Illustrator & Photoshop Creative Cloud互換性ガイド 2017年版

Creative Cloud

印刷全般の制作に役立つ情報を不定期に情報発信しています。

今回は2016年11月にアップデートされたCreative Cloud 2017年版のリリースに合わせ、互換性ガイドをご用意いたしました。

最新環境を使いたいけど、互換性って問題ないの?と二の足を踏んでいらっしゃる方も多いと思います。ぜひこちらの情報をご覧いただき、安心してアップデートしてください。

Illustrator CC 2017 互換性ガイドブック

Illustratorのテキスト、アートワークの互換性について、注意点を含めて記載しています。複数バージョンでデータのやり取りを行われる方はご参照ください。

  • Illustrator 2017 リリースの互換性挙動
  • Illustrator 10 以前のバージョンとのテキスト互換性
  • Illustratorのタイポグラフィ機能
  • 近年の機能強化ポイント
  • 出力の際の注意点
  • アートワークの互換性

Photoshop CC 2017 互換性ガイドブック

Photoshopの互換性についてまとめています。比較的互換がとれやすかったPSDファイルも、昨今の新機能を使って作成されたアートワークの中には、下位保存の際ラスタライズが必須になる機能も出てきています。特に新しいバージョン(機能)をお使いの方は、目を通してください。

  • Photoshop 2017 リリースの互換性挙動
  • Photoshopの互換性ポリシー
  • 以前のバージョンとの機能互換性一覧

機能一覧 & OS対応状況(Photoshop/Illustrator/InDesign)

各製品のCS5以降に追加された機能と、各バージョンの動作環境をご確認いただけます。

Photoshop

Illustrator

InDesign

以前こちらのブログでもご案内しましたが、CS6は最新のMac Os Sierraには対応しておりません。ご注意ください
Creative CloudならびにCS6のmacOS Sierra(10.12)サポートについて

POSTED ON 2016.11.11