Premiere Rush 最新アップデート!オートリフレームがあなたのスマホにやってきた #PremiereRush

Creative Cloud Video

バージョン1.5.25がリリース!

Premiere Rushのバージョンが1.5.25となり、3つの機能追加やアップデートがありました。

今回のアップデートは、オートリフレームの追加とパンとズームの追加(iOS)、タイトルメニューの変更(iOS)です。

この記事ではその概要をご説明します。ぜひiOS版Android版デスクトップ版のRushをダウンロードし、体験してください。

オートリフレーム

 今回のアップデートで、Premiere Proが先行して搭載していた「オートリフレーム」がRushに搭載されました。

この機能は、タイムラインの画面比率と異なる動画を使用した際に、AIが被写体を識別し、それを自動的に画面中央に配置するというものです。例えば、YouTube用の横長16:9のタイムラインをSNS用に4:5などの縦長画角に変更した時などに使うと、画面外に見せたいものがいくことなく、フレームの中に収まった状態になります。

この便利機能がスマートフォンで使えるようになったということで、非常に動画制作の幅が広がり、また、制作にかかる時間を短縮することができます。

この機能は全てのプラットフォームでお使いいただくことができ、適用する動画クリップを選択した状態でエフェクトメニューから使用することができます。

パンとズーム(iOS版)

 リリース当初からリクエストを数多くいただいていたパンとズームがRushにやってきました。

この機能では、静止画に対して、パン(水平方向の移動)と拡大縮小を組み合わせたアニメーションかけることができるものです。

今回はパンとズームのバージョン1のリリースですので、任意の画角への変更はできません。数パターンのプリセットから1つが適用される形で、再適用することで別のパターンを適用することが可能です。今後のアップデートでより自由度の高いパンとズームができるようになる予定です。

この機能はiOS版のみお使いいただくことができ、適用する静止画クリップを選択した状態でエフェクトメニューから使用することができます。

グラフィックメニュー(iOS版)

 今までタイトルメニューとしてご提供していた機能が、よりわかりやすい表示のグラフィックメニューに変更になりました。このアップデートで、タイトルとトランジショングラフィック、オーバーレイと3つにカテゴライズされ、より目的のものが見つけやすくなりました。

解説動画

今回のこれらのアップデートは、2020年8月20日20時から放送されたCreative Cloud道場内で実例を交えながらご紹介しました。

是非ご覧ください!

https://blogs.adobe.com/japan/cc-ccodo-317-premiere-rush/

#MadeWithRush

ご紹介したアップデートを使ってさらに充実した動画制作が可能となりました。

Rushチーム一同、皆さんの作品を拝見することを楽しみにしています。ソーシャルで共有する際は、ハッシュタグ#MadeWithRushおよび#PremiereRushの追加をお忘れなく。

POSTED ON 2020.09.4