静物という芸術 #AdobeStock

Adobe Stock Creative Cloud Design Photo

リンゴの写真を撮るのは簡単です。しかし、説得力をもって、神秘的で、活気に満ち、美しく見せることは簡単ではありません。静物の素晴らしい写真を撮影するには、照明、カラー、テクスチャ、および構図に対する創造的なアプローチが必要です。それは、静物画の長い伝統からも見て取れるよう、作品の完成度を決めるそれぞれの要素に左右されます。そこで、カラー、食物、照明などについて関心を寄せる Adobe Stock のスティルライフフォトグラファーに集まって頂きお話を伺いました。

アーティストに会う

Adriana Napolitano / Adobe Stock

Jessica Pettway ジェシカペットウェイ

ジェシカはニューヨークを拠点とするビジュアルアーティストであり、グリルチーズの愛好家です。彼女は、遊び心のある構図と色彩の点でユニークな審美眼を持ち、日常生活から抜け出すためのリラックスしたシュールな構図を創り出しています。見慣れた日用品、100円ショップで見つけた商品、植物などが、彫刻的に、かつ、本来の意味合いから異なるコンテキストをもたらすようにコラージュされ、彼女自身の性質を巧みに表現しています。

Adriana Napolitano アドリアナナポリターノ

アドリアナはフォトグラファーであると同時に、セットデザイナー、コマーシャル、ショートムービー、ファッションフォト、ミュージックビデオ、ストップモーションアニメーションのプロップスタイリストとしても活躍するアーティストです。彼女の作品は、写真、クラフト、デジタル編集を組み合わせ、独特の雰囲気を醸し出します。彼女は紙を好み、ほぼすべての素材を使って、記憶に残る何かを実現する方法を探し出すことに優れた才能を発揮します。

Rein Janssen レイン ヤンセン

レイン ヤンセンは、ハーグの王立芸術アカデミーを卒業しました。また、工学を学び、自然および化学などの分野からもインスピレーションを得て作品制作を行います。その結果、ユニークなフォトスタイルを確立しました。レインは、完璧で興味をそそり、静かでありながら活気のある風景を創り出します。彼のスティルライフフォトは、清潔で芸術的で厳格であり、食物への親和性が無限のインスピレーションを与えています。

ミューズを聴く

Jessica Pettway / Adobe Stock

被写体としてどのような静写物に惹かれますか?

ジェシカ ペットウェイ(以下JP):私は静写物の即時性に非常に強く惹かれています。モデルなどをキャストする必要はありません。いつでも、100円ショップなどで小物を手に入れ、写真にすることができます。静写物は常に創造的であるという習慣を維持させてくれます。それは常に、身の回りにあり、手につかみ、ひっくり返し、興味深い何かを見いだすことができます。100円ショップの小物を扱う場合に、唯一障害になるのが私自身です。それは自分自身に対する課題にもなります。障害はありません。しかし自分自身が問題です。店舗に行き、10ドル以下で何か面白いものを手に入れ、いつも見慣れていた何かについて視点を変えてみることができます。

プロップスタイリストでもある写真家に会うことはまれです。2つの活動は同時に始めましたか?それともいずれかを先に始めましたか?

アドリア ナナポリターノ(以下AN):私は、ストップモーションアニメーションビデオのセットデザイナー/プロップスタイリストとしてキャリアを始めました。そこで、私はクラフトやミニチュアが大好きになりました。しばらくして、自身の作品を写真で共有できることにも気づき、写真と工芸品のこうした組み合わせが私にまさに適した表現方法になりました。私は2008/2009年以来、ストップモーション用にさまざまな素材(特にリサイクル素材)を扱ってきましたが、最初の「ペーパー作品」は2012年のビクトリア調のかつらでした。

食品に興じる

胃で考えることの喜びと落とし穴。

Adriana Napolitano / Adobe Stock

食品を扱う場合の最大の課題は何ですか?

JP:ご存知のように、私は食べ物が大好きなので、「どうすればもっと良く見えるの?」と考えるのは、難しいときもあります。グリルチーズサンドイッチの写真を撮るとしたら、「これはもう完璧だ」と思っても、実際にはそうではなく、スタイルを定め、より魅力的でフォトジェニックに見せることができます。

ペーパーアートの多くは食品を描いていますね食品自体を扱ったことはありますか?紙を使って食品や農産物を再現することにしたきっかけは何ですか?

AN:私はいつも空腹です!おそらくそれが、私がいつも料理をしている理由です。私自身考えたことはないのですが、実際の食品を作品で扱ったことはほとんどないと思います。食品はカラフルで喜びをもたらすので(少なくとも私には)、さまざまな面白い方法で食品を再現するのは大好きですね。

食品を扱うことに惹かれるのはなぜですか?いつも新しい状況に食品を入れたり、そこで遊んだりしているように見えます。

レイン ヤンセン(以下RJ):芸術アカデミーにおいて私の最後の一連の作品群は、砂糖と食品に関するものでした。食品は自然で、作品にとって「優しい」ものです。新しいシチュエーションに食品を置くことが大好きなので、人々が私の作品に触れるとき、実際に何が起きるかを見て、心を開くことが必要です。

光で描く

光は写真に命を吹き込み、素晴らしい効果を生み出し、壮大な陰影を付けますが、ルールブックはありません。ぜひ織り交ぜてみてください。

左:Rein Janssen / Adobe Stock 右:Rein Janssen / Adobe Stock

特定のスタイルや照明のアプローチに頼っていないようですね。それはデザインによるものですか?

JP:私は通常、その瞬間にインスピレーションを与えているものに従います。柔らかな光と影が必要な段階を経て、より積極的になりたい期間も訪れます。それは、私が引用しているリファレンスに多くを依存します。漫画はよりシャープなコントラストの外観を示しますが、70年代のアルバムカバーはそれほどではありません。

照明紙には、特別な問題が何かありますか?

AN:紙が光を反射する感じが、私がそれに夢中になった理由の1つです。写真では、光は非常に重要です(もちろんそうです!)。そして、光と紙は美しく調和すると思います。紙は平らに見えるかもしれませんが、これは照明にとって非常に重要で、満足度を大きく高めるものです。

一部の写真では、静物のオブジェに対して非常に古典的でほとんど絵画的なアプローチが採られていますが、非常にシュールな写真もありますね。写真のコンセプトはどのようにして決めていくのですあ?

RJ:まず、光、雰囲気、被写体に関して、物事が向かわなければならない方向を感じることから始めます。これはかなり細かく決める必要があり、また、自分が何をすべきかも瞬時に決めていく必要もあります。クライアントがOKしてもらえれば、被写体になるオブジェ/材料をスタジオに持ち込み、それを撮影していきます!また、クライアントから作業用に非常に詳細なスケッチとムードボードが提供される場合もあります。

線と線との間を埋めるカラー

色彩は見る人の注意を引き付け、感情を呼び起こします。2019年のビジュアルトレンド(Creative Democracy – クリエイティブの民主化)に見られるように、私たちは今、楽しく、飽和したカラー、活気、喜びに回帰しています。

左:Jessica Pettway / Adobe Stock 右:Jessica Pettway / Adobe Stock

カラーは、明らかに写真で大きな役割を果たします。カラーについてインスピレーションの源は何ですか?

JP :カラーについて言えば、漫画が大好きなので、そこからヒントを得ることが多いです。また、イラストと絵画からもインスピレーションを求めます。私は最近、ケニー・シャーフ、特に彼のクレイジーな宇宙空間を数多く見てきました。彼の色使いはとてもクールです。また、ティーナマリーやダイアナロスのような古いアルバムのカバーも見ています。

カラーについてプロセスのどこで考え始めますか?

AN:最初からカラーについて考えます!通常、写真について考え始めるとき、すでに色を載せています。最初からすべてを把握します。カラー、構成、すべてです。ときに流れに任せることもありますが、それはまれです。通常、頭の中にはかなり鮮明なイメージがあり、すでに完成しているので、それを構築して撮影すれば済みます。

一緒に笑う

ユーモアは真摯なビジネスです。面白くて遊び心があると思う何かを表現する方法を探してください。そうすれば、イメージは良い冗談のように生き続けるでしょう。

左:Jessica Pettway / Adobe Stock 右:Adriana Napolitano / Adobe Stock

ピザをローラースケートに乗せたり、溶けたアイスクリームにサングラスを乗せたりと、遊び心とユーモアが作品にあふれ、食品への愛着がはっきりと感じられます。このようなアイデアはどのようにして得られましたか?

JP:多くの場合、それは単なる自由な連想です。雑誌などの記事に刺激を受けるので、記事に掲載されている写真は好きですね。車輪とピザの写真は、ピザ配達員でもある地元の政治家から着想を得ました。しかし、多くの場合、私はオブジェクトから直接インスピレーションを受け、それに個性を与えます。私はかつらが大好きなので、何かにかつらをつけようと考えています

ユーモアは、あなたの多くの写真で効果的な役割を果たしています。たとえば、ミートボールのソーラーシステムや浮かぶシャボン玉がサボテンに近づいてハラハラする様子などです。いつもユーモアを作品に忍ばせることを考えていますか?

RJ:アイデアの多くは、すぐに実行してみます。ミートボールソーラーシステムは、宇宙で最高のカルパッチョを見つけることのできる場所に関するイラストでした。シャボン玉とサボテンのイラストは、人々が非常に敏感であることを示すものでした。ユーモアは人々をつなぐ良い方法であり、可能であれば作品に取り入れたいと考えています。

アドバイスの言葉

Jessica Pettway / Adobe Stock

JP:すべてをカメラに収めて、ぴったりと収まるまでゆっくり時間をかけましょう。効果がより自然に現れ、それぞれの要素の関連によって描画が混ざり、また浮き出ます。

AN:ヒントは常に同じです。つまり、 好奇心を持って行動し、学ぶことを止めず、謙虚で辛抱強く続けることです。特に、ペーパーアートの場合はこれが当てはまります。

RJ:効果を高めるために光を正しく取り入れてください。試し、実践し、何がどうなるのかを確認してください。助手やインターンを持つことは非常によいことです。人手は常に役立つからです。

・・・

いかがでしたか? Adobe Stockでは、皆様からの個性あふれる作品を募集しています。詳しくはこちらをご確認いただき、Adobe Stockのコントリビュータープログラムに参加ください。

この記事は2019年12月13日に Adobe Stock Team により作成&公開されたThe Art of the Still Lifeの抄訳です。

*ヘッダーイメージ:Rein Janssen / Adobe Stock

POSTED ON 2019.12.27