Acrobat DCの「送信とトラック」機能で、大容量のファイルを送信し、ダウンロード状況を追跡する方法 #AcrobatDC

Document Cloud 活用術

アドビの調査によると、オフィスワーカーの43%がメールの添付ファイルが多すぎて効率的に業務を行えなくなっていると回答しています。Acrobat DCの「送信とトラック」機能により、大容量ファイルをメールで送信し、ダウンロードされたかどうか追跡することができます。ファイルはAdobe Document Cloudに安全に格納され、受信者はリンクをクリックするだけでファイルのダウンロードが可能です。

この調査についての詳細はこちらhttps://adobe.ly/2jVVaCl (英語)をご覧ください。

デスクトップ向けAcrobat DCから「送信とトラック」を利用する方法

  1. Acrobat DCで[ホーム]を開きます。
  2. ツールパネルで[送信とトラック]をクリックします。
  3. [送信するファイルを選択]をクリックして送信したいファイルを追加します。
  4. [パーソナライズされた招待状を送信]を選ぶと、ダウンロード状況を追跡可能な個人向けリンクを送ることができます。
  5. 送信先のメールアドレスを入力し、[件名]と[メッセージ]を入力したら、[送信]をクリックします。

OutlookプラグインでOutlookから「送信とトラック」を利用する方法
Outlook用の[送信とトラック]プラグインをこちらからダウンロードします。(追加料金なしで利用可能。Windows 7以降のMicrosoft Office 2010と2013に対応)

  1. Outlookの新しいメッセージウィンドウで[メッセージ]をクリックします。
  2. OutlookのAdobe Send & Track で、[Adobe Send & Track でファイルを添付]をクリックします。
  3. 添付するファイルを参照して選択し、[開く]をクリックします。

詳しくはこちらをご覧ください。

ブラウザから「送信とトラック」を利用する方法

  1. ブラウザでAdobe Document Cloudにログインします。
  2. [送信とトラック]タブをクリックします。
  3. [送信するファイルを選択]をクリックして送信したいファイルを追加します。
  4. [パーソナライズされた招待状を送信]を選ぶと、ダウンロード状況を追跡な個人向けリンクを送ることができます。
  5. 送信先のメールアドレスを入力し、[件名]と[メッセージ]を入力したら、[送信]をクリックします。

Adobe Document Cloudに関するヒント、Tips、手順の詳細は、本BlogのLearnセクションをご参照ください。

POSTED ON 2017.03.10