ロイヤリティフリーとは?そのメリットとは? #AdobeStock

Adobe Stock Creative Cloud Design UI/UX & Web

写真やイラスト、ビデオなどのストック素材をいざ購入する段階になると、理解しておくべき用語がたくさん出てきます。今回の記事では「ロイヤリティフリー (RF) 」とは何か、またそうしたアセットを購入するメリットについてご説明します。

ロイヤリティとは?

まずは「ロイヤリティ」という言葉から。もし自分の作品に他の誰かの作品を使う場合、通常はそのアーティストに使用料を支払います。この使用料を「ロイヤリティ」といいます。

ロイヤリティは多くの業界で一般的になっています。中でも音楽業がその良い例です。アーティストが曲を録音し、企業がその曲をテレビコマーシャルで使用することを決定したとします。この場合、コマーシャルが放映される度に、アーティストはロイヤリティを受け取ります。

アセットのライセンス取得においてもうひとつよく登場する用語は「ライツマネージド(RM)」です。ロイヤリティフリー素材は、複数回、複数のマーケティングチャネルにおいて使用できるのに対し、ライツマネージドは事前に約束された条件での使用に限定されます。

meatbull / Adobe Stock

アセットがロイヤリティフリーであることの意味とは?

ここで次のような疑問を持つ方がいるかもしれません。Adobe Stockはなぜロイヤリティフリーのアセットを提供するのか?Adobeはアーティストやクリエイターにロイヤリティを支払っていないのか?

現在はデジタルメディアが一般的になり、アセットも様々に利用されるため、細かな管理や使用料の支払いをきちんと管理するのがお客様にとっては非常に難しい状況です。一方、Adobeは、自己の制作物が他者により使用された場合、必ずアーティストは対価を得るべきだと考えています。そのため、管理が簡単なロイヤリティーフリー素材を提供することで、お客様を素材管理の手間や対価の支払い忘れから解放し、かつ、Adobe Stockでアセットを購入した際は、アーティストやクリエイターにロイヤリティを支払えるようにしました。

ロイヤリティフリーのアセットを購入するメリット

インターネット上でクリエイティブアセットをダウンロードし、自分の作品に使用するのは簡単なことですが、それは違法行為です。著作権のあるコンテンツを許可なく使用した場合、法的な問題に発展するリスクがあるうえ、アーティストやクリエイターには正当な対価が支払われません。

一方、ロイヤリティフリーのアセットを購入すれば、アーティストには正当な対価が支払われ、自分はアセットを使用する法的な権利を持つ、という保証を得ることができます。それだけでなく、ロイヤリティフリーの同一のアセットを様々な媒体で使用し、コストを抑えることも可能です。たとえば、自社用にAdobe Stockで画像を購入した場合、あなたの会社のウェブサイトや印刷物、バナー等にそれを使用することができます。

crisod / Adobe Stock

ロイヤリティフリーアセットの柔軟なプラン

クレジットパックから各種サブスクリプション(定額制)のプランまで、Adobe Stockは個人向けにあらゆるニーズに合う購入のオプションをご用意しています。そのほか、小さな作業チームや大企業向けのマルチユーザー・プランもご検討いただけます。

Adobe Stockは、Adobe Photoshop CCIn Design CCなどのAdobe Creative Cloudアプリに組み込まれており、AIテクノロジーであるAdobe Senseiにより機能的に強化されたスマートな検索が可能です。

ぜひ今すぐAdobe Stock!あなたのクリエイティブにおけるあらゆるニーズのために、高品質な厳選したロイヤリティフリーの画像、ビデオ、ベクターグラフィックス、3Dアセット、テンプレートなど、数万点のアセットへアクセスしてみてください。


この記事は2018年12月10日に Adobe Stock Team により作成&公開されたWhat Does Royalty-Free Mean — and What are the Benefitsの抄訳です。

ヘッダーイメージ:Sebastian / Adobe Stock

POSTED ON 2019.02.26