アドビの新たな革新がコンテンツ制作を加速し、顧客体験を変革 #AdobeMAX #CreativeCloud #ExperienceCloud #PremiereRush #AdobeXD #Stock

Creative Cloud Video

シンプルなワークフローでクリエイターとマーケターを連携

現代の消費者は、ブランド企業から単に製品を買うのではなく、エクスペリエンスを買っています。ブランド企業が顧客にとって魅力的なエクスペリエンスを大規模に提供するためには、そのエクスペリエンスを支える大量のコンテンツ制作に、クリエイティブ担当とマーケターの双方が取り組まなければなりません。エクスペリエンス駆動型ビジネスの時代に、ハイペースでコンテンツを制作して成功を収めるには、ブランド企業はクリエイティビティとマーケティングの専門知識およびデータを緊密に連携させる必要があります。

Adobe Creative Cloudはあらゆる業界の企業に、クリエイティビティのポテンシャルをフル活用するツールを提供します。Adobe Experience Cloudはブランド企業に、パーソナライズされたリアルタイムのエクスペリエンスをあらゆるタッチポイントで顧客に提供する能力を与えます。この両者を組み合わせれば、クリエイターとマーケターはともに、優れた顧客体験をスピーディに制作、提供するために不可欠な、大規模展開に耐えうるデザイン機能とコラボレーション機能をすべて手中にできるのです。本日Adobe MAXで、コンテンツ制作を加速し、印象的な顧客体験を実現する、Creative CloudとExperience Cloudの双方を対象としたいくつもの革新を発表します。

Adobe Stockアセットのマーケティングワークフローへの組み込み

まず、Adobe Stockと、Experience Cloudのコンテンツ管理システムAdobe Experience Managerの新しい連携機能を発表します。Experience Manager AssetsExperience Manager Sitesから直接Adobe Stockのアセットを検索、ライセンス購入でき、管理と再利用もツール内から行えます。この連携により、ストック写真のマーケティングワークフローへの組み込みが簡単かつ最適なかたちで行えるため、マーケターとクリエイターは、すべてのチャネルで一貫したデジタル体験を提供できます。

加えて、アドビはGoProとのパートナーシップの下、Adobe Stockのエンタープライズおよび個人ユーザー向けに、厳選されトレンドに沿ったGoProコンテンツの特別コレクションを提供します。これには空撮映像、ライフスタイル、タイムラプス、野外撮影されたビデオが含まれます。

3Dモデルをハイクオリティなマーケティングアセットとして活用

先日、アドビはExperience Manager AssetsとAdobe Dimension CCの連携を発表しました。これは、Dimensionで作成された3Dコンテンツをマーケターが活用し、マーケティングエクスペリエンスに組み込むことを可能にするツールを提供するものでした。本日、私たちはこの連携をさらに一歩前進させます。

今回のアップデートにより、マーケターはExperience Manager Assets内で、異なる色や生地などを定義したマテリアルライブラリを読み込み、3Dモデルに使われている素材を変更することが可能になりました。変更を加えた3Dモデルは、そのまま高品質の3Dモデルまたは2Dのマーケティングアセットのいずれかにレンダリングできます。これを小売業者が導入すると、オリジナルの3Dモデルの素材を変更するだけで、店舗のWebサイトに売れ筋のパンツの新しい柄の画像を簡単に追加できます。再撮影の必要がなくなり、時間的にもコスト的にも大きなメリットがあります。

クリエイターとマーケターのワークフローを連携

本年3月、マーケターとクリエイターのワークフローの連携に向けた私たちのコミットメントを示すAdobe Asset Link機能のプレビューを公開しました。Adobe Asset Link(英語)により、クリエイターはExperience Managerに集約されているデジタルアセットをPhotoshop CC、Illustrator CC、InDesign CCから直接検索、編集して、再利用できます。また、クリエイターはAdobe StockとExperience Managerの新しい連携機能をAdobe Asset Linkを経由して活用することもできます。

Synopsysのコーポレートマーケティング担当コーポレートバイスプレジデントであるデイブ デマリア(Dave DeMaria)氏はこう述べています「Synopsysは長らく半導体回路設計のリーダーですが、新たな市場へと守備範囲を拡大しているところです。このためには、見込み顧客に対し、パーソナライズされ、正しいブランディングに則ったエクスペリエンスを、適切なタイミングで届ける必要があります。Adobe Experience CloudとCreative Cloudはこの目標達成のために不可欠なものであり、私たちのデジタルコンテンツ制作の生産性は40倍も高まりました。Experience Manager AssetsとAdobe Asset Linkを活用することで、コンテンツ制作から配信に至るまでのプロセスを効率化でき、顧客との接点すべてにおいて適切なエクスペリエンスをタイムリーに提供できるようになるでしょう。」

数千もの広告クリエイティブの大規模展開

さらに本日、Creative Cloudで作成したアセットをマーケターがAdobe Advertising Cloud上で直接編集して利用できるようにする、新しいセルフサービスプラットフォームであるAdobe Advertising Cloud Creativeの一般提供を発表しました。マーケターはそれらのアセットが使用されている広告クリエイティブに直接シンプルな変更を加え、最適化し、サイズの異なる複数のターゲット広告枠に一斉配信することが、デザインチームやエージェンシーの手を借りずに行えます。

Adobe Advertising Cloud Creativeは広告チームとクリエイティブチームがより効果的にコラボレーションし、新しいメッセージとデザインをすばやく公開し、デザインを一からやり直すことなく、数千もの広告クリエイティブを作成することを可能にします。

これまでにないスピードを実現

本日、企業内デザイナーのコンテンツ制作の迅速化と新メディアへの対応を可能にする、以下の革新も発表しました。

  • Premiere Rush CC:新しいクロスプラットフォームでオールインワンのビデオ編集アプリです。Premiere RushはPremiere Pro CCならびにAfter Effects CCとシームレスに連携し、アプリ内からプロがデザインした数々のモーショングラフィックステンプレートに直接アクセスできます。さらに、プロ仕様のカラーおよびサウンド編集機能を備えています。企業内デザイナーは、ビデオ撮影と編集およびオンライン投稿をこれまでになく迅速、簡単に行えます。
  • Adobe XDの新機能:モバイルアプリとWebサイトのデザインとプロトタイプ作成のためのオールインワンのUX/UIソリューションAdobe XDにSayspringのテクノロジーが導入され、デザイナーはAmazon AlexaやEchoのような音声対応デバイスのためのエクスペリエンスやアプリのプロトタイプを作成できます。
  • Adobe Creative Cloudライブラリのアップデート:Creative Cloudのアセットを保管するCCライブラリに、新しくカスタムグループの作成機能とそのグループ内でのアセット並べ替え機能が追加されました。クリエイターは、ライブラリ内のエレメントの使用法についてのコメントが追加できるため、CCライブラリを企業のスタイルガイドとして用いることもできます。CCライブラリはAdobe Bridgeと連携し、Creative Cloudエンタープライズ版メンバーのコンテンツ制作と管理が効率化されます。

優れた顧客体験は優れたコラボレーションによって作り出されるものであり、顧客の期待に応えるには、クリエイティブチームとマーケティングチームならびにデータのシームレスかつ効率的な連携が不可欠です。Adobe MAXでは、ぜひエンタープライズトラックのセッションに参加して、アドビのクラウドが提供するスピードと規模拡張性とコラボレーション機能に触れてください。

この記事は、2018/10/15(米国時間)にポストされたNew Adobe Innovations Unlock Content Velocity to Transform Customer Experiencesを抄訳したものです。

POSTED ON 2018.10.15