2019年8月 Lightroom アップデートを提供開始 #Lightroom

Creative Cloud Photo

2019年8月のアドビ フォト製品アップデートは、Mac App Store、iOS App Store、Google Play Storeからダウンロード提供しており、Creative Cloudデスクトップアプリからも入手可能です。

Lightroom ClassicおよびAdobe Camera Rawの機能強化

デスクトップ向けフォト製品であるLightroom ClassicとAdobe Camera Rawのアップデートの提供を開始しています。今回のアップデートは、パフォーマンスおよびワークフローの強化が中心となっています。

GPUによる編集の高速化

対象:Lightroom Classic、Camera Raw
Lightroom ClassicとCamera Rawが、従来よりもさらに高性能なグラフィックカード(GPU)の機能を活用できるようになり、よりスムーズで応答性の良い画像編集が行えます。GPUによる高速化は、4K以上の高解像度モニターを使用し、高性能なGPUを装備している場合に、より顕著に感じられます。

PNG書き出し対応

対象:Lightroom Classic、Camera Raw

PNGは、人気の高い可逆圧縮ファイルフォーマットであり、広くWeb上で利用されています。これまでもLightroomとCamera RawでPNG形式ファイルをインポートし、開くことができましたが、今回、写真をPNG形式で書き出す機能を新たに追加しました。

ライブラリモジュールの強化

対象:Lightroom Classic
Lightroom Classicのスピードおよびパフォーマンスの強化に継続的に取り組んでいます。その一環として、ライブラリのフォルダーをブラウズする際のパフォーマンスを大幅に向上しました。

コレクションへのカラーラベル割り当て

対象:Lightroom Classic


Lightroom Classicのカラーラベルは、写真をグループに分類して迅速かつ視覚的に把握するための機能として長く使われていて、先日はフォルダーへのカラーラベル割り当ても可能になりました。今回のアップデートでは、コレクションにカラーラベルを割り当てられるようになりました。コレクションやコレクションセットおよびスマートコレクションがカラーラベルの割り当てに対応したことで、目当てのものをよりすばやく探し出せます。

HDR、パノラマ、HDRパノラマのバッチ結合

対象:Lightroom Classic

バッチ処理は、処理に時間がかかる複数の作業をまとめてコンピューターに実行させることで、各タスクの完了を待つ必要をなくし、ワークフローを高速化する優れた方法です。今回のLightroom Classicアップデートで、HDRおよびパノラマ結合のバッチ処理が可能になりました。結合をバッチ処理するには、まず結合させたいHDRまたはパノラマのスタックを作成します。このとき選択するスタックはすべてHDR用あるいはパノラマ用のいずれかに統一し、別の種類が混入しないよう気をつけます。つぎに、結合したいスタックを複数選択したうえで「写真/写真を結合」メニューアイテムから適切な結合オプションを選択します。

Lightroomエコシステム全体の新機能

クラウド中心のフォト製品Lightroomエコシステムとしての今回のアップデートには、削除した写真の復元、5月にリリースされたアプリ内学習ツールの強化、検索機能の強化が含まれています。

削除した写真の復元

対象:Lightroom(Mac版、Windows版、iOS版、Android版、ChromeOS版およびlightroom.adobe.com)

Lightroomアプリすべてに「削除済み」フォルダーが搭載され、誤って削除してしまった写真でも60日以内なら復元できるようになりました。無償バージョンのLightroomの場合、写真の復元はその写真の削除を実行したデバイス上からのみ可能です。Creative Cloudメンバーまたはプレミアム機能購入者は、アカウントに紐付けられたデバイスすべてで写真の復元が行えます。

作例写真からプリセットを作成

対象:Lightroom(iOS版、Android版、ChromeOS版)

「見つける」セクションの作例写真は、2019年5月リリースで導入され、写真の編集プロセスをステップバイステップで確認できるものです。今回、その編集プロセスをプリセットとして保存し、自分の写真に適用可能となりました。「見つける」セクションにある作例写真を開き、右上の3点アイコンメニューから「プリセットとしてダウンロード」を選択します。新規作成されたプリセットは、プリセットライブラリ内に、もとの作例写真の名前を含んだ名称で保存されます。

検索オプションの強化

対象:Lightroom(iOS版、Android版、ChromeOS版)

iOS版、Android版、ChromeOS版Lightroomに、3つの自動補完検索ツールが追加され、これまでになく写真の検索が便利になりました(この機能は、Windows版およびMac版Lightroomにはすでに搭載済みです)。特定のレンズ焦点距離の写真、RAW、HDR、パノラマといった種類、深度マップの有無を条件として検索することができます。使い方は、検索バーに「レンズ焦点距離:」、「種類:」、「深度マップ:」と入力すると、検索の自動補完機能によりカタログ内で利用可能なオプションが表示されるので、それを選択します。

メタデータの一括編集

対象:Lightroom(Android版、ChromeOS版)

編集操作を一連の写真すべてに一挙にコピー&ペーストできるのに加え、複数の写真を選択し、それらのメタデータを一括変更することが可能になりました。選択したすべての写真のタイトル、キャプション、著作権、評価、フラグフィルターなど、メタデータを同時に更新できます。iOS版にはまもなく搭載される予定です。

新機能の詳細

各製品の強化点とアップデートについては、それぞれの「新機能」ページをご確認ください:
Lightroom Classic
Camera Raw
Lightroom for Mac and Windows
Lightroom for iOS
Lightroom for Android

この記事は2019年8月13日に公開されたAugust Photography Releasesの抄訳です。

POSTED ON 2019.08.20