Magentoが新しいB2Bテクノロジー企業を買収

Experience Cloud コンテンツ管理

Magento Commerceプラットフォームの最もユニークかつ魅力的な点は、それを拡張し支える、パートナーとディベロッパーによる活発なエコシステムです。彼らはイノベーションの原動力であり、プラットフォームに重要な新しい機能を日々生み出しています。

こうしたイノベーターのうちの1社が、ボストンに拠点を置き、Magentoのビジネス ソリューション パートナーとしてフルサービスを提供するAccorinです。Accorinは、B2B顧客向けに、B2Bの一般的な要件に合致する新たなワークフロー承認プロセス機能の開発に人材を投入してきました。

そうした中、同社のB2Bロードマップを加速させるために、アドビはAccorinの発注承認技術を買収することに合意しました。この機能は、2020年のリリースに向けてMagento Commerceに組み込まれ、さらに強化されます。Magento Commerceのビジネスにおいて、B2B販売担当者が占める割合は高く、今後も増加する見通しです。ここに、Accorinの技術が加わることで、Magento Commerceの革新的なB2B機能はさらに進化し、B2B取引に必要な支出管理とポリシーコントロールが可能になり、オンライン購入の利便性を提供できるようになります。

B2B購買担当者は、Accorinの技術の活用で、支出管理をコントロールし、企業の方針に沿ったオンライン購入を確実に行うことができます。また、注文内容を提出する前に販売担当者の承認が必要な場合も、柔軟なルール定義で対応できます。承認要件は、注文の金額や数量、含まれる特定の商品などで設定することも可能です。承認が必要な注文は、シームレスなプロセスで担当管理者に自動的に転送されます。加えて、複数の承認の階層に対応し、APIが利用できるため、既に承認ルールが定義されている既存のビジネスシステムに統合することが可能です。

新たな注文承認プロセス機能のプレビューは、MagentoLive Europeにて公開されました。その特徴や強化されたB2B機能の詳細は、リリース日が近づいてからお知らせします。

Accorinが作り上げてきた強固な基盤を活用し、Magento Commerceの顧客に新たな機能がもたらされることを楽しみにしています。

※本記事は、2019年10月22日にコマース製品およびプラットフォーム担当バイスプレジデントのジェイソン ウースリー(Jason Woosley)が投稿したブログの抄訳版です。

POSTED ON 2019.11.7