2020年のeコマーストレンド:未来は今

Experience Cloud Eコマース

すべてのチャネルにわたって優れた体験を求める消費者に対して、eコマース業界は最先端のイノベーションで対応する必要があります。

現在のeコマーストレンドのスナップショット

eコマースの成長率は、小売全体の成長率を14.1%対4%と上回っています。 2019年のオンラインホリデーの売上は1,380億ドルに達しましたこの数字は、前年比12.7%の増加を表しています。 オンラインショッピングのトラフィックの58%はモバイルからのものですが、モバイルは依然として収益の36%しか占めていません。

eコマースの変化は、多くのマーチャントが時間をかけて計画していくものではありません。未来への変化は至る場所ですでに始まっています。

すなわち、eコマースの未来を考えた場合、マーチャントはこの先の12ヶ月で何を検討すべきでしょうか?Magentoとそのエコシステムパートナーは、2020年に注目すべきeコマースのトップトレンドについてまとめました。このブログではそのポイントについて記載いたします。

eコマースの各トレンドは、次の3つのカテゴリのいずれかに分類されます

顧客主導のeコマーストレンド テクノロジー主導のeコマーストレンド 業界主導のeコマーストレンド
1.倫理的なeコマース
2.シームレスなオムニチャネル体験
3.パーソナライズなしはコンバージョンなしを意味します
4.配送の変革
5. ヘッドレスeコマース
6. モバイルプログレッシブウェブアプリ(PWA)
7. コンバージョンを促進するマイクロアニメーション
8. eコマースのビジュアル検索
9. eコマースチャネルとしての音声
10. 次世代B2B eコマース
11. マーケットプレイス

1. 倫理的なeコマースのトレンド

消費の環境的、倫理的な影響について消費者の意識が高まっています。2019年では、消費者が政府や業界にCO2排出量、プラスチック包装、農業慣行、廃棄物削減などに対処する継続的なソリューションを提供するよう求めることで、世界中で#climatestrikeの動きが見られました。

最近のニールセン調査では、81%の人々及び企業が環境の改善に役立つべきであると強く感じており、別の調査では、68%のオンラインショッパーが製品の持続可能性を購入の重要な要素と見なしていることがわかりました。企業責任に対するこの情熱は、ジェンダーラインおよび世代間で共有されます。ミレニアル世代、Z世代、およびX世代が最も協力的ですが、それよりも古い世代もそれほど変わりはありません。

2020年には、eコマースのトレンドとして消費者の環境に対する意識が高まり、消費者はeコマースと消費者活動そのものやその影響を意識するようになります。

2. シームレスなオムニチャネル体験

マーチャントがオムニチャネル戦略を販売の観点だけから見ると、重要なeコマースのトレンドを見逃していることになります。意思決定を行うために必要なタッチポイントの数が増えるにつれ、販売チャネルとマーケティングチャネルの補完性が高まり、全体にわたって一貫した製品体験の必要性が高まっています。

PwCによると、消費者の86%は、優れた顧客体験のために追加料金を支払うことに否定的ではありません。カスタマージャーニーにおけるさまざまなチャネルの影響を十分に理解しているマーチャントは、それに応じて製品体験を構築し、新しいオムニチャネル体験を通じて顧客とのエンゲージを高めることができるようになります。

3. パーソナライゼーションなしはコンバージョンなしを意味します

eコマースパーソナライゼーションの未来は、人工知能(AI)ソリューションを活用して、顧客がどこにいるのかを理解し、さまざまな要因と特性を特定して、真にパーソナライズされた体験を提供します。

マーチャントがパーソナライズされた体験をすべての人に提供したい場合、理想的な方法は人工知能(AI)を使用することです。これらの新しいAIを利用した体験はチャネル全体に広がり、顧客とのコンテキストに基づいて最も関連性の高いコンテンツを提供します。マーチャントは、誰が、だけではなく、どこで、いつ、どのように顧客と関わっているかを考える必要があります。

4. 配送とデリバリーの変革

2020年には、eコマース配送ビジネスを大きく変えるいくつかのイノベーションが続きます。運送会社は常にイノベーションを推進するためにデータを使用するより多くの方法を検討しており、AIの可能性は無限大です。データ駆動型サプライチェーンは、これまで想像もできないレベルの最適化をもたらす可能性があります。AIは配送の未来です。

実際、マッキンゼーは、自動運転車が荷物の80%を配送する世界を予測しています。小さなロッカーのように動作する自動運転ロボットはすでにテストされており、すぐにeコマースのトレンドになるでしょう。ほんの数年で、オンライン購入が配達人なしであなたのドアに到着する可能性は十分にあります。

5. ヘッドレスコマース

ヘッドレスアーキテクチャと無駄のないマイクロサービススタックは、モノシリックシステムと比較して俊敏性とパフォーマンスを向上させることができます。そして、そのメリットはほぼ即座にもたらされます。アプリを並行して開発する機能により、マイクロサービスの分離とスケーリングが可能になるため、プログレッシブウェブアプリケーション(PWA)を含む新しいフロントエンド体験を迅速かつ効率的にローンチすることができます。

顧客体験チームが売上の大幅な増加をもたらすデザインの変更を見つけた場合、開発チームのリソースがあくまで待つ必要がありました。マーケティング要素とクリエイティブを即座にシステム変更できるとしたら、より頻繁にテストを行うことができ、より意味のある洞察を得て、最終的にはコンバージョンにつなげることができます。

6.プログレッシブウェブアプリ(PWA

モバイルは、過去数年間、eコマースのトレンドの最前線にあります。PWAはモバイルコマースの次の進化であり、2020年には標準になるでしょう。

PWAを通じて、顧客はブランドとやり取りする方法と場所を完全にシームレスに操作できます。たとえば、家具ギャラリーにアクセスする顧客は、店舗内での体験、モバイル体験、オンライン体験をすべて同じPWAで提供することで、消費者が最初に来店してから配送までをガイドし、新しい家具を購入するシームレスな体験を提供します。

7.コンバージョンを促進するマイクロアニメーション(GIF)

GIFのようなアニメーションはインターネットの黎明期から存在していましたが、今日ではミーム(memes)やエンターテインメントから最新のeコマーストレンドへとその用途が拡大しています。

アニメーションアイコン(GIF)をeコマース体験に適用すると、ブランドが強調され、顧客体験が向上し、コンバージョン向上に期待できます。

8. eコマースでのビジュアル検索

今日の消費者、特に18歳から20歳、21歳から34歳の間の消費者は、新しいブランドや製品を見つけるためにビジュアル検索や画像認識を使用することに関心が高まっています。2021年までに、アーリーアダプターブランドはビジュアル検索をサポートするようにWebサイトを再設計し、デジタルコマースの収益を30%増加させ、注目すべきeコマーストレンドの1つと考えられています。

eコマースのパーソナライゼーションの観点では、消費者が探している商品を見つけやすくことにより、ブランドが消費者とより深い繋がりを築くチャンスでもあります。

9. eコマースチャネルとしての音声

多くの人々はまだ私たちが声の初期の段階にあると言いますが、ほぼ4分の3の人々は自分の声を検索の入力として使用したいと考えています。また、最近の調査によると、76%の企業がすでに音声とチャットによる定量化可能なメリットを認識しています。

実際、この調査では、インテリジェンススピーカを使用している消費者の約20%が買い物に利用しています、このトレンドは続き、今後12か月で50%に上昇すると予想されています。

10. 次世代 B2B eコマース

顧客中心のB2B企業はわずか14%と言われています。B2B企業は直接消費者向けチャネル構築を検討すべきだと考えられています。これにより、顧客データを持つことができ、ジャーニーの全てのチャネルとステップで最適化された顧客体験を提供できるようになります。

2020年には、B2Bデジタルトランスフォーメーションは、製品中心から顧客中心に移行します。B2B組織が新しい機会とチャネルを探索して、顧客体験を強化し、ターゲットユーザーを拡大することになるでしょう。

11.マーケットプレイス

マーケットプレイスの革命は、簡単でより安い価格を好む消費者に支えられ、2020年に転換期を迎えます。マッキンゼーは、今後5年間で、プラットフォームが世界の企業収益の30%以上を占める可能性があると予測しています。そしてそれはB2Cだけではありません。B2Bマーチャントもプラットフォームに目を向けています。

トップ100のオンラインマーケットプレイスは、すでに毎年1兆8,000億ドルを販売しています。この新しいデジタルエコシステムで主導権を握っている企業は、そうでない企業と比べて約2倍の収益成長率があります。検討していない企業は、すぐにマーケットプレイスを検討すべきでしょう。

未来は今実現可能です:マーチャントは何ができますか?

未来は今実現可能です。これらすべてのeコマーストレンドは成熟のさまざまな段階にあり、一部はアーリーアダプターによってテストされており、その他は業界全体で主流になるための道のりが進んでいます。

エコシステムパートナーは、eコマース2020に関する新しいeBookに貢献しました。2020年以降に何が待ち受けているのか、そしてマーチャントが準備するために何ができるのかについての詳細とアドバイスが満載です。

Absolutnet、Akeneo、Algolia、Astound eCommerce、Blue Acorn iCi、Corra、Creatuity、DHL、Kensium Solutions、Miracl、Narvar、Nosto、Perficientなどの洞察と専門家のアドバイスを提供してくれたパートナーに感謝します。

完全なガイドはこちらからダウンロードできます:2020年のeコマーストレンド:未来は今(英語)

この記事は2020年2月5日に公開された eCommerce Trends in 2020: The Future Is Now の抄訳です。そのため各リンク先の記事が英語となっております。

POSTED ON 2020.03.27