こりゃ本当に便利! 共有機能追加の Creative Cloud ライブラリ

Creative Cloud

どこでも、どの端末でも、そしてどのアプリでも自分のアセットを呼び出して利用できる Creative Cloud ライブラリ。この度さらに「共有」機能が加わることにより、会社やチームでアセットを共有して協業できるようになりました。

このアップデートは、世界中のクリエイターからのフィードバックに基づいて実装された機能追加です。それでは、どのようにして利用するのでしょうか?

最新版の PhotoshopIllustrator にアップデート

まず、2014年12月に提供開始となった Photoshop CC 2014 および Illustrator CC 2014 のアップデートを行います。アップデートは、Creative Cloud デスクトップから行ってください。そう、Creative Cloud ライブラリ機能を利用するためには CC 2014 でなければいけません。

PsCC2014Updateアップデートが完了したら、バージョンを確認:

  • Photoshop CC 2014.2.2
  • Illustrator CC 2014.1.1

アップデート後、Photoshop または Illustrator を起動して、ライブラリパネルを確認しましょう。フライアウトメニューをみると、「共同利用…」が追加されていることが確認できます。

CCLib_Share

共同利用を選択すると、ブラウザで Creative Cloud ストレージが現れ、当該ライブラリを共有するメンバーの設定画面が表れます。共有したい Creative Cloud メンバーのメールアドレスを入力し、必要に応じてメッセージを入力し、招待ボタンを押します。

CCLib_ShareSetup

これで共有完了です。共有されたライブラリは、共有アイコンで確認ができます。

shared_Lib_2shared_Lib_1

共有開始および共有メンバーのメンテナンスは、Creative Cloud ストレージ上でも行えます。

CCLibSetup

Creative Cloud ライブラリで管理・共有できるアセットの種類

お復習いですが、Creative Cloud ライブラリに入れておけるアセットの種類を整理しておきます。

CCLib_Color カラー任意のカラーを名前を付けて登録・利用可能
CCLib_ColorTheme カラーテーマAdobe Color CC を使って作成したカラーテーマ
CCLib_TextStyle テキストスタイル任意のテキストスタイルを名前を付けて登録・利用可能
 CCLib_Brush  ブラシAdobe Brush CC で作成したカスタムブラシや、Creative Cloud Market で入手したブラシ
CCLib_Graphic グラフィック

 

共有する前に整理したい!

Creative Cloud ライブラリでは、任意の名称のライブラリを作成して切り替えながら利用できますが、今回のアップデートでアセットをライブラリ間で移動したり、複製することができるようになりました。ライブラリパネル上の動かしたい (複製したい) アセット上で右クリック-これは本当にほしかった機能!

CCLib_Move

関連情報

POSTED ON 2014.12.16

Products Featured

関連製品はありません

Tags

タグはありません