Adobe Sparkが、テレワークなどリモート環境で働く皆さんを支援するため2か月間のクレジットを無償提供 #AdobeSpark

Creative Cloud UI/UX & Web

ここ最近、学校や職場からリモートでさまざまなことを行わなければならないという大きな課題への対応に、皆さん苦慮されていることと思います。特に、オンラインで質の高いコミュニケーションを取り、繋がりを持ち続けることがこれまでになく重要になっています。

そんな中、私たちAdobe Sparkチームは、私たちなりのリソースやコミュニティーの取り組みなどをこれからご紹介する実例とともに共有することで、皆さんが直面している課題や変化への対応を少しでも支援できたらと考え、このブログを公開しました。

これは、強固なオンラインコミュニティーを形成することを支援する取り組みの一環です。状況の変化に応じて最新の情報をお届けする予定です。

Adobe Sparkを2か月間無償化します

このような困難な状況下でもソーシャルメディア、マーケティング、教育への取り組みを継続していただけるよう、プレミアムテンプレートやブランディング機能を含むAdobe Spark個人版プランを2か月間無償化します。世界中のお客様を対象に、今から2020年6月15日まで、Web上でひとつのアドビIDにつき1回限りの特別トライアルにお申し込みいただけば、Adobe Spark個人版プランを2か月間、無償でご利用いただけます。お申し込み方法は以下のとおりです。

すでに有料のSpark個人版プランをお持ちのお客様:特別な行動は必要はありません。既存の月々プランのお客様は、無料で使える次の2回分の請求クレジットをお受け取りください。年間プラン(一括払い)のお客様は、更新時のご請求が12か月分ではなく10か月分となります。お客様は何もする必要はございません。

Adobe Spark有料プランを初めてご利用になる方:こちらのお申し込み方法はWebからのみとなっていますが、Adobe SparkのWebアプリとモバイルアプリのプロジェクトの同期機能はこれまでと変わらず提供されます。お申し込みは必ず、Web上で行ってください。

詳しくはAdobe Spark Supportにログインし FAQのページ(英語)をご覧ください。ご不明な点は、hellospark@adobe.com(英語)までメールでお問い合わせください。

この記事は4月20日に更新されたHere to Help: Resources for Navigating Challenging Timesの抄訳です。

POSTED ON 2020.04.21