Creative Cloud Windows版およびMac版の必要システム構成の変更について

Creative Cloud

アドビのツールを最高のパフォーマンスでお使いいただくために

現在私たちが準備中のCreative Cloudの次期メジャーアップデートに向け、必要システム構成が変更されますのでご説明します。最新OSの機能とテクノロジーを活用するため、Creative Cloudの次期メジャーアップデートからはWindows 8.1、Windows 10 v1511とv1607、およびMac OS 10.11(El Capitan)がサポート対象OSから除外されます。なお、次期メジャーアップデートに含まれるCreative Cloudアプリケーションの多くは、Windows 7は引き続きサポートします。Adobeのビデオツールおよびオーディオツールの必要システム構成の変更に関する詳細はこちらのブログ(英語)をご覧ください。

Windows 8.1、Windows 10 v1511とv1607、Mac OS 10.11(El Capitan)をお使いの方は、引き続き現行バージョンおよび旧バージョンのCreative Cloudアプリケーションをインストールし、ご使用になれます。ただし、サポート対象バージョンのWindowsかMacOSでなければ、次期メジャーリリースのCreative Cloudをインストール、実行することはできません。

アプリケーションのインストールを管理するCreative Cloudデスクトップアプリは、引き続きWindows 7以降とMac OS X v10.9以降で動作します。

より新しいバージョンのWindowsおよびMac OSに開発努力を集中させることで、最新のハードウェアを活用した最高のパフォーマンスを実現すると同時に、皆さんが最も必要としている機能の開発に注力することができます。Creative Cloudアプリケーション現行バージョンの必要システム構成の詳細はこちらをご覧ください。

この記事は2018/8/24にポストされたUpcoming Changes to Creative Cloud OS Support for Windows and Macを抄訳したものです。

POSTED ON 2018.09.6