アドビ、「Adobe Developers Live」イベントで新しい開発者向けツールを発表

Experience Cloud

ここ数ヶ月の間に、ブランドがこれまでにない速さでビジネス戦略を転換しているのを見てきましたが、開発者はこの進化の中心にいます。Forrester社の最近のレポートによると、COVID-19の影響により、開発者の戦略的重要性はあらゆる業界で高まり続けており、開発者は組織にとってより重要な存在となっています。開発者は、常に企業の業務をサポートする熟練した技術要員として見られてきましたが、パンデミックがデジタル戦略の必要性を加速させたことで、開発者は新たな収益源を生み出す上でも重要な役割を果たしています。

アドビでは、多様でグローバルな開発者ネットワークが組織にもたらす価値を認識しています。アドビの開発者(Magentoコミュニティの350,000人の開発者を含む)が持っている創造的な問題解決に対する情熱、複雑な課題への取り組み、アドビのコア機能の拡張により、ブランドは最も複雑なビジネス上の問題を解決することができました。

アドビは9月28日から29日までの間、開発者を一堂に集めた初のバーチャルカンファレンス「Adobe Developers Live」を開催しました。このカンファレンスでは、開発者がアドビアプリを構築、拡張、利用できるようにするための新しい Adobe Experience Cloud の取り組みを発表し、業界全体のカスタマーエクスペリエンス管理を強化します。  具体的には、開発者は、カスタムアプリの構築を可能にする新しいフレームワーク、データ収集を簡素化する新しい方法、ユーザーインターフェイス作成の高い基準を満たすのに役立つライブラリやツールの新しいコレクションにアクセスできるようになります。

Project Firefly によるAdobe Experience Cloudアプリケーションの機能拡張

開発者がアドビのアプリケーション上でビジネス機能を拡張するための柔軟性を高めるために、アドビは、カスタムアプリケーションを構築するための完全なフレームワークであるProject Fireflyを発表しました。

Project Fireflyは、オープンソースの開発および自動化ツールのセットを開発者に提供することで、開発者にカスタムアプリの設計および開発へのアクセスを提供し、開発者の生産性を向上させ、ビジネスの俊敏性を向上させます。例えば、販売データをカスタマイズして表示したいブランドは、Adobe Analyticsのデータを活用したFireflyアプリを構築し、集計ダッシュボードを設計することで、リアルタイムの販売実績を簡単に把握することができます。この場合、Project Fireflyを使用すると、アプリケーションや導入のために多くのメンテナンスを行うことなく、Adobe Analyticsの機能をはるかに簡単に拡張することができます。

Adobe Experience Cloud アプリケーションを拡張するカスタム アプリケーションの開発に興味のある開発者は、無料の開発者プレビューに参加することができます。詳細については、Project Fireflyのホームページをご覧ください。

新しいWebおよびモバイルSDKがデータ収集を簡素化

大規模なデータ収集を合理化することは、リアルタイム体験を提供するための開発者にとって最大の課題の一つとなっています。歴史的に、開発者は別々のデータ収集スタックやライブラリを使用していましたが、相互に動作するように構築されていなかったため、データの展開に不必要な摩擦が生じていました。アドビは最近、Adobe Experience Cloudアプリケーションで活用できる新しいAdobe Experience Platform WebおよびMobile SDKを発表しました。Adobe Experience Platformは、業界初のオープンで拡張性の高いプラットフォームで、ブランドが企業全体でデータをつなぎ合わせることを可能にし、開発者は数秒でデータをファーストパーティもしくはサードパーティのデータ送信先にストリーム配信することができます。

Adobe Experience Platform Launch Server Sideを通じて、開発者はAdobeの新しいWebおよびモバイルSDKと世界規模のデータ収集ネットワークを活用して、これまでブラウザやモバイルデバイスで行っていた作業をサーバーに移すことができます。開発者は、データ収集を簡素化し、ページやアプリのロード時間を短縮するためのサイトパフォーマンスの向上をすぐに実感することができます。これらの機能をすべて単一の製品に統合して提供するプラットフォームは、業界でも他にはありません。アドビは、お客様が透明性を通じて消費者の信頼を築き、プライバシーを念頭に置いたカスタマーエクスペリエンスの向上を支援することに努めています。Adobe Experience Platformは、データガバナンスツールを提供し、ブランドがデータの取り扱う際の利用ポリシーや規制要件を満たしていることを確認できるようにします。

React Spectrum

何千人もの開発者が何百もの製品に取り組んでいる場合、企業がUIの一貫性、アクセシビリティ、国際化、ユーザビリティの高い基準を満たすことは困難です。デザインシステムの普及に伴い、多くの企業が独自のコンポーネントライブラリをゼロから実装しています。しかし、これらのライブラリはすべてのデバイスに完全にアクセスできるわけではなく、アクセシビリティ、国際化、フルキーボードナビゲーション、タッチインタラクションなどの追加機能は、時間とリソースの関係で優先順位が低くなっています。

これらの課題に対処するために、アドビは、開発者が適応性があり、アクセスしやすく、堅牢なユーザーエクスペリエンスを構築するのに役立つライブラリとツールを集めたオープンソースのコレクションであるReact Spectrumを導入し、大規模な顧客の期待に応えます開発者は、React Spectrumを使用して、React Spectrum、React Aria、React Statelyの3つのライブラリを利用して、顧客のWebアプリケーションを構築することができます。

React Spectrum、ライブラリ、特定のコンポーネントについてはこちらをご覧ください。

開発者へのコミットメント

開発者のユニークな要件をサポートするというアドビの取り組みをさらに強化するために、本日、アドビは、Adobe Experience Cloud全体の開発者エクスペリエンスを統合する新しい組織を、デジタルエクスペリエンスビジネス内に設立することを発表しました。この新しい開発者組織は、アドビアプリケーションの拡張やカスタマイズを行う多様な開発者の成長、育成、基盤作りを支援することを目的としています。開発者に特化した専門組織を持つことで、開発者がビジネスにもたらす前例のないほどの多様な視点、創造性、専門知識をより効果的に育成し、この新しい現実を共にナビゲートしていくことができます。

※本記事は、2020年9月28日にコマース製品およびプラットフォーム担当バイスプレジデントのジェイソン ウースリー(Jason Woosley)が投稿したブログの抄訳版です。

POSTED ON 2020.10.1