アドビのビデオ製品で制作時間をさらに短縮 #PremierePro #IBC2019

Creative Cloud Video

放送番組や動画作品制作をさらに高速化するアドビのビデオソリューションをIBC 2019でぜひご覧ください

放送の映像制作現場ではクオリティと正確性には妥協が許されません。納品期限は絶対で、制作スケジュールの算出も正確に行う必要があり、なおかつそれらはみな、日々の制作が不具合なく進行することを前提とします。そのような環境下においてPremiere Proをはじめとするアドビ ビデオ製品の機能はいかんなく発揮すると言えるでしょう。

IBC 2019において、アドビはさらなる制作時間の効率化で動画コンテンツクリエイターを支援する新たなワークフローやソリューションを披露します。また、Premiere Proに近日搭載予定の新機能も本日発表しました。

  1. すぐに制作が開始可能に:Premiere Proでは、多種多様なメディアフォーマットに対応しているため、すぐに編集に取り掛かれます。
  2. テンプレート活用による作業迅速化:カスタムのプロジェクトテンプレートを作成することで、ワークフローを標準化できます。
  3. 映像編集の効率化:さまざまなワークフローに柔軟に対応するPremiere Proなら、エディターは自分の思うままに作業を行えます。
  4. 映像編集環境でのグラフィックス編集:モーショングラフィックステンプレートを活用すれば、After Effectsの機能を映像編集環境に直接持ち込めます。アプリを離れることなくアニメーション、タイトル、ローワーサードなど多様なグラフィックスのカスタマイズができます。
  5. オーディオ調整の迅速化:「エッセンシャルサウンド」パネルはオーディオのミキシングを驚くほど簡単かつ迅速にします。
  6. 無駄のないワークフローで書き出しを高速化:どんな動画プラットフォームやプレイアウトシステムに対しても、仕様要件に最適化された書き出しができます。
  7. 各種連携機能による作業迅速化:300を超えるテクノロジーパートナーがアドビの制作プラットフォームを拡張する連携機能を提供し、制作スタジオの経費節約と納期短縮を支援しています。

Premiere Proに近日搭載予定:オートリフレーム

さらに本日、多種多様なプラットフォームへのコンテンツ供給が求められる現在においてなくてはならない新機能がPremiere Proに搭載予定であることも発表しました。Adobe Senseiを活用したこの「オートリフレーム」は、ビデオコンテンツを正方形から縦型あるいは映画フォーマットの16:9まで、さまざまなアスペクト比の画面に収まるようインテリジェントにトリミングする機能です。この機能は、この春After Effectsに搭載された「コンテンツに応じた塗りつぶし」と同様、手作業に頼っていた制作タスクをクリエイターによるコントロールを損なうことなく迅速化する、人工知能と機械学習を活用したAdobe Senseiテクノロジーのひとつです。私たちがここ10年以上にわたり開発を重ねてきた人工知能および機械学習由来の機能は、Adobe Senseiを通じて続々とアドビの基幹プロダクトに搭載されています。

オートリフレーム機能は、異なるプラットフォームへのコンテンツ最適化に苦慮されている放送業界をはじめとする皆さんの納期短縮にきっと役立つものとなるでしょう。IBCでは、ぜひ私たちのブース(Hall 7-7 .B35)にお立ち寄りください。重要なコンテンツを残しながらフッテージをトリミングするために、自動的にビデオを解析して画面のクロップやフレームのパン(移動)を行う、このオートリフレーム機能のデモンストレーションを直接ご覧いただけます。

Premiere Proのダウンロードはこちら

この記事は2019年9月13日(米国時間)に公開されたGet to the finish line fasterの抄訳です。

POSTED ON 2019.09.13