アドビとレディー・ガガ、ニューアルバム「Chromatica(クロマティカ)」をテーマにした作品コンテストを開催

Creative Cloud Design

6枚目となるスタジオアルバムで、レディー・ガガは彼女の目を通したクロマティカを表現しています。今度はあなたが、好きなアドビのクリエイティブアプリを使ってそれを表現してください。$10,000相当の賞金とご自分の作品のプリント(レディー・ガガ直筆サイン入り)を獲得するチャンスです。

グラミー賞受賞アーティストであり、カルチャーアイコンでもあるレディー・ガガは今回、アドビならびに米国最大手のイベントプロモーション企業のLive Nationとコラボレーションした作品コンテストを実施し、6枚目のアルバム「クロマティカ」の世界へ誘います。彼女が皆さんに出す今回のコンテストのテーマは、クリエイティビティを駆使して、自分が感じる「クロマティカ」を作品化することです。

レディー・ガガが厳選したアセットと想像力をフル活用し、自分にとっての「クロマティカ」とは何かを表現してください。Adobe PhotoshopAdobe IllustratorAdobe Sparkなど、お好きなアドビのクリエイティブアプリを使ってご応募ください。

セルフポートレートから、「クロマティカ的精神状態」といった抽象表現まで、どのような形態でも構いません。想像力に限界は設けず、可能性は無限です。作品にはハッシュタグ「#LadyGagaxAdobe」を付けて、InstagramまたはTwitterに投稿してください。応募期限は2020年7月21日までです。ハッシュタグをフォローすれば、他の応募者たちの作品を楽しむこともできます。

グランプリ受賞者には以下が贈られます:

  • 賞金$10,000(または現地通貨相当額)
  • ご自分の作品の高品質プリント(レディー・ガガ直筆サイン入り)
  • Adobe Creative Cloudコンプリートプラン12ヶ月サブスクリプション

レディー・ガガは、今回のコンテストについて「これまでファンのみなさまには多くのアートを通愛とクリエイティビティ表現続けていただけており、非常に嬉しく思っています。みなさまにとってのクロマティカを見るのをとても楽しみにしています」と語っています。

また、アドビのエグゼクティブ バイスプレジデント兼CMOのアン ルネス(Ann Lewnes)は「アドビのミッションは常に、つくる力をすべての人に届け、クリエイティブに自己表現ができるようにすることです。今、不平等に対して声を上げ立ち向かい、新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大に対応し、異なる立場の人々の橋渡しをするため、人々がクリエイティビティをこれまでになく発揮しています。私たちのクリエイティブコミュニティで、あらゆる人々が連帯して結びつく世界をイメージし、創造するためのサポート役として、この宇宙で最もクリエイティブで思いやりに溢れた人のひとりであるレディー・ガガさんよりもふさわしい人物はいないでしょう」と述べています。

アドビとLive Nationは今年、共同キャンペーン「Adobe Creativity Tour(英語)」を通じ、自分の作品を世界で共有するための機会をクリエイターに提供しており、このコンテストはその一環として実施されます。

アーティストのマシュメロ(Marshmello(英語))からのお題に挑む「クリエイティブチャレンジ」のようなコンテストから、エレクトリック・デイジー・カーニバル(Electric Daisy Carnival)、ロラパルーザ(Lollapalooza)、ブードゥー・ミュージック+アーツ・エクスペリエンス(Voodoo Music + Arts Experience)、シーヒアナウ(Sea.Hear.Now.)といったミュージックフェスでのVIP体験を獲得できるコンテストまで、Adobe Creativity Tourは、ビッグアーティストたちの前で自分のクリエイティビティを発揮できる、数々のユニークな表現機会を提供します。

Create Your Chromatica」チャレンジへの応募方法やAdobe Creativity Tourの詳細については、https://creativitytour.adobe.com/ja/challenges/chromatica/をご覧ください。 本コンテストは、日本、米国、英国、カナダ(ケベック州を除く)、フランス、ドイツにお住まいの方を対象としています。


私たちアドビは、すべての人が敬意をもって扱われ、平等な待遇を受けるべきであると信じており、ヘイト、不寛容、人種主義に反対するブラックコミュニティを支持します。アドビは、従業員、クリエイター、お客様、パートナーの皆さんすべてを含む私たちのコミュニティを通じ、多様な人々の声を引き続きサポートし、高め、広めていきます。アドビには、すべての人々がそれぞれに社会に帰属し、その一員であると感じられるように、変革を推進する責任があります。私たちは、人種間の不平等や不正に対し、立ち上がって声を上げなければなりません。 

この記事(英語)では、アドビが社内外で変化を起こすために取り組んでいるアクションについてご紹介しています。ぜひお読みください。 

また、私たちの思いは、現在もCOVID-19の危機の影響を受けている多くの皆さんと共にあります。アドビチーム一同、このような状況下で私たちを勇気づける作品を作り続けている世界中のクリエイターの皆さんに感謝の意を表したいと思います。 

この記事は2020年6月24日に公開された、Lady Gaga x Adobe: Create Your Chromaticaの抄訳です。

POSTED ON 2020.06.25