Adobe Capture 2019年12月アップデートリリース提供開始 2つの新しい機能が登場#AdobeCapture

Creative Cloud Design

今年も終わりを迎えようとしていますが、Adobe Captureチームは新しい機能をアプリに追加する作業に取り組んできました。これはどこでも簡単に素材作りができるようになる機能で、これまでにあったCaptureへのご要望の中で最もリクエストの多かった機能の2つです。これらはホリデーシーズンの前に滑り込みでご提供いたします。

カラーシェイプの作成

Captureを使ってハイコントラストなシェイプを作成することは、デザインをするうえで定番のタスクとなっていますが、今回の機能追加により詳細なフルカラーのベクターシェイプ作成をモバイルデバイスだけで完結できるようになります。アプリの「シェイプ」を選んで、左上のアイコンでモノクロとカラーを切り替えられるようになりました。

「編集」パネルで、切り抜きや、消去(消しゴム)、描画、塗りつぶしを行なったり、シェイプに含まれる色の数を減らしたりすることもできます。ベクター変換したシェイプはプレビューできますので、Creative Cloudライブラリに保存する前に確認することができます。

現在、カラーシェイプはiOS版でのみ使用できる機能です。

ライブラリに保存したカラーシェイプは、IllustratorPhotoshopInDesignAnimateなどですぐに活用できます。

パターンビルダー を使ってシェイプからパターンを作成

こちらはAndroidまたはiOSタブレット専用ですが、パターンを作成する新しい方法を追加しました。最新版のCaptureでは、ライブラリ登録されたベクターシェイプから自分だけのオリジナルパターンの作成が可能になります。シングルカラーのシェイプを複数選び、アプリに装備された正確なスナップグリッド 機能を活用して組み合わせ、カラフルかつシームレスなパターンを作成できます。豊富に用意されたタイルパターンを切り替えながらデザインの無限の組み合わせを確認できます。パターンはパターンタイルとして保存され、PhotoshopおよびIllustratorで活用することができます。

「ライブラリ」下部にある、カメラアイコンの横にある+記号をタップすると、パターンビルダーの操作画面が現れます。

Adobe Captureの最新リリースの詳細については、こちらをご参照ください。

モバイルデバイスで撮影した写真をカラーテーマ、パターン、文字、マテリアル、ブラシ、シェイプといったアセットに変換しましょう。アセットはお気に入りのデスクトップおよびモバイルアプリ(Adobe Photoshop、Illustrator、Dimension、XD、Photoshop Sketchなど)から直接アクセスできるCCライブラリに保存されるので、あらゆるクリエイティブプロジェクトで活用することができます。

この記事は2019年12月16日に公開されたIntroducing the December Release of Adobe Capture の抄訳です。

POSTED ON 2019.12.17