【Adobe Stockコラージュコンテスト~不思議な夏休み~」】最優秀賞者インタビュー #AdobeStock

Adobe Stock Creative Cloud Design

2019年​517日から613日まで実施した「Adobe Stockコラージュコンテスト~不思議な夏休み~」。たくさんのご応募ありがとうございました!このブログ記事では、多数の応募作の中から最優秀賞を受賞した@tom_2012_08@bar_secret_base)こと河野勉さんに、今回の作品に込められた物語や、自身の創作活動についてお伺いしました。

Q:受賞作品について簡単にご紹介ください。

タイトルは「終業式の帰路」​です。終業式の帰路は夏休みどんな体験をするんだろうとか何か不思議な体験を期待しワクワクしていました。見るもの全てが彩度高めに見え、いつもの路地がキラキラした冒険の入口に見えたものです。その体験を作品にしました。

Q: テーマ「不思議な夏休み」に沿ってどのような構想で制作を進めましたか。

不思議な夏休みと聞いて初めに浮かんだのは、自分が子供の頃のワクワクしていた夏休みの始まりのイメージでした。大人になると夏休みは中々とれず、その分子供の頃の楽しかった夏休みのイメージが鮮明に記憶に残っていて、子供の頃の夏休みに対する期待感やワクワク感を作品で表現できればと思って制作を始めました。

Q: 作品のコンセプトやストーリーをさらに詳しく教えてください。

子供の頃感じた、楽しい夏休みが始まるといった期待感やワクワク感。子供視点での夏休みの入り口をビジュアル化したいと考えました。ベースにした写真は何気ない近所の路地で「いつもの何気ない帰り道が終業式が終わり夏休みが始まる期待感とワクワク感で別世界に見える」といったコンセプトです。

奥へ奥へと誘うような構図で、外側もお題の素材をふんだんに使い、画面のどこを見ても何かがあって見る人を楽しく不思議な夏休みの世界へ入り込ませるような作品を目指しました。

Q: あえて「不思議な夏休み」のタイトルを作品内に入れている点に斬新さがありました。ご自身で「ここがポイント」だという箇所とそこに込められた思いや表現を教えてください。

タイトルを作品に入れるのは過去の例を見てもなく、正直審査のマイナスポイントになるのではとも思いました。ですが、私はグラフィックデザイナーとして初め就職をしており、その強みを作品に盛り込みたく思い切ってロゴを作ってコラージュの中に取り入れました。写真コラージュのみで表現するのが一番かもしれませんが、タイトル文字を見せることで見た人にわかりやすく、賞を検索する人が少しでも増え、この賞の盛り上げに貢献できるのではと考えました(TwitterInstagramなどで説明欄にタグを入れていますが私自身もそうなのですが、情報が多い中、詳しい説明を読む人はとても少ないのでそれだったら作品に入れてしまおうと考えました)。

また、Photoshop初心者でも再現できる作品にしたいと思っていたので、マスクと切抜、画像補正など基本的な技術のみで制作してます。普段の何気なく撮った写真がPhotoshopとAdobe Stockでここまで変わると言うことを後にブログなどで発信して受賞しなくても誰かの役に立てたらいいなーと考えていました。なので追加素材も再現しやすいよう携帯カメラで撮ったどこにでもあるような近所の路地と近所の猫の写真をベースにして制作しました。

Q: 実際に使った素材(アドビストック内の指定画像と追加画像すべて)を教えてください。
124174060(クジラ)123134514(ひまわり)49717258(雪だるま)242280739(宇宙服)206684171(スイカ)196658857(クラゲ)110309009(朝顔)120015756(ペンギン)153407801(ゼリー)

追加素材は近所の「路地」と「黒猫」です(どちらもiPhone6sで撮影)

Q: 普段はどういった活動をされていて、コラージュ制作はいつから始めましたか?

普段はフリーランスのデザイナーをしていましたが、ちょうど入賞のお知らせが届いたときに会社員としてお誘いがあり今月(7月)より会社員(WEB兼グラフィックデザイナー)として会社勤務しています(ありがたいことに会社から許可していただき勤務時間以外は引き続きフリーのデザイナーとしてのお仕事を続けています)。コラージュ制作は大学生の頃 Photoshopと出会ってからです。

Q: コラージュの魅力はどのようなところにあると思いますか?

自分の考えた世界が細かく表現できるのもそうですが、色んな写真素材を使うことで考えもつかなかった作品が偶然にもできたりすることが面白いです。

Q: コラージュ作品を制作する際、インスピレーションはどのように湧いてきますか?また、ひらめきのヒントとなるものや場所などがあれば、お教えください。

今回の場合は漫画や映画の冒頭の一場面のようイメージでインスピレーションが湧いてきました。ひらめきのヒントは子供の頃の原体験だったり、漫画や映画、本やテレビなどです。デザインの場合はクライアントさんとお話ししていくことで情報が整理されて作品が出来上がっていきます。

Q: 創作活動における目標を教えてください。

インターネットが普及して情報が溢れている中、デザインや写真は一瞬で消費されがちですが、そんな中でも誰かの心にずっと残るような作品を作ることが目標です。

Q: 次回コンテストへの参加を考えている皆さんへのコメント・メッセージをお願いします

現在、私は田舎に住んでおり、こんな素晴らしい賞がもらえるとは夢にも思っていませんでした。改めて全ての人にこういったチャンスがあるんだなと実感しました。実際作ってみて他の方の作品を見るとすごく勉強にもなります。参加をお考えの方は是非、お気軽に楽しみながら参加されてみてはいかかでしょうか。

・・・

いかがでしたでしょうか?Adobe Stockでは、制作にお役立てできる情報やコンテストなどの情報を blogFacebookで適宜ご紹介しています。是非こちらもフォローいただき、日々の業務にお役立てください。また、Adobe Stockを始めてご利用いただく方には、初月無料でサブスクリプション契約(年間)をご利用いただけます。こちらから是非おためしください。

POSTED ON 2019.07.19