ビデオ製品のアップデート:Premiere Proの「クイック書き出し」、モーショングラフィックステンプレートの「メディアの置き換え 」などの新機能を追加

Creative Cloud Video

アドビは、ビデオコンテンツの爆発的な需要増加に直面するクリエイターのニーズに応える継続した取り組みの一環として、Creative Cloudビデオアプリケーションの最新アップデートをリリースしました。新機能には、Premiere Proの「クイック書き出し」、AMD APU向けに最適化されたパフォーマンス、Premiere Rushの言語サポートの拡張などが含まれます。

私たちはクリエイティブなワークフローを充実させ高速化するための取り組みを今後も継続していく予定ですが、その一部を本日からパブリックベータ(英語)として先行公開しました。モーショングラフィックステンプレートの「メディアの置き換え」機能は、After EffectsとPremiere Proを併用したグラフィックスワークフローに新たな柔軟性をもたらします。Adobe Senseiを搭載した「コンテンツに応じた塗りつぶし」は、オブジェクトに当たる照明が変化してもより良い成果物を生成するように強化されました。

アップデートに搭載の新機能

  • Premiere Proの「クイック書き出し」は、よく使う書き出し設定にPremiere Proのヘッダーバーから直接アクセスできる機能で、これによりエディターの作業が効率化します。ソース設定にマッチしたデフォルトの高品質なH.264出力から選択するか、エクスポートファイルのサイズを縮小できるH.264プリセットの短いリストから選択することができます。
  • AMD APU 向けの最適化に伴うメモリ利用の効率化により、4Kシーケンスのレンダリングが最大 4 倍高速化され、よりスムーズな再生が可能になりました。AMDの統合チップセットを搭載したシステムでCreative Cloudのビデオアプリケーションを実行しているユーザーは、アップデートを適用すればすぐにその恩恵を受けられます。パフォーマンスと安定性に関するアドビの取り組みについては、こちら(英語)をご覧ください。
  • Premiere Rushの機能アップデートで、内蔵されているロイヤリティフリーのサウンドライブラリの各オーディオトラックのサムネイル表示が可能となります。これにより、トラックが視覚的に識別しやすくなり、ワークフローがシンプルになります。また、新たにオランダ語、ポーランド語、スウェーデン語、トルコ語、繁体字中国語に対応しました。これでRushは15の言語に対応し、世界中のストーリーテラーがオンラインビデオを作成して共有できるようになりました。

パブリックベータに搭載の新機能

モーショングラフィックステンプレートの「メディアの置き換え」は、After EffectsとPremiere Proを併用したグラフィックスワークフローに新たな選択肢を提供します。モーショングラフィックス テンプレートは、映像制作に最適なグラフィックスツールセットで、ビジュアルとブランドの一貫性を維持しながら、編集作業を非常に効率的におこなえます。モーショングラフィックステンプレートには、任意のテキスト、シェイプ、グラフィックスファイル、ビデオを組み込めます。

新しいメディアの置き換え機能を使えば、従来のテキストやカラーなどに加え、テンプレート内のメディアの入れ替えが可能になります。これに対応するには、モーショングラフィックステンプレートをオーサリングするAfter Effectsユーザーが、テンプレート内のメディアを入れ替え可能なものとして指定しておきます。一方、Premiere Proを使うエディターは、会社のロゴやビデオなど、手持ちのグラフィックをテンプレートにドラッグ&ドロップするだけで即座にカスタマイズできます。これにより、同一テンプレートからの複数バージョン作成や複数言語へのローカリゼーションのワークフローが効率化します。また、ビデオプロジェクト内の要素をテンプレート化するための新しいツールも提供されます。

より速く、正確になったAfter Effectsの「コンテンツに応じた塗りつぶし」は、シーンからオブジェクトを削除する際、照明の変化に対して、より正確に追従するように強化されています。実行後のクリーンアップの必要性が減り、処理がより高速化されたため、ブランドロゴの透かしなど、ショットから邪魔で不要なビジュアル要素を削除する作業をより迅速におこなえます。また、出力ファイルサイズが大幅に削減され、ハードドライブの容量も節約できます。

提供開始時期

Premiere Proでのクイック書き出し、AMD APU向けの最適化、Premiere Rushの新機能は、本日から利用可能です。

モーショングラフィックステンプレートのメディアの置き換えは、After EffectsとPremiere Proベータに含まれており、ユーザーが有効化する必要があります。After Effectsベータ版には、強化された高速なコンテンツに応じた塗りつぶしが含まれています。

この記事は1117日(米国時間)に公開されたQuick Export in Premiere Pro and Media Replacement in Motion Graphics templatesの抄訳です

POSTED ON 2020.11.17