山下清「長岡の花火」を塗り絵に。今年の夏は、塗り絵で花火を楽しもう! #AdobeFresco

Creative Cloud Design

今年の夏は、新型コロナウイルスの影響により、全国で開催されるはずであった多くの花火大会が中止となりました。夏の日本の風物詩である花火を夜空に見ることができないのはとても残念です。そこで、誰もが花火の美しさや力強さを感じることができるよう、山下清氏の作品「長岡の花火」をお借りして、塗り絵にすることにいたしました。

山下清氏は、北海道から沖縄まで良質な花火を求めて旅をした花火愛好家としても知られています。切り絵でありながら、作品に宿る花火の美しさや力強さは、新型コロナウイルスに打ち勝つ力が宿っていると思います。多くの方が、この塗り絵に色を塗ってくれることで、日本が困難な時期を乗り越える希望と勇気になると願っています。

「長岡の花火」塗り絵ダウンロード

塗り絵のファイルは、PSD、JPG、PDFでご用意しました。アドビのイラストツール「Adobe Fresco」は、PSDファイルにも対応しているので、この機会にぜひお試しください。タブレット端末をお持ちでない方は、JPGやPDFでプリントアウトしてお楽しみください。

今回、山下清作「長岡の花火」を塗り絵にするにあたり、多大なるご協力をいただいた山下清作品管理事務局の山下浩氏は下記のように述べています。『放浪画家と言われた山下清ですが、実際の放浪ではほとんど絵を描いていません。旅先で見た風物を自分の脳裏に鮮明に焼きつけ、東京に帰ってから自分の記憶によるイメージを描いていたのです。その代表作が「長岡の花火」です。山下清は一瞬の輝きで消えてしまう花火を脳裏に焼き付け、それを自分のフィルターを通した画像として作品として仕上げていたのです。皆様も自分のイメージによる花火を描いて楽しんでいただきたいと思っています。』

ぜひ、思い思いに「長岡の花火」に色をぬって、花火大会ができるようになる未来を願いましょう。

また、アドビは初心者でも塗り絵を始められるよう、新しいウェブコンテンツを作成いたしました。ぜひそちらも併せてご覧ください

POSTED ON 2020.07.28