パーソナライゼーションを次のレベルへと進化させるPredictive Audiences

Experience Cloud

将来の見通しが立たない今日のような時代には、最適化とパーソナライゼーションが強力なツールとなり得ます。Adobe Experience Cloudのお客様の中にも、顧客のニーズの変化やさまざまな懸念に対応するために、パーソナライゼーション戦略の採用を始めている企業があります。とはいえ、パーソナライゼーションを大規模に展開して、顧客が望むようにカスタマイズされた、意味のある関連性の高いメッセージを配信するには、依然として課題が残ります。顧客が、より多くのチャネルを通じてコンテンツと接するようになった現在、カスタマイズされた顧客体験の大規模展開は、多くの場合、企業にとって骨が折れるプロセスを伴うものです。

人工知能(AI)と機械学習テクノロジーを活用したAdobe Audience Managerは、ユーザーによる選択とコントロールを尊重しながら、企業が大規模かつシームレスにパーソナライゼーションを実現するための新たな手段を提供します。今回加わった新機能「Predictive Audiences」を使用すると、不明なオーディエンス(例えば、企業のサイトを訪問しているが、セグメントに分類されていない人々)をリアルタイムで明確なペルソナに分類できるため、マーケティング施策の効果を最大化することができます。マーケターは、ユーザーを明確に区分されたオーディエンスに分類して、チャネルやデバイスを横断したパーソナライゼーションを提供でき、これまでユーザー特性との関連付けが限定的だった不明なオーディエンスに対してもインテリジェンスの精度を高め、パーソナライゼーションを向上させることが可能になります。

オーディエンスの定義、分類、そして差別化

Predictive Audiencesは、特定のニーズやユースケースに基づいて定義したオーディエンスの分類モデルをカスタマイズすることで、企業が直面している多くの課題を解決します。まず企業は、オーディエンスを分類するための、特定のカテゴリーやペルソナを定義します。一方で、どの定義にも当てはまらないユーザーに対しては、そのユーザーから得られた情報をもとに、機械学習テクノロジーが傾向スコアを算出し、定義済みのセグメントと突き合わせ、最も適切な分類を予測します。この分類予測はリアルタイムで明確に行われるため、Adobe Audience ManagerのID管理機能の併用により、チャネルやデバイスを横断したパーソナライゼーションに利用できます。

例えば、マーケターはPredictive Audiencesを活用してwebサイトの訪問者を異なるカテゴリーに分類し、リアルタイムにパーソナライゼーションを行うことで、結果的にリーチを向上させることができます。また、広告主が広告プラットフォーム上でリターゲティングをおこなう場合、不明なオーディエンスをその行動属性で分類してパーソナライズされたメッセージを提示できるため、コンバージョン率を向上できます。さらに、企業は顧客がジャーニーのどの段階(発見、エンゲージメント、購入、リテンション)にいるかに基づいて顧客を分類し、関連性の高いパーソナライズされたオファーを提供することができます。

アドビの製品は、「プライバシーバイデザイン」に基づいて開発されており、エンタープライズ企業のデータプライバシーに関する選択を尊重するために、さまざまなコントロールを提供しています。Adobe Audience Managerには、エンドツーエンドのデータガバナンス機能が標準で備わっており、Predictive Audiencesもプライバシーの保護を最優先に設計されています。マーケターは生成される予測セグメントに関して、収集および書き出しをおこなうデータの種類を柔軟にコントロールできます。これは、Adobe Audience Managerで設定できる他のセグメントと同様です。匿名データだけ使う、認証済みユーザーを対象とする、あるいは両方の組み合わせなど、ターゲットオーディエンスの分類モデルに使用するデータソースはマーケターが自由に選択し、定義することができます。モデルは、Audience Managerの他の種類のセグメントと同様にユーザーの選択を尊重し、オプトインしたユーザーのみを分類します。

Sprintによるベータ版へのフィードバック

Predictive Audiencesのベータ版は、Sprintを含む複数の企業にご評価いただきました。

Sprintはここ数年、パーソナライゼーションを中心とした強力なデジタルトランスフォーメーションに取り組んできました。同社のマーケテック担当マネージャーであるケビン デイ(Kevin Day)氏は、Predictive Audiencesのメリットを次のように述べています。「Sprintは、翌日からすぐに使えるオーディエンス分類モデルを手にしたのです。私たちは、グレーゾーンを意識することなく明確にユーザーの分類を定義でき、一方でユーザーは訪問した時点でリアルタイムに分類されるため、私たちが想定したパーソナライゼーションがその場で実施されます。」

Predictive Audiencesは本日より、Adobe Audience Managerのすべてのお客様にご利用いただけます。

*本記事は、2020年5月20日にアドビのAdobe Audience Manager and Adobe Real-Time Customer Data Platform担当プロダクトマネージャーのリロン ゴーレン スナイ(Liron Goren Snai)が投稿したブログの抄訳版です。

POSTED ON 2020.05.27