Adobe Behanceでのクリエイター支援:求人情報サービスおよびポートフォリオサイト公開サービスを期間限定で無償提供します

Creative Cloud

さまざまなことが不安定になっている現在の状況でも、アドビは世界中のクリエイターとビジネスのコミュニティーをサポートすることをお約束します。私たちは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がクリエイティブプロフェッショナルに与えている影響の大きさを理解しており、クリエイターが自分の作品を発表し、クライアントの目にとまることを支援したいと考えています。この目的のもと、コミュニティが必要とするサポートを確実に受けられるよう、以下の2つのアップデートを発表します。

Adobe Talentへの求人掲載が5月31日まで無料となりました

私たちはBehanceの求人情報セクションであるAdobe Talentを通じて、クリエイティブコミュニティに可能な限り多くの求人情報へのアクセスを提供したいと考えています。募集中の求人情報がより広くコミュニティーに周知されるよう、アドビはすべての企業およびリクルーターを対象に、Adobe Talentへのクリエイティブ職の求人情報掲載を5月31日まで無償とします。Behanceに掲載された求人への応募はこれまで通り完全に無料です。求人情報を投稿はこちらからどうぞ。

Adobe Portfolioを使ったポートフォリオの作成と公開が60日間、誰でも無償で利用可能になりました

Adobe Portfolioは、クリエイターがこの不確実な状況を乗り切るための支援を行うサービスであり、私たちは皆さんの存在がオンライン上で企業の目にとまることが非常に重要であることを認識しています。そこで、本日から5月31日までの期間限定で、どなたでも無償でAdobe Portfolioを作成し、公開できるようにしました。公開期間は60日間です。ホスティングは無料でページ数の制限もありません。、今すぐポートフォリオの構築を始めましょう。初めてのポートフォリオを公開するにはこちらにアクセスしてください。

私たちの目標は、コミュニティーにクリエイティブ活動の機会を提供することです。アドビは、この困難な時代を乗り切るための支援とリソースを皆さんにご提供することをお約束します。

Behanceとは

Behanceは、2005年に誕生した、世界中のクリエイターが自身の作品を公開しているソーシャルネットワークサービス(SNS)です。デザイナー、イラストレーター、フォトグラファー、CGアーティストなど、世界100か国以上から約1800万人のクリエイターが登録をしており、自身の作品をBehance上に公開しています。他のクリエイターの作品から刺激を受けたり、ヒントを得たりするだけでなく、自分の作品を公開して評価やコメントをもらったり、そこからビジネスにつながることもあります。

この記事は3月21日に公開されたAdobe Talent and Portfolio Are Now Free Through Mayの抄訳です。

POSTED ON 2020.04.28