの機能

Acrobatの[印刷工程]ツールを使って「画像の解像度を調べる」、「テキストをアウトライン化する」、「特定の...

鷹野 雅弘

知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ(4)校正で使うPDF

制作業務に欠かせない「赤入れ」(校正指示)。Acrobatに用意されている「注釈ツール」を使うことで、PDF上...

鷹野 雅弘

知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ(3)キモは「PDFプリセット」。IllustratorからのPDF書き出しを極める

今回は、IllustratorからのPDF変換とPDFプリセットについて解説します。 PDF変換する上で、カラ...

鷹野 雅弘

知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ(2)PDFの軽量化、そして、別フォーマットへの変換

今回は、Acrobatを使ってPDFを軽くする方法と、PDFの各ページをテキストや画像に書き出したり、MS O...