場所を問わずに目いっぱいのクリエイティビティーを Adobe Creative Cloudビデオ製品の最新アップデート提供開始 #PremierePro #AfterEffects #PremiereRush

Creative Cloud Video

アドビは本日、Premiere Pro、After Effects、Audition、Character Animator、Media Encoder、Premiere Rushを含むCreative Cloudのビデオ&オーディオアプリケーションの最新バージョンを提供開始しました。今回のアップデートでは、Apple ProRes RAWのサポート、After Effectsの新しいクリエイティブツール、Character Animatorのワークフローの強化、Premiere ProのAuto Reframeの高速化などのパフォーマンスの向上が提供されます。アドビは、アップデート提供の頻度を高め、安定性とパフォーマンスの向上はもちろん、ユーザーの皆さんのニーズにより迅速に対応していきたいと考えています。同時に、映像のプロやソーシャルビデオクリエイターがどこで作業をしていても、彼らのクリエイティビティーを最大限に発揮できるような、革新的な新機能も提供し続けます。

After Effectsに「テーパー」はじめとした新しいクリエイティブツールを搭載

ビデオ制作の効率性を向上

今回の最新バージョンに追加された新機能とパフォーマンス強化は以下のとおりです。

  • Premiere Pro、After EffectsでのProRes RAWサポートは、ネイティブカメラ形式から配信ファイル形式までをApple ProResで完結できる、包括的なワークフローのためのクロスプラットフォームなソリューションを提供します。
  • Premiere Proのグラフィックス処理が合理化されました。ペンツールのベジェ曲線のサポートが強化され、ラインやシェイプをより正確に作成できるようになりました。また、フィルターエフェクトには、キーフレームを設定した属性または調整済みのパラメーターを持つ属性のみが表示されるため、現在アクティブなエフェクトだけに集中できます。
  • Premiere Proのオートリフレームの高速化。アドビの人工知能(AI)と機械学習技術であるAdobe Senseiに基づくオートリフレーム機能は、ビデオを正方形や縦長などの異なるアスペクト比に合わせて自動的に再構成、再配置することで、ソーシャルメディアやQuibi(英語)のようなコンテンツプラットフォーム向けのワークフローを迅速化します。
  • Windows版の264およびH.265(HEVC)ハードウェアエンコーディングが、NVIDIAおよびAMDのGPUに対応し、これらの広く使われているフォーマットへの書き出しが常に高速化されました。
  • Creative Cloudライブラリのオーディオファイル対応により、Premiere Proのユーザーは、頻繁に使用するオーディオアセットを保存、整理、共有し、CCライブラリパネルから簡単にアクセスできるようになりました。
  • After Effectsのシェイプストロークの種類に「テーパー」が追加され、モーショングラフィックスアーティストがアニメーションやデザインに使えるクリエイティブオプションが充実しました。シェイプレイヤーに、テーパー(先細り)、波状、尖った、または丸みを帯びたストロークを作成できます。ストロークはアニメーション化することもできるため、スタイル化されたルックの作成やモーションデザインにご活用いただけます。
After Effectsの新しいシェイプストローク「テーパー」で流れるような線とアニメーションを作成
  • After Effectsの「同心シェイプリピータ」は、シェイプに適用するエフェクト「パスのオフセット」の新たなパラメーターです。これは、パスの内側または外側に、パスのコピーを放射状に作成し、クールでレトロな雰囲気を持つファンキーなデザインを実現します。
  • エミー賞を受賞したCharacter Animatorの「オートトリガー」機能強化と、タイムラインのフィルタリング機能により、アニメーションワークフローの効率が向上しました。
  • macOS版製品にオーディオハードウェア自動切り替え機能が搭載されました。対象は、After Effects、Media Encoder、Audition、Character Animator、Prelude、Premiere Pro、Premiere Rushです。オーディオデバイスの変更やヘッドフォンの接続など、オーディオ関係のハードウェアの切り替えをOSが認識し、アドビのアプリケーションも自動的に現在のハードウェアを使用するようになります。
  • Premiere Rushユーザーは、FacebookやInstagramの動画のフォーマットに合わせて、プロジェクトのサイズを自動的に4:5のアスペクト比に変更することができるようになりました。また、iOSデバイス上での背面カメラ切り替え機能(iOS 13以降が必要)により、背面カメラからPremiere Rushへの取り込みが可能となり、一瞬のシャッターチャンスを逃しません。また、こちらもiOS版ですが、Premiere Rushのメディアブラウザーにファイルアプリから直接メディアを読み込む機能が追加され、デバイス上のファイルや、別のクラウドサービスに保存されたファイルへのアクセスが簡単になりました。

役に立つリソース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況により、私たちはリモートワーク環境への適応を余儀なくされています。この困難な時期に、コミュニティをサポートするために役立つリソースを以下のリストにまとめました。

アドビ ビデオ製品のソーシャルアカウントをご利用ください

Facebook(すべて英語):Creative CloudPremiere ProAfter EffectsAdobe Video Creators

Twitter(すべて英語):Creative Cloud, Premiere Pro, After Effects, Adobe Video Creators

皆さんのご健康をお祈りしています。

この記事は5月19日に公開されたMaximize Your Creativity, Wherever You Are Workingの抄訳です。

POSTED ON 2020.05.19