iPhoneでたまらなく魅力的な画像を作成、Adobe Post 2.0登場

Creative Cloud

SNSでメッセージを載せたちょっと気を引くいい感じの画像を上げたいなと思うこと、ありませんか? クリエイターの方なら、いつものPhotoshopやIllustratorでさっと創ることができるでしょう。でももっと手軽に、今すぐ、できればiPhoneで! そんな望みを叶えてくれる無償のアプリがAdobe Postです。

Adobe Post Fig1

Adobe Postとは

いい感じの画像を創るのはそれなりにセンスと経験が必要になります。単純に画像、文字、色の編集ができるツールがあるというだけでは魅力的な画像は創れません。Adobe Postには、多くのプロクリエイターが利用する数々のツールを提供しているAdobeが用意したテンプレート、デザインフィルター、フォントセット(現在欧文のみ)があらかじめ用意されています。iPhoneの上でタッチして選ぶだけで、本当のプロのデザインがあっという間に出来上がります。

Adobe Post Fig2

Adobe Postバージョン2.0.0の新機能

  • 正方形以外のサイズをサポート | インスタグラムといえば正方形、でもSNSは他にもあります。バージョン2では、各SNSに最適なサイズを多数用意しました。
    • Instagram、Facebook、Twitter、そしてPinterestに適したソーシャルポスト
    • ソーシャル用ヘッダおよびカバー
    • ブログ用グラフィックおよびバナー
    • YouTubeサムネイル
    • LinkedInバナー
    • Facebook ADs
  • ソーシャル用Auto Resize機能 | ソーシャルにあわせてPostが自動でレイアウトを調整します。
  • Photo Filters | 写真フィルタが強化されました。各フィルタに名前がつき、サムネイルをタップする毎にさらなるオプションが利用できます。

他にも、レイアウトデザインテンプレートの追加、ビデオガイド、などなど、より様々な表現が追加され、よりシンプルに使いやすくなりました。

POSTED ON 2016.03.11