Adobe Stockの歩き方

Creative Cloud

キーワード一発でさまざまな画像を誰でもカンタンに検索できる今日、カタログやチラシ、ウェブサイトや自分自身のSNSアカウントプロフィールなど、気を引くビジュアルコンテンツに気合いを入れてる方もたくさんいらっしゃいます。でも「あれ? これって著作権って大丈夫?」と気になる方もたくさんいらっしゃるのでは。商用の制作物であれば尚更のことです。

Adobe Stockは、その名のとおり「ストックフォトサービス」。アドビ監修による4千万点を超えるロイヤリティフリーの高品質な写真、イラスト、グラフィックの中からキーワードで検索し、画像一枚単位、あるいはサブスクリプションで購入して、著作権の事を気にせず自由にクリエイティブのアセットとしてご利用頂けます。

他のストックフォトサービスと何が違う?

Adobe Stockが持つ膨大な数の画像は、高画質・高品質なだけでなく日本市場で ‘ばっちり’ 訴求する写真が豊富に含まれています。以下のページでさまざまなキーワードの組み合わせで検索してみてください。

Adobe Stockウェブページ

SearchResult

対象を「写真」に限定してキーワード「北谷」で検索後、条件「人物が含まれていない」で絞り込んだところ

一般的に制作作業では、低解像度で透かしの入ったプレビュー画像をダウンロードしてきて試行錯誤し、最終的なコンセンサスが取れた段階で採用された画像のオリジナルを購入、ダウンロード、そして差し替えというワークフローがとられます。Adobe Stockでももちろんすべての画像のプレビューを無償で検索、ダウンロードできます。ここでAdobe Stockの最大のメリットは、プレビューを直接Creative Cloud Libraries (CC Libraries)に保存できることです。CC Librariesに取り込んだプレビューは、その時点からPhotoshop CC、Illustrator CC、InDesign CCのライブラリパネルから利用したり、共有したりできます。

savetolibraries

オリジナルの購入、ダウンロード、差し替え作業もとても簡単です。ライブラリパネル上で右クリック一発で購入、透かしの取れた高解像度のオリジナルがCC Librairesにダウンロードされ、リンク配置されたプレビュー画像が置き換わります。

AdobeStockBuy

オリジナルの購入は直接CC Librariesパネルから可能。ダウンロード後自動的にプレビューを置き換える。

5分で分かる! Adobe Stockの概要と使い方 | Creative Cloud 道場 (動画)

POSTED ON 2015.10.6