クラウドネイティブ CMS がコンテンツ配信を迅速かつ容易にする: 今後求められるコンテンツ管理

Experience Cloud コンテンツ管理

コンテンツ管理の世界は変化しています。店舗に入ったときにモバイルデバイスでオファーを受け取ったり、最近の閲覧に基づいてコンテンツをオンラインで見たりするなど、リアルタイムで体験が一般的になりつつあります。

実際、消費者の61%は、企業が自分達を知り、尊重することを期待していると言っています。同様に、消費者体験に関するAdobeの調査によると、57%が常にパーソナライズされた体験を期待していると言っています。

しかし、多くの企業は、関連するリアルタイムコンテンツを提供するのにいまだ苦労しています。Content Management Institute(CMI)によると、64%の企業がコンテンツ管理システム(CMS)を構築していると言っていますが、複数チャンネルごとにコンテンツを個別に作成している企業は約70%にも及んでいます。

あらゆる規模の企業が互いに競争する状況では、市場シェアの確保、成長させるのはますます困難になっています。競争力を維持するために、企業はコンテキストに応じたリアルタイム体験を迅速に提供する必要があります。

Source: Adobe

AIを活用した最新のクラウドネイティブのコンテンツ管理基盤に移行することで、ITとマーケターの両方が、顧客が期待する体験をより簡単で、より速く、よりコストを抑えた形で提供できるようになります。

現在のコンテンツ管理システムをクラウドネイティブシステムに置き換えることのメリットは以下の通りとなります。

  • デジタル体験の作成と配信をスピードアップ
  • 本番環境と DevOps 環境をシンプル化
  • パーソナライズされた体験を最適化する方法の向上

オンプレミス、クラウドベース、またはクラウドネイティブの違いは何ですか?

顧客体験の配信スピードを向上

競合他社よりも迅速に顧客に最適化された体験を市場に投入することは、重要な差別化要素となります。試合のスコア更新をファンに配信する場合でも、顧客にリアルタイムでパーソナライズされたオファーを提供する場合でも、最新のコンテンツ管理基盤は、このような体験をより迅速に実現するのに役立ちます。

現在利用されているCMSはコンテンツ作成、配信速度に問題がある場合があります。一般的に最も大きいのは、テストとセキュリティ要件です。オンプレミスからクラウドベースの CMS に移行した場合でも、オンプレミスサーバ自体の管理タスク(OSの更新や日々のバックアップ/復旧など)は無くなりますが、依然としてコンテンツのデプロイプロセスに時間がかかるケースがあります。

コンテンツ管理システムに新しい機能を追加したり、CMS製品自体をバージョンアップするには、システムをテストする必要があります。多くの場合、テストには時間とコストがかかるため、場合によっては新機能を利用しないと判断せざるを得ない場合もあります。

クラウドネイティブの CMS を使用すると、DevOps チームは、アプリケーションの構築、テスト、ローンチなど、すべてのソフトウェア ライフサイクルを結び付けて、デプロイ作業を迅速化することができます。いわゆるCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)の環境でデプロイを自動化し、DevOps がテストやセキュリティなどデプロイの問題を回避できるようになります。さらに、自動テストは、ダウンタイムやコンテンツ作成の停止のような重大な危機を事前に防止するのに役立ちます。

もう一つの問題は、コンテンツをインターネット上に公開する時間です。CMIによると、78%の企業がコンテンツ管理プロセスにはまだ多くの手作業が必要だと言っており、デプロイタスク自体を自動化できるとコンテンツを市場に投入するスピードが早くなると考えています。

コンテンツの作成と DevOps 環境をシンプル化する

リアルタイムでパーソナライズされた体験を顧客に提供する際の重要な成功要素は、チームがいかに簡単に実行できるかです。CMIによると、コンテンツに簡単にアクセス、利用、再利用できる組織は38%に過ぎないと言われています。

最新の コンテンツ管理ツールは、この課題を解決できます。コンテキストエディタ、使いやすいテンプレート、ドラッグアンドドロップによるコンポーネント配置などのツールを使用すると、テクニカルな人でなくてもページを作成、公開、更新することができるようになります。つまり、より多くのコンテンツ 体験を、より多くのコンテンツ作成者がすばやく、より頻繁に作成できることになります。

チームがあらゆる場所やデバイスからコンテンツにアクセスして管理できる機能は、コンテンツ管理をシンプル化し、デジタル体験を提供する能力を向上させるうえでも重要です。IDC のコンテンツおよびデジタル メディア テクノロジのプログラム担当バイスプレジデントである Melissa Webster氏は、「最新のエンタープライズ コンテンツ管理ソリューションは、オフラインで会社のネットワークに接続していない場合でも、外出先で作業を行えるように、スマートフォンやタブレット向けにモバイル アプリを提供する必要があります。」と発言しています。

クラウドネイティブソリューションは、モバイルユーザーが任意の場所から、任意のデバイスで、いつでもCMSとにアクセスできるようにすることで、デジタル 体験をリモートで管理し、チームの俊敏性を高めることができます。

クラウドネイティブの CMS は、オートスケール機能を使用して DevOps 環境の複雑さを軽減することもできます。ほとんどの CMS ソリューションは、オンプレミスでもクラウドベースでも、規模を拡大するために手作業での作業が必要です。そのため、トラフィックが予期せず急増すると、場合によってはサイトがダウンする可能性もあります。これは、問題に対処するための人員とダウンタイム中の収益の損失の両方の観点から、ビジネスにとって大きなコストになる可能性があります。

クラウド ネイティブ アプリケーションでは、特にマイクロサービスの助けを借りて、アプリケーションがトラフィックの増加を自動的に検出し、それに応じてスケーリングできます。これにより、ダウンタイムのリスクやITリソースを削減することができます。

マーケティングとITのメリットは、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)によるシンプルな配信環境です。マーケターはITに依存することなく、いつでも利用できる環境が用意されています。サイトがダウンすることはないため、現在発生しているトラフィック量に関係なく、常に最高の体験を顧客に提供することができます。

Source: Content Management Institute

顧客ごとに最適なコンテンツをインテリジェントに配信

Gartnerによると、人工知能(AI)を導入する企業の数は、過去4年間で270%増加しました。この傾向にもかかわらず、多くのコンテンツ管理システムは対応できていません。 CMIの調査では、AI技術が整っていると言われている組織はわずか5%です。

AIを搭載した最新のCMSは、コンテンツ管理プロセスを改善し、パーソナライズされた体験の提供を可能にします。

コンテンツ管理プロセスの最適化に関しては、AIは、統計的にどのコンテンツが最も良い反応があるかを判断します。AI では、データを素早く解析して、どの体験が成功しているかを判断できるため、コンテンツを継続的に調整して、最高のコンバージョンを実現できます。

たとえば、顧客が環境に優しい旅行に関するビデオを見た後に2泊のホテルを予約すると、AIは顧客の行動に基づいて旅行先での環境に優しいアクティビティのオファーコンテンツを提供します。これにより、サイト訪問者は、数百または数千のコンテンツオプションの中から、パーソナライズされた体験を享受できることになります。

AIの利点は、コンテンツを最適化およびパーソナライズすることでA/B テスト、データ分析、およびキャンペーン管理の時間のかかる手動プロセスを自動化できることです。これにより、マーケティングチームは、優れた顧客体験に必要なクリエイティブな活動に時間を使うことができるようになります。

AIを使用してコンテンツ管理を最新化

AIを利用しないコンテンツ管理

  • A/Bテスト後のデータとセグメントを手動で分析
  • 手動ルールを使用して、セグメントに対する特定のオファーでターゲッティング
  • レコメンドする商品、コンテンツ、または体験のルールを手動で作成
  • キャンペーン、トレンド、季節性の変化に基づいて、ルールを手動で管理および更新

AIを利用するコンテンツ管理

  • AIを積極的に活用して、お客様に配信する最適なコンテンツを継続的に分析し、決定
  • AI を利用して、次に最適なオファーまたはランク順のプランの組み合わせを継続的に評価
  • アルゴリズムを選択またはカスタマイズして、レコメンドを最適化
  • AIの自動分析と自動最適化を利用し、お客様へ次に最適なオファーを動的に変更

顧客の期待に応えるコンテンツ管理システムへ

顧客が何を望んでいるかを企業が理解し、デジタル体験を提供することは競合他社との大きな差別化となります。しかし、これらの期待に古いクラウドベースおよびオンプレミスのコンテンツ管理システムは、対応できなかったり、対応するには多くのコストが発生する場合があります。

顧客のこれからの期待に応えるためには、コンテンツ管理システムを最新化する必要があります。

クラウドネイティブのコンテンツ管理システムに切り替えることで、中規模企業でもAIのパワーを活用してデジタル体験を向上させ、コンテンツの高速化、拡張性、およびコスト面でのメリットを享受することができます。また、CMSを切り替える究極のメリットは、企業が最終的に顧客が愛するコンテンツ体験を作り続けることができるということです。

この記事は2020年1月13日に公開された How a Cloud-Native CMS Makes Content Delivery Faster and Easier: Content Creation for a Modern Era を抄訳したものです。

POSTED ON 2020.04.7