クリエイティビティでCOVID-19対策の最前線にいるヒーローたちを称える試みを開始 #HonorHeroes

Corporate Creative Cloud

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による困難な状況の中、私たちはコミュニティとクリエイティビティがいかに世界を変える力を持っているかに気付かされます。

アドビは、世界中の代表的なアーティストやクリエイターたちの力を借りて、COVID-19の危機の最前線に立ち、私たちの安全を守るために日夜努力を続けられている医療機関や公共交通機関、生活必需品の工場や物流、販売に従事するの皆さんに敬意を表します。

クリエイティビティは、私たちを互いに結びつけ、真に心動かされる「人々についてのストーリー」を生み出します。シェパード フェアリー氏(Shepard Fairey)(米国の著名なストリートアーティストでOBEY Clothingの創立者)によるイラストレーション「Guts not Glory(栄光ではなく気概)」は、医療従事者を描いた力強い作品で、まさにこのことを示しています。そしてこの作品こそが今回アドビが発表した新しいデジタルアートコラボレーション企画「Honor Heroes(ヒーローを称える)」(英語)の第一弾なのです。

「『Guts not Glory』は、献身的に医療を支えている数多くの医療従事者のひとりを描いたイラストレーションです。彼らの無私の慈愛と貢献はどんな時でも意義深いものであり、今この瞬間においては特に英雄的なものだといえます。」と、フェアリー氏は述べます。「この最も苦しい時期にあって、栄光を追い求めるのではなく、私たちを守ることに身を挺する人々を称えたいと思ったのです。不安や危機のさなかでも医療従事者が与えてくれる、安らげる暖かさと共感を、この作品から感じてほしいと思います。」

アーロン ドラップリン(Aaron Draplin)ドナ アディ(Donna Adi)ジェシカ ウォルシュ(Jessica Walsh)イグナシ モンレアル(Ignasi Monreal)各氏に代表される世界中のアーティストが、今後数週間にわたって医療機関や公共交通機関、生活必需品の工場や物流、販売に従事するの皆さんの英雄的な努力に着想を得たオリジナル作品を発表します。

「アドビは、私たちの安全を守るために毎日最前線に立つ皆さんに感謝しています。彼ら一人ひとりがヒーローです。そこでアドビは、私たちの素晴らしいコミュニティーの皆さんにお声がけし、それぞれのヒーローを称えるオリジナルの作品を制作していただきました」と、アドビのCMOであるアン ルネス(Ann Lewnes)は述べています。「最も困難な時期にあっても、クリエイティビティには私たちをひとつにする力があるのです」

アドビは既に、米国および世界の各コミュニティに重要な支援を提供している、信頼できる複数の組織に合計300万ドルの寄付を確約(英語)していますが、さらに今回、Honor Heroesキャンペーンの一環として、25万ドルをDirect Relief(医療用品を配布する非営利の人道支援組織)に寄付します。この寄付は、COVID-19の流行で困窮している人々に必要なリソースを供給し、支援するという、アドビの全体的な取り組みの一環として行われます。

TwitterInstagramで「#HonorHeroes」のハッシュタグを使って、皆さんのコミュニティのヒーローを称えるクリエイティブな表現をシェアしてください。COVID-19の影響を直接受けた人々を支援するために、Direct Relief(英語)への寄付もご検討ください。

この記事は4月14日に公開されたUsing Creativity to #HonorHeroes on the Frontlines of COVID-19の抄訳です。

POSTED ON 2020.04.15