Adobe Creative Cloudビデオ&オーディオ製品 2020年6月アップデートのご紹介ーPremiere ProにAdobe Stock オーディオ追加

Adobe Stock Creative Cloud Video

本日、Adobe Creative Cloud全体に渡る大きなアップデートが発表されました。ビデオ製品では、Adobe Premiere ProがAdobe Stock オーディオとの連携を搭載しました。同時に、Adobe After Effectsの「ロトブラシ2.0」、Premiere Proの「シーン編集検出」機能、Premiere Rushの「エフェクト」パネル(オートリフレームと「パン&ズーム」を搭載)など、製品に近日搭載予定の新機能も、プレビュー公開でベータプログラムを通じて提供開始しています。本日リリースしたバージョンには、Premiere Proのファイル読み込み速度向上をはじめとするパフォーマンスの強化、Auditionにおけるオフラインファイルへのリンクサポートの改善、Apple Afterburnerのサポート、新しいカメラフォーマットのサポートなど、他にも多くの強化を実施しています。

Adobe Premiere ProAdobe Stock オーディオを追加

音楽は、ビデオコンテンツにエネルギーと生命を吹き込み、ストーリーを補強する役割を果たします。Premiere Proの最新リリースにはAdobe Stock オーディオが組み込まれ、この新しい統合によってビデオに最適なサウンドトラックを簡単かつ効率的に探せるようになりました。Adobe Stock オーディオは、Epidemic SoundやJamendoなど、最高峰の業務用音楽ライブラリプロバイダーから数千もの音楽クリップを集めており、音源探しの手間を省くことができます。この統合により、Premiere Proはオーディオトラックの検索とプレビューからライセンス取得までのすべてを編集ワークフローを離れずにできる、市場で唯一の製品となります。

    • 検索:編集スペースから離れずに、何千以上もの高品質なロイヤリティーフリーの音楽トラックの中からストーリーにぴったりのサウンドトラックを探せます。ムード、ジャンル、テンポ、尺に基づいて音楽を選べます。
  • プレビュー :「タイムライン同期」機能を使えば、異なる音楽トラックを編集に組み込んだ状態で試すことができます。この機能はエッセンシャルサウンドパネルに搭載され、タイムライン上の編集と同期させながら、複数の音楽を連続してテストすることができます。
  • 編集:オーディオの透かしに邪魔されることなく、音楽でストーリーを構築できます。完成まで、透かしが入らないプレビューオーディオファイルを使って編集あるいはミックスなあどの作業することができます。ライセンスは、結果に満足し使いたい音楽の分だけを取得していただきます。
  • ライセンス:エッセンシャルサウンドパネルまたはプロジェクトパネル上で数クリックするだけで音楽トラックのライセンスを簡単に取得し、すぐに編集に戻れます。ライセンス取得が完了すると、編集中に使われていたプレビューファイルが編集全体にわたり自動的に高品質バージョンに置き換わります。

このように、Adobe Stockを統合することで、編集ワークフローを離れずにアセットを利用できるようになるため、ビデオコンテンツの制作者はより効率的により良い作品を作ることができます。Adobe Stockには現在、オリジナルのHD/4Kビデオ、プロがデザインしたモーショングラフィックステンプレート、音楽などが含まれています。

Adobe Sensei搭載の新機能プレビュー

人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)のプラットフォームであるAdobe Sensei(英語)によって、時間のかかる制作作業を高速化し、エディターやアーティストがクリエイティブなプロセスに集中できるようにします。今回のリリースと並行して、私たちはPremiere Pro、After Effects、Premiere Rushに追加予定の、Adobe Senseiを搭載した新機能をいくつかプレビュー公開します。

    • Premiere Proの「シーン編集検出」機能は、書き出し済みまたはアーカイブされたビデオファイルをAdobe Senseiを活用して分析し、シーンの切り替わりをピンポイントで特定します。従来のヒストグラムを用いたソリューションと異なり、このPremiere Proの新しいテクノロジーには機械学習が使われています。そのため、常に信頼性の高い成果を得られ、ユーザーは時間を節約することができます。編集ポイントを検出して自動的にカットとマーカーを追加し、レンダリング済みのファイルを編集可能なタイムラインへと変換するので、カラーコレクションやリフレーミングなどをクリップごとに調整することが可能になります。

  • After Effectsの「ロトブラシ 2は、より多くのユーザーがロトスコープ(被写体をトレースしてアニメーションやVFXに使う手法)を使えるようにします。この機能は最初に「Project Fast Mask(英語)」としてプレビュー公開されたもので、Adobe Senseiの機械学習アルゴリズムにより、従来よりも正確なマットを生成してビデオシーケンスの背景から前景の要素を切り抜くことができます。使い方は、参照フレーム上で切り抜きたいオブジェクトをブラシで塗るだけです。必要に応じて髪の毛などのテクスチャ―部分に境界線の調整を適用することもできます。Adobe Senseiによって、ロトブラシ 2はオブジェクトを自動的にトラッキングしてモーションに追従するので、時間のかかる手作業によるフレーム単位のロトスコープ作業が不要になります。
  • Premiere Rushのオートリフレームは、ビデオ内のアクションを識別し、異なるアスペクト比に変換するときに、最も重要な部分をフレーム内に保持する機能です。Premiere Proで初めて導入されたAdobe Senseiによるオートリフレームは、スマートフォンを含むどのデバイスで作業をしていても、ソーシャルメディアチャンネル用にコンテンツを再フォーマットできるようになります。

また、Premiere Rushでは将来的にオートリフレーム、トランジション、「パン&ズーム」を含む新しい「エフェクト」パネルが提供されます。パン&ズームは、静止画を横断してパンしたり、ズームインまたはズームアウトするモーションを生成する、ビジュアルストーリーテリングのための新しいオプションです。

ここでご紹介したようなプレビュー公開中の新機能のテストにご興味のあるユーザーは、Creative Cloudデスクトップアプリの「ベータ版アプリケーション」セクションからアドビのビデオ&オーディオ製品のベータビルドをダウンロードすることができます。

以下の新機能ページもあわせてご覧ください:

この記事は6月16日に公開されたAccelerate Workflows and Craft Better Stories With Adobe Creative Cloud Video and Audio Applicationsの抄訳です。

POSTED ON 2020.06.16