現状に満足していますか?これから始まるデザインの本当に重要な仕事 | アドビUX道場 #UXDojo

Creative Cloud UI/UX & Web

2003年5月、ジョージ・W・ブッシュ大統領は空母のデッキの派手な旗の下に立ち、イラク戦争の「ミッション完了」を大胆に宣言しました。実際にはそれから10年たっても、米軍はますます勝ち目の薄い戦争を続けています。空母の上の講演台に立つブッシュ大統領の悪名高いイメージは、勝利の瞬間ではなく、傲慢さに対する警告として、米国の意識の中に焼き付いています。

私はといえば、どこかのデザイナーが「やっとデザイナーが意思決定に加わった!」とか、「誰もがデザインの価値を理解するようになった!」と言うたびに、このイメージを思い出します。実際には、本当に重要な仕事のすべてがこれから待っているというのに、デザイナーは既に意味のある何かを達成したと考えています。気を引き締めましょう。まだまだやらなければならない仕事があるのです。

安全で安心な場所

デザイナーは愛されることが大好きです。自分の仕事が理解され、評価され、報われる仕事場に入るのを嫌がる人はいないでしょう。デザインに注力していることで非常に有名な企業では、デザイナーに巨大なモニターや、ホワイトボードが一面に広がる部屋が与えられ、「きれいだね。この色を選んだのは君?」とは決して聞かない協力的な人々に囲まれています。デザインに好意的な企業(例えば、Airbnb、Adobe、Ueno)では、デザインのために考える余地と行動する自由があります。

デザインに重きを置く企業のほとんどはシリコンバレーに拠点を置いています。その多くは、消費者向けの製品に取り組んでいる営利企業です。世界の他の地域でも、デザインが最重要視されているのはそれに近い集団が存在する場所、バンガロール、テルアビブ、シンガポール、東京、ケープタウンのような限られた地域です。

審美的に魅力のあるオフィス。
重要なデザインの多くはこのようなオフィスでつくられていない

世界の多くの場所で、デザインは受け入れられておらず、デザイナーはリソースにひっ迫していて、デザインは優先項目になっていません。世界を変えつつある組織の大半はデザインをあまり知らず、デザイナーを求めてはいません。訪問に訪れたデザイナーが何を言っているのかなど理解していないでしょう。

発言権を持つことの意味?

デザイナーが「意思決定に加わった」と言っても、それが何を意味するのかは必ずしも明確ではありません。デザイナーが多くの給与を得ているということでしょうか?役員やチーフオフィサーレベルの役職に就くことでしょうか?重要な会議にデザイナー招かれるということでしょうか?それとも、組織内でデザインが優先され、ユーザーフレンドリーな決定が行われるということでしょうか?

現実を見てみましょう。2020年のいくつかの企業では、デザイナーが大金を稼ぎ、重要な職位に就き、リーダー会議に招待されています。しかし、有名なデザインチームを抱える大企業でさえ、優れたユーザー体験を生み出すための多くの重要な戦いにデザイナーは敗れています。たとえ1千万円以上の給料を得ていても、力は僅かです。ユーザーのために良い製品をつくれない人が、BMWを運転する意味はどこにあるのでしょう?

私たちの多くは、現実の世界で生活する人々にとって有益なユーザー体験を、自分の手で提供できると考えてデザインの仕事を始めました。今の状態で「ミッション完了」を宣言しても、決してユーザーのために戦えるだけの影響力を持つことはないでしょう。

たとえあなたがオフィスの中で最年少のデザイナーであったとしても、自分の声は持っています。デザイナーとしての役割は、常にユーザーを代弁することです。自分にできる方法で、ユーザーの声をチームに伝え、組織が下す全ての決定に反映させるよう試みましょう。これは簡単なことでしょうか?ほとんどの場合にそうではありません。多くの組織では、無視されて、自分の席に閉じこもるように言われるでしょう。

デザイナーたちは、自分たちの主な役割が「人間のための代弁者」であることを次第に見失っています。デザインはこの10年間でどんどん企業化されてきました。ビジネス指標や技術的な解決策を重視してバランスをとろうと努めるあまり、人のために戦い、人々の生活を改善することが主な役割であることを忘れてしまいました。この使命の達成は、長くて険しい道のりです。ユーザーにとって重要な戦いに敗れ、「誰も私の言うことを聞かない」とか、「決めたのは私じゃない」と嘆くデザイナーがあまりにも多くいます。

安全圏の外に出る

リーダーの立場にいるデザイナーなら、行動を起こしましょう。お金を稼いで引退するだけでは十分ではありません。今こそ、安全な場所から抜け出し、これまでに得たものに見合う埋め合わせをする時です。仕事はまだ終わっていません。組織内のデザイナーおよびデザインの擁護者になりましょう。適切な優先順位が設定されるよう支援し、重要なことが評価されるように努力します。世界で最も困難な問題にデザインを適用するために力を合わせましょう

簡単な仕事とは、同じ考えを持つ仲間の集団に向かって説教をすることです。困難な仕事とは、荒野に足を踏み入れ、デザインを重視していない人々にその重要性を示すことです。世界はデザインを適用する機会に満ちていますが、そのほとんどに対して、デザインが成功するための道はまだ開かれていません。

デザイナーとして興味深い就職先は、良いデザインで知られていない会社です。あなたの足跡を残せる可能性は高く、ハイリスク、ハイリターンです。また、競争相手も少ないでしょう。

たいていのデザイナーは、すでにデザインを得意としている企業で働きたいと思っています。

— トビアス・ファン・シュナイダー 2020年2月

数週間前、デザイナーのトビアス・ファン・シュナイダーは、Twitterのフォロワーに向けてまだデザインが確立されていない場所でデザインを適用するよう呼びかけました。大賛成です。デザイナー(あなたのことです)は、新しい重要なデザインのための道を切り開いて、確立する人になることができるのですから。

非営利団体Resolve to Save Lives(20万人以上の高血圧患者を管理するために何百もの病院で利用されているオープンソースのSimpleプロジェクトをご覧ください)における製品およびデザイン部門の責任者として、私はほとんどの時間をインドやバングラデシュの公立病院で過ごしています。何億人もの患者を治療している世界中の医療システムのデザインに関わる機会を持つ熟練したデザイナーは存在しません。

デザインの重要性を示す最良の方法は、結果を示すことです。例えば、私がインドで一緒に働いている何人かの医師は、高血圧の患者により一貫した治療を提供するのに役立つ臨床医向けのポスターをつくりました。医療現場ではよくあることですが、このポスターは忙しい医師がワードプロセッサーを使ってデザインしたもので、簡単な治療手順が、見た目に複雑で理解しにくいものになっていました。そこで数時間かけてIllustratorを使い、ポスターをデザインし直しました。これまでに世に出たポスターの中で最も美しいものではありませんでしたが、実際にとても効果がありました。このポスターは現在、4カ国の何百もの病院の壁に貼られ、患者の治療に影響を与えています。

デザインの価値を示すことができる機会はたくさん存在しています。ポスターはポスターにしかすぎません。しかし、少ない労力で大きな影響を与えることができれば、さらに機会は広がります。最終的には、より多くのデザイナーを巻き込み、より深いレベルでデザインを適用することができるようになります。

Resolve to Save Livesの概況報告書。
Resolve to Save Livesの目標は、中低所得国の1億人の命を心血管疾患から救うこと

本当の変化 = 本当の仕事

デザインで何か素晴らしいことを実現するのは容易ではありません。医療、教育、環境、行政などの分野でデザインの実践を確立するのに成功した人なら誰もが、それが難しいことを知っているでしょう。無視されたり、抵抗されることさえあります。しかし、忍耐と多くのきつい仕事の積み重ねによって、変化は起きるのです。

意外なところにもう花が咲いています。もし10年前に、偉大なデザイナー達が政府の仕事に就くことになると聞いたならば、私はそれを信じなかったでしょう。今日の進歩は、UK Government Digital ServiceUS Digital Service18Fなどのデザイナーたちの努力のおかげで実現しています。そして、ダナ・チスネルのようなデザイナーたちは、より多くの人々にとって民主主義を身近なものにするために長年にわたり努力を続けてきました。

同様に、ヘルスケア業界でも、何人かのたくましいデザイナーたちが何年もかけて足がかりを築いてきました。Tidepool(糖尿病データをよりアクセスしやすく、実用的で意味のあるものにする)や、Medic Mobile(最も医療へのアクセスが不便な地域の健康を改善することが使命)などの非営利団体は、優れたユーザーフレンドリーなサービスを提供するための新たな基準を打ち立てています。ヘルスケアグループのKaiser Permanenteでは、社内のKP design consultancyがデザインの原則を広く適用しています。PillpackOneMedicalFlatiron Healthなどのスタートアップ企業は、デザインがビジネスの立ち上げの成功に最高に役立つことを示しました。

しかし、医療は非常に幅広い領域であり、デザインの影響は表面的なものにすぎません。

tidepool.orgのホームページのスクリーンショット。
Tidepoolはオープンソースの非営利団体で、糖尿病データを利用可能にし、研究者を支援し、糖尿病コミュニティに無料ソフトウェアを提供する

教育もまた、デザインが大きな影響を与える可能性がある分野です。Khan Academyでデザインを担当していたメイ・リ・ホエのようなデザイナーは、何百万人もの人々に質の高い教育を提供しようと努力しています。ペルーのLaboratoriaという組織は、デザイン手法を使って、新しい学習体験を最も必要としている学生に提供していまた。また、Center Centreのデザインリーダーは、デザイン教育自体の再デザインをしています。

ニュースメディアのデザインは何十年もの間注目されてきましたが、質の高いニュースや情報をより多くの人々が理解しアクセスできるようにする大きな可能性がまだ残されています。人々が自分たちの世界を理解するのを助けるために、今まで以上にデザイナーが必要とされています。100年に1度の大流行に見舞われてから数週間の間に、Washington Post紙のデザイナーたちは驚くべきアニメーション付きのチャートを作成し、人々にソーシャルディスタンスを真剣に受け止めるよう説得しました。これは、人々の生活を向上させる方法としてのストーリーテリングの、優れたそしてタイムリーな事例です。

Washington Postのシミュレーションは、社会的距離がCOVID-19の普及をいかに遅らせるかを示している。
Washington Postのシミュレーションは、社会的距離がCOVID-19の普及をいかに遅らせるかを示している。

主流のデザインから外れて仕事をしていると、デザインブログで頻繁に取り上げられることはありません。JT・ホワイト、ステイシー・ラカールトン・バニーのようなデザイナーの名前を聞いたことがない人は多いでしょう。彼らや、彼らのような何千ものデザイナーは、「有名な」デザイナーや「思慮深い」リーダーたちが受ける称賛なしに、難しい問題にデザインを適用するために働いてきました。こうしたデザイナーの多くは、(ちょうどこの記事のように)考えをまとめて書いたり、賞を取ったりすることなく仕事に没頭しているため、その仕事が適切に評価されないのです。

長期戦に備えて気を引き締める

難しい問題は長期的な問題になりがちです。6ヶ月、あるいは数回の週末のハッカソンで直すことができるような、本当に難しい問題はあると思いますか?行政、医療、環境、教育、金融アクセスやその他の分野の本当に困難な問題はすべて長期的な課題です。

私は臨床医が約25万人の患者を管理するのを支援していますが、本当に成功するためには、何千万人もの患者を支援しなければなりません。高血圧というのは、すべての感染症を合わせたよりも多くの人々を死に至らしめている、何百万人もの命を救うかもしれない難しい問題です。長い時間をかけて適用されたデザインは成功の鍵になります。強力な公衆衛生と優れたチームワークと良いデザインを組み合わせることができれば、成功に近づけるかもしれません。

成功を祝うのは良いことです。確かに、デザインはこれまでにないほど評価されています。しかし、デザイナーはまだ上っ面を撫でただけです。「ミッション完了」と言う前に、深く掘り下げ、仲間を見つけ、快適な場所から飛び出して、世界に約束したデザインの真の影響力の行使を実現しましょう。


この記事はMission Accomplished? The Hard Work of Design Is Still Ahead of Us(著者:Daniel Burka)の抄訳です

POSTED ON 2020.05.18