Tsuyoshi Nakao

仲尾 毅 Creative Cloudエバンジェリスト | | 2012年、Creative Cloud登場と共にアドビ入社。Creative Cloudの伝道師として、Adobeの最新技術・製品・サービスの訴求と移行促進に従事。クリエイターにとってメリットのある最新情報をいちはやく伝える。Follow me @tsuyon https://twitter.com/tsuyon

Tsuyoshi Nakao

新しいCreative Cloudをサクッと確認 MAX 2020アップデート #AdobeMAX #CreativeCloud

2020年のAdobe MAXは、当初の予定とは大きく異なるイベントとなりました。全世界のアドビとクリエイターが一斉に創り上げるグローバルなMAXとして、そしてフルオンラインでいつでもどこからでも参加可能な、初体験づくし...

Tsuyoshi Nakao

#325 福田愛子流 Photoshop Cameraレンズの作り方

CC道場でもおなじみのイラストレーターの福田愛子さんをお招きし、先日リリースされた日本人クリエイター初のAdobe Photoshop Cameraレンズの制作秘話をお伺いします。 ▼関連記事 Photoshop Cam...

Tsuyoshi Nakao

#324 道場破り!Webデザイナー佐々木雄平「ここまでできるXDアニメーション」

ゲストにWebデザイナーの佐々木雄平氏を迎えてお送りする道場破り!研究し尽くされた、Adobe XDのアニメーションテクとその活用のお話を伺います。 ゲスト: 佐々木雄平/by Webデザイナー

Tsuyoshi Nakao

#323 MAX CHALLENGEやろうぜ!無限の想像力を発信しよう!

Adobe MAXといえば、そう、MAX CHALLENGE です!あなたも「MAXロゴあそび」に挑戦しませんか?今回はのMAX CHALLENGEの紹介と、実際にCreative Cloudアプリを使ってどのように作品...

Tsuyoshi Nakao

#322 AR道場「いろんな機能で現実をもっと拡張しよう!」岩崎勝利 | Adobe Aero

ユニークなARコンテンツ発信でSNSを賑やかしているクリエイター岩崎勝利氏がCC道場初登場!画像アンカーやMixamoとの連携など、一歩進んだAdobe Aeroの使い方をレクチャー頂きます。みなさんもAdobe Aer...

Tsuyoshi Nakao

#321 Aeの極意!? シェイプモーション | 藤岡晃維 博報堂プロダクツ

ゲストに博報堂プロダクツより藤岡晃維さんをお招きし、After Effectsを使ったシェイプモーション技をご披露いただきます。関心高まるモーショングラフィックスに挑戦してみませんか。 ゲスト:藤岡晃維/博報堂プロダクツ...

Tsuyoshi Nakao

#320 Adobe XDを使ったデザインコンペ 、College Creative Jamレポート

この夏、実在する社会問題をAdobe XDを使ってクリエイティブに解決するCollege Creative Jamに、全国から総勢172人の大学生が挑戦しました。CC道場では、そのCollege Creative Jam...

Tsuyoshi Nakao

#319 Illustrator iPad版なんと先行プレビューですよ!

本年度リリースに向けて鋭意開発中のAdobe Illustrator iPad版、どんな仕上がりになるのか、期待しているユーザーさんも多くいると思います。そこで先行プレビューとして機能の一部を紹介します。併せて、Illu...

Tsuyoshi Nakao

#318 道場破り!イルコ 光の魔術師登場

クリエーター向けにProArtシリーズを展開するASUSとのコラボ企画。「光の魔術師」として知られるポートレート・フォトグラファーのIlko Allexandrof氏をお招きし、クリエイティブの裏側に迫ります。 ゲスト:...

Tsuyoshi Nakao

#317 Premiere Rush SNS映えする便利な技

InstagramなどのSNSへ動画投稿する時のAdobe Premiere Rush「映え技」を大特集! 今夏、提供開始になった待望の新機能の効果的な利用方法も含め、Premiere Rushユーザーグループ代表の加藤...

Tsuyoshi Nakao

#316 もっとAdobe XD Trail 部屋キャンプ!レスポンシブデザインを作る

好評だった7月29日の「Adobe XD Trail 部屋キャンプ!レスポンシブデザインを作る」のおさらいをしつつ、Adobe XD のレスポンシブサイズ変更機能や、併せて活用したい便利機能について解説します。