Experience Cloud

ベストプラクティス

Adobe Experience Cloudとは

マーケティング、分析、広告、コマースの各分野の最先端ソリューションを集めたクラウド基盤です。あらゆるソリューションが単一のクラウド基盤に統合され、「エクスペリエンスのための記録システム」を構成します。

さらに詳しく

高橋 サラ

データを活用しないデジタルマーケティング?夢でも見ているの?

デジタルマーケティング施策を実施するためには、どのようなデータを収集すべきなのか。集めたデータをどのように活用していけばいいのか。どういったカスタマー ジャーニーを組み立てていけばお客様は満足してくれるのか。これらは多くのデジタル マーケタ...

国和 徳之

それって私に意味のあるメール?リアルタイムインボックスの活用

Adobe Campaignの導入企業様に最も利用頂いているチャネルはメールです。 そんなメール配信の際に活用いただけるヒントをお伝えできればと思います。 Director of Deliverabilityのアリッサ ナハティス(Alys...

秋山 直人

内閣府大臣官房政府広報室とアプリ

内閣府大臣官房政府広報室は、政府の重要施策や制度、国民に知ってほしい情報等について広報を行う部署です。広範にわたる各府省の所管事項について広報を行うために、テレビ・ラジオや新聞などのマスメディアを活用するほか、インターネットにおいても広報活...

国和 徳之

デジタル変革を加速させるビジネスケースを作成するには?

みなさんの組織では、戦略的活動の合意形成と意思決定を図るには、どのような進め方をされているでしょうか。 対外的な事業を企画する際には「事業計画書」が作られるように、社内的な変革を企画する際には「業務改善企画書」「プロジェクト企画書」のような...

常泉 正志

ビデオ計測のアプローチ #2

前回の記事では、なぜビデオの計測が重要なのか、またどんな項目を計測するのか、といった内容をご紹介しました。 その続きとして今回は、どのように計測するのか、という点をご案内します。

常泉 正志

ビデオ計測のアプローチ #1

オンラインで商品やアプリなどを購入するとき、商品の説明ページには使用方法などを説明するビデオがあると、購入後のイメージがつきやすくて良いですよね 。 USで行われた調査によると、特にモバイルでの視聴が急激に伸び、オンラインビデオの成長が続い...

坂本広志

CMSとクリエイティブのコラボレーション

 本ブログのテーマはAdobe Marketing Cloudですが、一般にアドビはクリエイティブ製品で知られており、Web制作の現場でも、Photoshop、Illustrator、Dreamweaver等のクリエイティブ製品が多く活用さ...

松原 祐規

Adobe Experience Managerを使ってカルーセルを簡単に導入

そもそもカルーセルってなに? Adobe Experience Managerを使ってWebコンテンツ管理を構築している案件の中で顧客と会話をしていると、必ず「カルーセル」という言葉がでてきます。そもそもカルーセルってどんなものでしょう?英...

国和 徳之

《イベントレポート》アクションにつながるデータ活用のメソッド

マーケティング活動は、仮説と検証の繰り返しです。そこで重要になってくるのが、何をもって成功を測るか、と言えるでしょう。データ分析、アナリティクスが重視される理由のひとつが、そこにあります。具体的には、マーケティング活動を数値で計測し、そのデ...

祖谷 考克

アナリティクスの基礎 ~ビジネスにつながる分析2〜

前回のポストではKBOツリーを取り上げ、ビジネスの目的に応じて分析すべきポイントを絞り込む方法について触れました。 今回はそこから話を一歩進め、分析すべきポイントにおいて、より効果的に分析するアプローチの一例を紹介させていただきます。 分析...

小栗 順平

ソーシャルメディアのビジネス効果測定のススメ

ソーシャルメディアマーケティングの目的とは 日に日に存在感を増すソーシャルメディア。この巨大なメディアを効果的に活用しようというソーシャルメディアマーケティングの注目度が、ますます上がっています。 しかし一言に「ソーシャルマーケティング」と...

松原 祐規

Adobe Experience ManagerとAdobe Targetのコラボレーション

Adobe Marketing Cloudに含まれるソリューションのうちAdobe Experience ManagerとAdobe Targetは、それぞれ非常にパワフルなソリューションですが、この2つが連携することで、さらにどれほどパワ...

芥川 公亮

価値あるセグメントを共有して活用しよう

セグメントの無いマーケティングは無い マーケティングを行う上で、商品のことを知らない人、認知はしている人、購入経験がある人、リピート購入している人などにグルーピングすることはよくある話です。当然グループごとにアプローチの仕方も異なるはずで、...

国和 徳之

データドリブン型組織への道

アナリティクスは経営課題へ 日本でも経営課題としてのアナリティクス(分析、解析)に注目が集まっています。これは、ビッグデータ、データサイエンティストといったキーワードが、一般紙やテレビ番組でも取り上げられる現象を見ても、明らかでしょう。 消...