デザイン量産の時代に、人間味ある作品を生み出すアーティストたち #AdobeStock

Adobe Stock Creative Cloud Design

ひと昔前のように思えるかもしれませんが、「ノームコア」というデザイントレンドが広がったのは2014年頃のことです。Marc JacobsをはじめとするファッションデザイナーがランウェイモデルにPatagoniaのフリースを着せ、Jerry Seinfeldがファッションアイコンになりました。また、StonyfieldヨーグルトやSodaStreamの地味な量産品のデザインがもてはやされ、Times New Romanフォントが好まれました。そこには、流行を追い求めることや個性ばかりを主張することへの反感が見て取れます。

半年前が何十年も前のように感じられるとしたら、それは時間がゆったりと流れているからです。今、人々は親しみやすさと手作り感のある、どこか不完全なものを切望し、編み物、陶芸、水彩画などのクラフトが人気を集めているようです。テクノロジーにうんざりしているミレニアル世代だけの話ではありません。Z世代は手作りの工芸品に官能的な魅力を感じ、陶器作りの動画ばかりを公開するTikTokのpapa potsアカウントを140万人がフォローしています。

ベクター画像とグラフィックデザインの世界も同様です。今年初のアドビのデザイントレンドである「Handmade Humanism」は、ブラシストローク、柔らかな線、つや消し仕上げを用いた心地良いカラフルな世界へと私たちをいざないます。この流れの中で、デザインは、仮想の世界から離れることはないとしても、洗練された大量生産のビジュアルから脱し、人の手の温もりを感じるものへと向かっています。このコレクションには、食物、女性日光浴ヨガといった現実的なイラストが揃っています。

Ollysweatshirt / Adobe Stock

アーティストのOlga Davydova氏は、斬新な空想と、から様々な休日まで、日常への深い愛着とを組み合わせた作品を制作しています。彼女の作品は、やや洗練された側面(6歳のときから美術学校に通っていることに起因する完璧主義)を持ちながらも、クラフトへの愛情に根ざしています。

「私は通常、まずアイデアをスケッチしてから、デジタルでの作業を始めます」先日Olgaはアドビにこう語りました。「手作業では、黒鉛筆、ソフト消しゴム、そしてマットなアクリル絵の具と3〜4本のお気に入りのブラシが私の定番ツールです」

いくつかのデザインを決めると、Olgaはデジタル化の作業に取り掛かります。「ほとんど毎日 Adobe Illustrator を使っています」と彼女は言います。「このすばらしいプログラムにすっかりはまっています。Adobe Illustratorでの作業について、チュートリアルを5つも書いたほどです」

Ollysweatshirt / Adobe Stock

Handmade Humanismギャラリーの別のアーティスト、Julia Dreams氏も手作業から始める派です。

彼女はアドビに次のように語っています。「私はいつも、仕事を始める前にスケッチを作成します。大抵は水彩です。こうすると、要素を正確に描け、構成について考えやすいのです」

Juliaはグラフィックデザインスタジオを所有しており、彼女のデザインには、イラストや水彩画のような触感的な技法が明らかに採り入れられています。彼女が作るデジタルの紙の背景には、思わず手を伸ばして触れたくなるような、遊び心たっぷりの手作り感があります。

Juliaはテクノロジーとソフトウェアを駆使して、アイデアが浮かんだらその場で作業します。「私はよくiPad ProとAdobe Drawを組み合わせて使います」と彼女は言います。「このコンビなら、どこでも、どんな環境でも作業を続けることができるのです」

Julia Dreams / Adobe Stock

どちらのアーティストにとっても、テクノロジーは力を制限するのではなく解放するものです。インクや絵の具で手を汚さなくて済むだけでなく、より幅広いオーディエンスや環境に作品を届けることができます。「この時代のイラストレーターでよかったと心から思います」とJulia。「今日のアーティストは、世界中にイラストを販売し、共有する機会に恵まれています」

Olgaにとって、テクノロジーはインスピレーションの源でもあります。「私のスタイルはテクノロジーと密接につながっています」と彼女は言います。「私は自分の作品に確かさを加えようとしていますが、今後これはますます必要になると感じています。おそらく、私たちの生活の中でデジタルテクノロジーの存在感が高まっているせいです」

Olga Davydova氏、Julia Dreams氏やその他のHandmade Humanismコレクションの作品は、手作りのアートとテクノロジーとの生産的なつながりの中で発展しています。彼らの作品を見ていると、テクノロジーとソフトウェアには、集中力や創造力に水を差す可能性がある一方で、私たちを世界と再びつなぐ可能性も秘められているという気がしてきます。テクノロジーとソフトウェアを利用すれば、落書きやスケッチ、お気に入りの絵の具をタブレットやラップトップでどこにでも持ち運べます。そして、これらのデザインの人気を考えると、その温かみのあるパーソナルなスタイルのオーディエンスがいることは明らかです。

Julia Dreams / Adobe Stock

Handmade Humanismには、DIY、アウトサイダーアーティスト、風変わりな感性の作品も多く見られます。コントリビューターになるのに、美術学校の卒業生やプロのデザイナーである必要はありません。何百ものデザインやベクター画像のライセンスを取得でき、ほとんど誰でもそれらを使用して、独自のパターン、ファブリック、招待状、陶磁器まで飾ることができます。

Handmade Humanismに込められた思いを昇華させるために、アドビは入門用として、花のポスターセットコラージュとカットアウトキットの2つのベクターコレクションを無料で提供しています。どちらもAdobe Stockアーティスト、Lera Efremova氏の手によるものです。たくさんのリソースを利用できるので、版画やオリジナルの文房具を作ってみませんか。私たちが暮らすデジタルの世界にパーソナルなタッチをもたらすのは、今はもう難しいことではありません。

Lera / Adobe Stock

登場したアーティスト

Olga Davydova

Olga(別名Ollysweatshirt)は、2018年からロシア芸術家労働組合に在籍し多分野で活躍するアーティストです。大胆な色の組み合わせと力強い形状を生み出すことをこよなく愛しています。好きなテーマは、人、自然、科学、そして未来です。

Julia Dreams

Juliaはデザイナー、イラストレーター、水彩画家として活動しています。グラフィックデザインスタジオとリソースショップも所有しています。

Lera Efremova

Leraはデザイナー兼イラストレーターです。彼女の作品は、絵画のような手描きの要素とデジタルの要素とコラージュを組み合わせています。

・・・

いかがでしたでしょうか?Adobe Stockでは、現在、通常アセットが毎月10枚利用いただける年間サブスクリプションが1ヵ月無料となるキャンペーンを引き続き継続中です。PhotoshopやIllustratorなどいつものアプリから直接検索でき、カンプ作成で行った制作作業を無駄にすることなく高解像度画像への差し替えが一発でできるため、高い作業効率を実現できます。まだの方はこの機会にぜひお試しください。また、作品投稿を検討されるかたは、こちらからコントリビューターアカウントを作成して、素敵な作品をご紹介ください。

この記事は2020年2月36日にMalcolm Thorndike Nicholsonにより作成&公開されたHandmade Design in a Digital Worldの抄訳です。

・・・

POSTED ON 2020.05.12